日記・コラム・つぶやき バックナンバー

2004/09/10

フライパンサウナは男の戦いの場!?

200409092.jpg

大学の同級生であり、気がつくと飲み友達であるdogwalkことO君と企画した飲み会(合コン??)開催。場所は恵比寿の「ゴローちゃん」なんとなく気になっていたのですが、このお店。まず「味噌ホルモン焼き」のお店なんてあまり聞いたことがないし、なんとなくお店のネーミングにもそそられてませんか?
そして結果は、お店は期待をはずさない、B級な店構えなくせにかなり美味しい!やられちゃいましたという感じです。
という店の雰囲気のせいか、会話も「B級!」釣りの話、仕事の愚痴(どうもこのお店は愚痴もさまになってしまう)などなど。で、サウナ!!!

「銭湯のサウナは男の戦いの場」
というのは。。。

サウナに長くいること=強い(?)らしい。しまいには男のかっこよさはサウナの長さまで言い出す始末。わけわからない。

次は東京湾にスズキ釣りにみんなでいこう。私包丁持参でいきます。

追伸
サウナさん(と呼ばれたいらしい)に、なんと素敵なDVDいただきました。なんと彼は全員に別々のものを用意したのです。すごい!かなりうれしい、ありがとーーー。内容はまたのちほど。

味噌ホルモン焼き ゴローちゃん
東京都渋谷区恵比寿西1-14-1 サンライズビル2F
tel:03-5459-2756

08:16 午前 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2004/08/20

フライパン私の初恋はミドレンジャー

sumen.jpg

おぼろげな記憶なのだけど、子供の頃、私はミドレンジャーに惚れていたようです。昭和50年4月~昭和52年に放送されていたということだと、私が3歳から5歳、小生意気な子供だったのかしら。

はっきり言ってミドレンジャーといっても、記憶に残っている人は少ないみたい。そんななか、私はミドレンジャーのヘルメットを家でかぶってテレビに釘付けだったようです。実は私自身もあまり記憶にないので、ミドレンジャーについてちょっと調べてみました。
====================
5人の中で最年少(17歳)。その若さゆえか、無鉄砲に突っ走るという悪いクセがある。ピンチに陥る事もしばしば。しかし、ズバ抜けた行動力で、あらゆる危機や困難をはねのけるその若さが武器ともいえる。子供や動物が大好きで、ナゾナゾも得意。
====================
あと実はイケメンだったようです(母談)

どうも、私の理想のタイプとして「意味不明な俺様男」だったり「ありえない面食い」と良く言われるが小さな頃からその血はあったと思うと少し寒気がしました。
※写真の右がミドレンジャーです。

11:19 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2004/08/14

フライパンかわいいBABY!

200408141.jpg


秘密組織(?)bijo会のボスことKさんに子供が生まれ、さっそく見に行ってきました。生まれてまだ2日しかたっていないので、新生児室にいる子供を遠くから眺めるだけかと思いきや、最近では早いうちからママの隣でいるみたいです。こんなに身近に生まれたての赤ちゃんをみたのは初めてです。。
かわいい「たくちゃん(既に命名スミ)」は寝ているだけとはいえ、微妙にニヤリとしたり、ぐずってみたり。意味が分からない動きに、釘付けになってしまいました。

1ヶ月後には体重が倍になるという。毎日毎日ひとつずつ成長しているんですね。そんな子供を毎日みて、母と父もひとつずつ成長していく。

やっぱりそう考えると、ひとり気ままな私も負け犬といわれてしまっても、ある意味しょうがないのだろうな。

09:38 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

フライパンマザーリーフ

20040814.jpg

ウクレレの先生、mahanakauraさんにもらった1枚の葉から生まれました。名前がとっても素敵ですね。それが我が家では3つの小さな植木鉢ですくすくと育っています。
(参考)関心空間
おとついは、友人が子供を産みました。仕事に燃えている時、恋愛に悩んでいる時、新しい恋をみつけた時、結婚が決まった時、子供をおなかに抱えている時、すべてに一生懸命で輝いている彼女です。

「生」というのはいつもピカピカでまぶしい。
その道にあったすべてのことを真っ白にしてしまうくらい。

08:05 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004/08/05

フライパン肩と腰がコリコリ

20040805.jpg

やはりおうちがSOHO仕様になっていないだけに、コリがすごい。気にはなっていたのだが、いきなりきました。どうも首がうまくまわらない。お金だけではなく体まで(笑)
恵比寿で友達と待ち合わせの前に、ふらりと入った治療院がここです。

今時のおっしゃれな雰囲気なんてみじんもなく、ベットが男女敷居なくずらりと並べられそこにみんなで並んで治療。私がやったのは全身1時間6300円コース。つまりそこまで私の体は悲鳴をあげていたのでした。最初はあのあやしげなパジャマもベットにも「えーーー」とか思ったのですが、始まれば何も気にならなかった。今時の韓国か香港系のイケメンなお兄さん(ポマードがすごかった)が治療してくれたのですが、結構痛い。癒しというのにはちょっと違うかもしれませんでした。

しかし、終わった後は首も回り、腰も軽い。コリ返しもなく「治療」されたかんじです。どうもこのお店24時間やっていて、恵比寿ではそこそこ有名なそうですよ。

東洋治療院
渋谷区恵比寿南2-1-12サトウビル
tel:03-3710-3339

08:12 午後 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/27

フライパンマミーと京都

nanzenji.jpg

この時期に京都といわれそうですが、夏の京都は人も少なくて好きです。母親をむりやり誘って行ってきました。私の旅行は激しいお寺まわりはせず、数少なくじっくり回ります。写真は南禅寺の水門。南禅寺は山門にあがるのも好きだし、水門も好き。散歩がここちよいです。

北野天満宮の骨董市や高台寺、清水寺などなど定番コースをじっくりまわりました。いつもメールでもちょくちょく連絡とっているけど、こうやって顔をあわせて話したくなる時がよくあります。いつまでたっても親ばなれできない娘でごめんなさい。

08:41 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (5) | トラックバック

2004/07/26

フライパン「かぶ子」と「むし男」

kabutomushi.jpg

京都旅行の帰りに、実家の金沢に寄り道してます。
なんと我が家に家族がふえてました。かぶとむし2匹です。しかし、名前が。。。すごくないですか?
クリオネを飼う娘にカブトムシを飼う親。なんとも幸せすぎと言っていいのでしょうか。

02:15 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/25

フライパンマミーと京都(お食事編)

pasta.jpg

京都にくると、「町屋」なのでしょうか?今回は「ザ・京都」なお店を伺いました。
初日ランチのお店さがしで。。京都錦市場を少しはずれたとこを歩いていると、イタリア国旗を発見。町屋仕立ての素敵なレストランでした。タリアテッレをいただいたのですが、美味しかった。こういうお店がさらりとある京都は素敵ですね。

イ ラティーニ
京都市中京区堺町通錦小路上ル東側
電話:075-212-1052

夜はというと。。。

sushi.jpg
初日お夕食: 大親友Rちゃんの元職場、リバーオリエンタルの川床でのお夕食です。とても暑い一日でしたからビールが美味しかったです。母親は「カルフォルニアロール」初挑戦だったようです。とびこがプチプチして美味しかったですね。

リバーオリエンタル
京都府京都市下京区木屋町通り松原上ル美濃屋町180
電話:075-351-8541

二日目ランチ:
定番「辻利」で抹茶そばとあんみつ。やはり歩き疲れた体には、つるりとしたおそばと甘いものがとってもあいます。

08:06 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

フライパンマミーと京都(ヘブンリーベット)

bed.jpg

ウエスティン都京都ホテルに宿泊しました。前回伺ったのも
ちょうど1年前で、今回は2回目です。南禅寺や永観堂には徒歩圏の地下鉄「蹴上」からすぐの静かな高台に立っている大人なホテルです。雰囲気は、オリエンタル調で、とっても洒落ています。
お部屋は、ウエスティン=ヘブンリーベットというだけあってとても深い眠りが♪
10階にあるエグゼクティブラウンジからは、京都が一望できて、今回はなんと天気がよかったので比叡山まで見えました。

お部屋の写真はというと。

ダイアナさんも泊まったのね。

entorance.jpg

お部屋もとっても洒落てます

room.jpg

07:23 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/19

フライパンまだまだ青いです、私

20040719.jpg
自分が行き詰まると「降参」するくせがあります。もしくは逃げ出す。弱虫だと思う一瞬です。そのくせ、基本テンションが高いだけに凹みのカーブも激しい。でも戻りのカーブも激しいので結構立ち直りが早く根にあまりもちません。いい性格。

つまり、まだまだ青いです。明日は大陽にあたって赤くなればいいなと思って布団に入ります。

11:56 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/17

フライパン私もみんなが料理がたのしくなる

images/20040717

日経新聞の土曜日についているプラスワンに、私が最近命をかけている仕事?の「COOKPAD」が本日掲載。かなり嬉しい(ミーハーなもんで)
毎日お料理をしている人がなにかアピールする場をもとめお料理レシピを公開し、すると毎日の献立になやむ人がきがついたら集まっていたというサイトです。(話すと長くなるのでこれくらい)

新聞を読みながら
みんなが笑顔になる場を自分が少しでもお手伝いしている、そんな嬉しい楽しい気持ちを再発見できました。わーい!!

08:44 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (5) | トラックバック

2004/07/14

フライパン涙そうそう

20040714.jpg

ウクレレを習い始めて、1ヶ月半になろうとしています。
ご近所であるマハナカウラ邸にお邪魔して、ぷらぷら雑談まじりのウクレレレッスン。少しずつ弾けるようになってきました。Eマイナーがどうしてもうまくひけず毎日特訓中。仕事の一休みでちょっとウクレレを持って、湘南の海辺で一人ウクレレと共に歌う日を夢見ていたりします。(まだまだだねー)

今日の曲は「涙そうそう」。森山良子さんが、若くして他界した兄を想って書いた詩だとのことです。

02:15 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/09

フライパン年甲斐もない服装

.20040709.jpg

えぇ、えぇわかっています。もう三十路にこれはないだろう!とみんな叫びたい気持ちが。
でもかわいいと思ったからしょうがない。去年は黒ばっかり着ていたのに、今年はピンクやらオレンジやらのものが増えてきています。パンツも白が多いですね。
私はおしゃれが大好き。女の子の特権(最近はそうでもない)ですし。おしゃれするためにはと、お腹もでてちゃーとか思って腹筋とか腕立てとかもしてますねー。ま、して無駄なこともありません。

しかしこれを着てビアガーデンにでもいって大ジョッキのみたいと思うのは、やはり心はしっかり年くってますね。

08:47 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/08

フライパンみずきちゃん結婚おめでとう。

20040708.jpg

大親友であるみずきちゃん。今日はランチをすべく彼女が住む代官山へ。猿楽町のカフェがたくさん並ぶ通りの一軒の素敵なビストロに案内してもらいました。料理の鉄人で勝者となったシェフがいるという。ミーハーを背中にしょっている私には嬉しい感じです。
ちなみに私はランチメニューのキッシュとビシソワーズを堪能。キッシュには思わずニヤリ(とっても人には見られたくない)また行きたいなー。

そのあと、新居にお邪魔。ホームページをリニューアルするとのことで、あれこれお仕事の話をしながら、気が付くと馬鹿話など楽しい時間。
幸せな結婚、そして本の発売。ほんといい風が吹いている彼女。こっちまで嬉しくなります。今日はよかったー!幸せのおすそわけどうもありがとう。

Chez AZUMA
東京都渋谷区猿楽町2-13メッツ代官山1F
電話:03-5458-0300


05:21 午後 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/07

フライパン素敵な王子様は私がさらっていきます

bijo.jpg

美女会七夕イベントは大成功でした。
七夕、織姫と彦星がであうこの日にイベントをやっちゃいました。素敵な恋愛をみつけ、自分の力でハッピーになろう!という企画に参加したたくさんの女性。とても楽しい時間をすごせました。参加いただきました皆様どうもありがとうございました。
臨月になっている、和美ママ!さすがなトークでした。

素敵な王子様が私をさらってくれる、そういう夢見がちな年齢でもないし(笑)、またあなたにとっての素敵な王子様を自覚していないとすすーって通り過ぎるかもしれない。

女も「狩人」な時代??

10:36 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/05

フライパンよい商品広告はよい企業広告。

20040705.jpg
.

よい商品広告はよい企業広告。

syuhoちゃんのご近所お友達の方が、なんとADC賞を受賞したということでそのオープニングパーティにおまけ便乗しました。
受賞したのは、「ネスカフェ 朝のリレー
小学校だったか中学校の教科書にでていた、あの詩「朝のリレー」にあわせて流れる美しい朝の時間。

今朝早起きしてしまいました。

朝のリレー  谷川俊太郎

 カムチャツカの若者が
 きりんの夢を見ているとき
 メキシコの娘は
 朝もやの中でバスを待っている
 ニューヨークの少女が
 ほほえみながら寝がえりをうつとき
 ローマの少年は
 柱頭を染める朝陽にウインクする
 この地球では
 いつもどこかで朝がはじまっている

 ぼくらは朝をリレーするのだ
 経度から経度へと
 そうしていわば交替で地球を守る
 眠る前のひととき耳をすますと
 どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
 それはあなたの送った朝を
 誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

11:58 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/07/01

フライパン女の子に生まれてよかった。

20040701.jpg

お茶会が迫ってきました。
人数も予想よりはるかに多い申し込み。ご期待に応えられるか不安もありますが、お茶室を拝見するだけでも価値があると思います(ごまかし)。まだ若干募集してます。気楽にいらっしゃってください。ご案内をお送りいたします。

浴衣買っちゃいました。「おばさんのくせに」とブーイングが聞こえそうですがピンクです。新宿高島屋で買ったのですが、2時間もかかって決定。女の子に生まれてよかったと思うそんな瞬間ですね、これは。それにあわせてパールのネイルを足に塗ったのでいっしょにパチリ。

10:03 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/06/30

フライパン氷室饅頭で夏を感じる。

2004063001.jpg

もうこんな季節なんですね。金沢では7月1日に氷室饅頭を食べる習慣があります。
(参考)氷室饅頭について
たくさん届いたので、ラップして早速冷凍庫にいれました。酒饅頭なので蒸しなおしすればいつでもおいしく食べれますから。スチームオーブンレンジ買っていてよかったなぁ。ちなみに、我が家の酒饅頭は「一味堂池田」さんのものです。砂糖をつかっていないつぶし餡が酒麹のまんじゅう皮に包まれています。とってもおいしいです。

これを食べるとなんとなく夏が近いなって思います。

12:49 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/06/26

フライパンマーケティングの一日。

20040626.jpg

金曜のんびりしていたおかげで、土曜朝6時からやらなければいけないことが山積。そう、私は宿題は夏休みぎりぎりで追い込む人です。そして終わらなかったりするそんな私。
今日は「WEBサイトのユーザビリティ」についてのレクチャーを。私の愛読書であるウェブ・ユーザビリティルー...WEB USABILITY IN JAPANビービット。単に使いやすいWEBサイトとはというお話にはとどまらないとっても有益なお話を伺いました。悪しき例として広告代理店の考え方があり、あーこういう話を元同僚に聞いてもらいたいと切に思いました。

あまりに面白い話でくいついていたせいでぐったりしたなかで、ひょんなことから急に久々に友達と再会。場所は恵比寿の「福笑」。看板もなく、ほどよい具合に手の込んだ和食がズラリ、お酒もたくさん。お互いのいろいろ悩み多きお年頃のお話(笑)、そして素敵なお店で、いい時間を過ごせました。アンディ、応援してるよー。

家にかえって、ネットサーフィンしていると、日経ネットにこのお店のことについて書いた記事を発見。

心と体がうれしい食の解放区を支える一番のキーワードは"愛情"。

ふむふむ。

FUKUWARAI 福笑
東京都渋谷区恵比寿南1-9-4長谷川ビル501
電話:03-3713-5461

11:25 午後 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/06/25

フライパン北鎌倉にて紫陽花堪能

2004062501.jpg

朝、目がさめると久々の大雨。お昼をすぎて少しやんできたので北鎌倉に出かけました。もちろん大雨の後なので、人もすくなくとても穏やかな鎌倉を楽しんだような気がします。紫陽花の季節はまもなく終わりです、私の住む町の紫陽花は暑さにやられているものが多いので、ちゅっと期待薄で鎌倉へ。
紫陽花寺と呼ばれる「明月院」は、やはり手入れが行き届いていてまだまだ美しい紫陽花が楽しめました。鎌倉時代のお寺ということで、武士の香りがする町で華やかな京都のお寺とはちがい華やかさがない反面、自然の香りをストレートに感じることができる鎌倉は、ある意味癒しの街なんだろうと思っています。だから行くならお休みをとってでも平日に行ってほしいです。
そして、隣にある「円覚寺」へ。1282年北条時宗が元寇による戦死者を慰霊するために建立というだけあって、明月院同様、華やかさはないのですがとてもおちつくお寺です。奥には山頂からの景色が味わえる茶店があり、そこでところてんをいただきました。

うぐいすが美しくないていて、心が洗われました。

09:33 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2004/06/22

フライパンほっとするプレゼント

20040622.jpg
あれこれ用事をすませて、時計をみると20時。恵比寿にあるお友達の家へ。「かわいい」その一言でいえるようなそんな彼女。どうやら最近ラブラブなようで、そんな幸せな話を聞いてこっちもラブラブな気持ち(?)になりました。 お部屋にはアロマオイルがたかれ、赤のルクルーゼとデロンギのオーブン。私のおうちには、豚の形した蚊取り線香、濃紺のルクルーゼ、デロンギのカプチーノメーカー。同じようでなんだか違うなぁ。

帰りに、ちょっとしたプレゼントといって、アニヴェルセルのオランジェが!やっぱりかわいい。ふいのプレゼント、先日のオールドローズにつづき、どうも私の周りはとてもほっとするプレゼントを選ぶセンスのよい人が多いみたい。

本当にありがとう。

11:03 午後 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004/06/16

フライパン念願のカフェイベントやります。

images/20040616

私の娘(?)shuiroちゃん、そして噂に聞いてたjynjynちゃん。お互い趣味趣向(恋愛はもちろん)は違いながらも「料理が大好き」そんな3人。

恵比寿にあるオープンカフェMOANA LANIで打ち合わせ。そのお店は、恵比寿から少しはずれた場所にあるビルの5階にあって、街が見渡せてそして風がここちよいそんな空間です。

何を打ち合わせしているかというと、7月3日(土)に3人で七夕喫茶を一日限定でオープンすることになったのです。
喫茶とはいえ、お互いにお料理を持ち合うので、カフェという感じになるかと思います。

私の手料理はおまけだけど、shuiroちゃん、jynjynちゃんのお料理を楽しみながら、気の合う友達と出会うそんな空間を訪れたい人は、ご案内をおくりますので、連絡くださいね。
私は田舎っぽいお料理を作ろうと、いろいろ悩んでいます。でも、とっても楽しい。

追伸:shuiroちゃん薔薇をどうもありがとう。

hawaiian garden MOANA LANI(モアナ・ラニ)
東京都渋谷区恵比寿3-29-16 ABC ANNEX 5F&6F
電話:03-5420-2424

07:22 午後 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2004/06/15

フライパンベーコンペッパーベーグル

images/20040615

今日は、パン教室でベーグルのお勉強。普段自己流であれこれ試行錯誤しているのだけど、いろいろ外の空気(?)吸うのもよいです。今日はダブルチーズベーグルとみそごまベーグル、ベーコンペッパーベーグル。私がつくるベーグルはわりとしっかりした歯ごたえのベーグルですが、このベーグルは割とパンよりな感じがしました。ベーコンペッパーベーグルは、とじ目が甘くて最終発酵のときに開いてしまいました。

とじ目が甘い。いやいやベーグルとはいえ胸につく痛みです(笑)

夜は、元同僚さくらとそして可愛い後輩の山本くんとごはん。やはり走っている人と話すといいね、私もぞくぞくします。その場の話で、昔わたしが作った企画書を発見した人がいて、ちょっと感動していたという話をきき、当時つまんないミスのとばっちりから意味なく没になったあの企画が息をふきかえすのかーとか思ってちょっと嬉しくなりました。その企画書書くのにかなり根性いれたよなー。

11:17 午後 [手作りパン(大きなパン), 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004/06/14

フライパンお嫁入りが決定

20040614.jpg

朝からばたばた。ウインドウズマシンがこわれました。てきとーに使っていたマックがとうとう役立つ日が来ました。でもいろいろソフトがないのでやばいなーとかちょっと思っています。
前置きはさておき、今日はウクレレ教室でした。そう、初です。やっぱり久しくしてないだけに超へたくそです。でもいいや、気がつくとうまくなっているはず(能天気)

今日のクリオネちゃんは元気いっぱい。踊りまくり。そう、一匹はウクレレの先生マハナカウラ邸にお嫁入りすることが決まりました。金魚のルンルンちゃんにも家族が増えますね。私は責任もって水曜まで愛情たっぷりかわいがります。さきほど冷蔵庫をのぞいたところ、なんとうんちに絡まっていて沈んでいるクリオネちゃんを発見!そーっとスポイドでとったら元気ハツラツになりました(安堵)なにかとお騒がせなやつらです。

06:37 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/06/12

フライパンdepoで大人の女トーク

20040612.jpg

クリオネをもらう場所は自由が丘。おしゃれな街です。昔住もうと思って不動産をまわった以来久々です。きよこさんとsyuho嬢と中華を食べたあとに、なんとも乙女なショップdepot39へ。アジアン雑貨や北欧などは進んで店に入る私だが、こういう乙女なお店は自分では入らないことが多いのです。
お店に入ってみると、白い乙女インテリアが並んでいるけどそれはメロメロな乙女ではなく品のある乙女インテリア。パッチワークの生地のセンスは惚れ惚れ。
で、併設するカフェで3人でケーキセット。私はチーズケーキ、syuho嬢はアップルパイ。きよこさんはパンプキンパイ。なんとパンプキンパイにはハートが!思わずパシリ♪
女の永遠のテーマ、「恋」についてかたりました。そうやっぱり女は「恋」をしていないときれいにはなれないのよね。うん。

08:18 午後 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

フライパン我が家にこどもができました。

kurione

親ばかってこういうことを言うのでしょうか。
かねてから噂を聞いていたのです、とっても美人で素敵なきよこおねぇさまがクリオネ博士だと。
その彼女から、クリオネ里親募集のメールがとどいたのはほぼ1週間前。もちろん「里親希望の速効レス」もうその後はうれしくてしょうがない毎日。
そして自由が丘ランチついでにかわいいクリオネちゃんを引き取りにいってまいりました。4匹いるのですが、どれもかわいい。
基本冷蔵庫で飼います。糞はスポイドでとります。うごきがとってもキュート。

北海道から湘南にすむクリオネちゃんは、うちだけでしょう。なので私は、サーファークリオネにすべく、明日は、鎌倉へサイクリングがてら稲村ヶ崎まで海水をとりにいくことにします。

早くも母性愛です。

05:50 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/06/05

フライパンお食い初めってすごいんだ

okuizome1.jpg

本格シェフ顔負けなMさん(お台場グルメBBQの主催者)からかわいいメールが。
お食い初めの写真。あまりに素敵なのでのせちゃいます。

メールによると、女の子と男の子とで使う御膳・食器が違うとか、女の子は蝶のお飾り付けるとか、参席者によい運を持ち帰って頂けるよう、「ん」が付くものが5つ(こんぶ、ふまんじゅう、蓮根、金時豆、桜ん坊)とか、出てくるものには色々意味があるようです。他にも、鯛の押し寿司、梅餅やおふの入った白味噌椀、おぼろの載った卵豆腐、お赤飯、筍、蕗、蛸、湯葉、こいも、豆羹、お茶菓子等、たくさん出てきたそう。
その一部の写真はこれ。
おぼろののった卵豆腐
鯛の塩焼き

そしてかわいい「萌ちゃん」。
ちなみに赤ちゃんの名前の萌ちゃんと、母親の勤め先がジャーディンW&Sだったのに因んで(なのか?)、モエ・エ・シャンドンがお膳にのっているようです。

かわいいねー。

04:36 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (5) | トラックバック

2004/06/02

フライパン立ち止まって見えてきたもの

2004062020.jpg

単調な毎日からなんとか抜け出したいと、WEBデザイナー養成学校に通い始めたほぼ4年前、その後就職活動。レースクイーンのモデルアテンドしたり、新宿歌舞伎町で風俗サイトの情報収集したり、そして今の某代理店からのWEBのプロデユースに至るまで、あれこれ走りまくってきました。遅くまで働いても、その後人に積極的に会って、そこではいっぱいの名刺を配って歩きました。そんなことをしてたからか(?)、しっかり名字も元にもどってしまいました(!)。ともかく走ってました。

もともとスタミナはない方だから、ちょっと体はしんどかったです(鍛えてもだめだった)。そしてついにシグナルをだしてしまい、さすがに自分の意志ではじめて休みをとろうと決め、毎日こんなのんびりした生活をしています。

休みに入ったすぐアクだし期間突入。お肌はいきなり荒れるし、体調も急に悪くなった。一人になると意味なくほろっとしてしまう。。。仕事しているほうが実は調子がよいのかと錯覚しました。
そして先週から、急に回復。お肌は前より良くなって、お通じがすごい良い(今までこんなに良いことがないくらい)。なにより「悩む」「考える」ということができるようになってきました。今まで走ってばかりで、考える時間がなかったのかもしれないです。ただラッキーなことに素敵な友人に囲まれ、私はいい方向へ走っていたから良かったと思っちゃいますが。

最近は、湘南で素敵な人に会い、そして海の素敵な音やかおりを感じて、今悩み、自分の歩む道が少しずつクリアになっていく、そんな時間が流れています。

もう走るのはやめて歩いてみようと思います。愛する人や愛してくれる人の為に。それが私の今感じる幸せの定義です。

11:16 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004/05/29

フライパンバーベキューでのワインは・・・

バーベキューででてきたワインを激写。なんてったってワイン会の人たちですから、すごいです。イタリアワインが勢揃いです。
聞いたとこでは、ジーニ ソアヴェ クラシコというのが、おすすめだとおっしゃっていました。でも、いやいやさすがどれもすごいおいしかった。
ちなみに私個人的には、ブランカイアというワインが好きでした。すごいワインは続きをどうぞ。素敵な説明は、ワインをお持ちになれれたnoriさんからです。分かる範囲で、そのまま買えるリンクをつけてみました。

●Champange(シャンパーニュ)
乾杯はシャンパーニュで!!あっと言う間に空になってしまいました。
imageswine/1
HENRI ABELE NV BRUT TRADITIONALアンリアベレNVブリュット トラディショナル
フランスで3番めに古いシャンパンメーカー。日本では、あまりなじみがないですがフランスの三ツ星レストランや欧州の王室ご用達のシャンパンで有名なんですよ。NV(ノンビンテージ)であるにもかかわらず90%以上もグランクリューのぶどうを使用しています。
・DELAMOTTO BLANC DE BLANC 1995・・・ドラモット ブラン ド ブラン
プレステージシャンパンのSALONはご存知かと思いますが、同じ、メニル・シュール・オジェ地区にあるシャンパンハウスです。資本が同じということもあって、SALONで使用されなくなったぶどうを使って製造されていると言われています。つまり、セカンド的なシャンパンなんですね。
※これのリンクは1996年のものです。

●BIANCO(白)
imageswine/6
・SOAVE CLASSICO SUPERIORE(GINI) ソアーヴェ クラシコ スペリオーレ
キアンティとならんでイタリア国内でも普段に飲まれているワインのソアーヴェ。その中でも、インターナショナルな視点でも十分耐えうるワインを造っているメーカーのひとつがジーニです。

●ROSATO(ロゼ)
imageswine/7
ROSATO(ロゼ)ROSATO(CASTELLO DE AMA)ロザート カステッロ ディ アマ
キアンティ・クラッシコであまりにも有名なアマですが、ロゼも造っています。ロゼというと、とても軽く少し甘いという印象があるかと思いますが、アマのロザートは、キアンティのぶどうのサンジョベーゼで造られており、すっきりとした辛口。少し冷やして飲み、温度が多少上昇してもそれなりに飲めてしまう万能なワインです。アンティパスト から プリモ セコンドまでいけちゃいます。

◆ROSSO(赤)
imageswine/3
ROSSO DI MONTALCINO 2002(SALVIONI)ロッソ ディ モンタルチーノ(サルビオーニ)
つい最近2002年はリリースされました。イタリアワインファンなら、泣く子も黙るSALVIONIのロッソです。この作り手は、トスカーナ・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノで有名なんですが、なんと2002年はブルネッロが1本も造られず、すべてロッソにまわされたそうです。通常は、ブルネッロにふさわしくないぶどうや、若い木からのぶどうをロッソとしてワインを造るんですが・・・。そういえば、2002年はイタリア全体的に収穫期に雨が多く、白トリュフが大豊作だったことを思い出すと、ワインにはいい年ではなかったようですね。

imageswine/5
BRANCAIA TRE 2002(PODERE LA BRANCAIA)
これまた、つい最近リリースされた新着ほやほやワインです。ブランカイヤはキアンティ・クラシコエリアのカスッテリーナ・イン・キアンティと呼ばれる地区にあり、このワインのTRE 「3」という意味は、 
その1、ブランカイアのラインナップの3番目にリリースされた色(青、赤(どっちかというと茶)、そして黄)のラベルのワイン。
その2、ぶどうのセパージュがサンジョベーゼ、カベルネ、メルロと3種類を使用している。
その3、キャンティ・クラシコ地区のブランカイア(カステッリーナ)、ポッピ(ラッダ)、マレンマ(モッレリーノ・ディ・スカンサーノ)の3つの畑から収穫したブドウを使用している。以上の3つの理由から 3 としたらしいのです。

imageswine/4
La Chapelle de La Mission1997(Pessac-Leognan)シャぺル ド ラミッション オーブリオン
シャンパン以外はすべてイタリアワインでしたが、BBQの最後はステーキがくるだろうとかってに予測し、フランスワインも持ってきました。ベサックレオニャン地区での格付けワイン、ラミッションオーブリオンのセカンドワインです。カベルネ、メルロが半々で2%程度カベルネフランが混ざっています。セカンドということで、若い木からの影響か少々茎のような香と、ブラックペッパーや丁子のようなスパイシーな香が印象的でした。

●ユッキーさんが持ち込まれたワイン
imageswine/2
・NOSTRADA(SPAIN)
多分テンプラニーニョが主体のワインですが、樽の掛け方がソフトでとってもおいしかったです。

07:17 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/22

フライパン幸せな結婚をするためのハッピーシート

「幸せな結婚をする為には、どんな相手や形態が良いのか、明確なゴール設定をした方が良いのでは・・?」と言う、怪しげな提言を美女の一人が発言しました。そんな彼女はそれを実際に設定し、現在スピード結婚の末、妊娠8ヶ月(そんな身重で美女会に参加!)

で、彼女が発明し実践したのは名付けて「ハッピーシート」。現在「美女会」で公開中(ご希望の方はこっそりメールします)いわゆる就職活動で使う「自己分析シート」に近いもの。これで自分の気付き、そして親しい友人との共有により、合コンの相手探しの参考になる!

ついに攻めの姿勢にはいった「美女会」今後の進展が楽しみ、いや恐ろしい。

08:43 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/19

フライパン私の実家はお米屋さん

kome1.jpg

ガンダムプラモにはまっている、お父さんは、金沢でお米屋を営んでいる。お母さんと二人仲良く頑張っています。

私の家に遊びに来ると、焼きたてパンが食べれるのではなく意外に米料理がでてくることが多いです。そしてお呼ばれの時にもおみやげにお米を持って行くことが多いです。

そういえば一人暮らしの女性(男性も一部)おいしいパンにこだわる人は多いけど、おいしいお米にこだわっている人はあまり聞かない。おいしいお米はほんと何杯でも食べれる程おいしい。これはお水とか炊飯の仕方とかも重要な要素だけどね。

ちなみに、お父さんは毎日、上の機械(?)でお米とにらめっこしています。それはお米に入っているゴミなどを取り除いているのです。そういう愛情込めたお米を金沢の実家では売っているという感じです。是非おためしください(通販してないけど、ごめんなさい)

07:47 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/18

フライパン「負け犬の遠吠え」と「結婚」

禁断の書と言われ、手を出さなかったのですが(というか買うのが恥ずかしい)会社で放置されている一冊の「あの本負け犬の遠吠え」を発見。内容は、いろいろな書評で紹介されているのであえて言及しません。気づきもなく、なるほどという感じで一気に読んでしまいました。あれは、「負け犬」な私(!)が読む本ではなく、おじさんが若者を知るために読む本なんだろうな。きっとおじさんには気づきが多いだろう。

そんな読み終わったタイミングに、いわゆるこの本で言う「負け犬仲間」から電撃結婚のニュースが入った。即座にお祝いメールをしたところ、「結婚の決め手は相手が非常に健全な精神の持ち主だった」とメールがきた。

「健全」な彼なんてすてき!

ともかく、おめでとう!幸せになってね!

01:16 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

フライパンガンダム作りにはまるお父さん(その2)

takeo2.jpg


お父さんが一番すきなザクを送れと自分で撮った写真が。。。
いやはや、お父さん用のブログを早急につくる必要があるようです。

12:12 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

フライパンガンダム作りにはまるお父さん

takeo.jpg


どうも父親はガンダム作りにはまっているようです。
私が子供の頃、家には山のような父が作ったプラモデルやラジコンがありました。私もおかげでガンダムに詳しくなってしまいました。

先ほど、母より現在の作品(?)が送られてきました。夏に帰省したときにはガンダム村が我が家にあるのでしょうか。。。

09:51 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/14

フライパン山手線の広告にやられました。

20040504.jpg

あーつくづく私ってミーハーだとおもった。山手線の中で広告に釘付けになり、衝動機種変。でもキラリメールはかわいい。これでモブログの写真のクオリティもUPだ!

しかし電車の広告もここ数年でさまざまなバリエーションができ、自分が広告業界にいるせいかとても気になる広告表現が最近目につくようになった。しかし、私ののる東海道線ははっきり言って終わっている。値段が高いのかなー。雑誌もなぜかいつもプレイボーイしかない。つまんない。

10:45 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

フライパンうまい棒なっとう味

images/20040514

うまい棒なっとう味。ねばねばします、納豆のにおいがします。さすがとおもったら復活5回目の苦心の作のようです。いやー、この会社の熱い情熱はすごいなーって関心しました。

ちらりと調べてみると「うまい棒同盟」とかいうHPもあったり、すごい情報が満載。たぶんプロジェクトXも前編後編が必要な気もする位。今日はたぶん、うまい棒の情報収集にはまってしまいそうな気がします。

07:51 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/11

フライパン入賞まんじゅう

images/20040511


webプロダクションである私の勤める会社で、夜19時から昨年度制作されたの作品発表会が開かれました。普段自分の仕事に追われ、気がつくと100人も増えた会社のみなさんがどんないい作品をつくっているかなんて気がつくと分からなくなっていたし、いい刺激を受けるにはとてもいい機会だと思います。
まず年末に社内で作品募集があり、審査員(会社の役員)に選ばれた優秀作品を10分でプレゼンするというのが会の流れ。なんと多くの作品の中から嬉しいことに私が少し担当している作品もエントリーされ(主に優秀なスタッフのおかげで、私はかなーりおまけなかんじです)ておりました。
プレゼンは、スタッフの一人のすてきなかわいいデザイナー。家電のサイトであることからかっぽう着を着たコスプレでがんばってくれました。超かわいい。私はおまけで立ってただけです、ほんとごめんなさい。

結果は残念ながら優勝10万円は逃してくしくも入賞。入賞にはなんと紅白おまんじゅうでした(渋すぎます)。

結構いい作品がおおいので、社外参加者もいれば面白いだろうな。

10:52 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004/05/06

フライパン妊婦の不思議

妊婦中の友達から刺激的なメールがとどいた。

> 鏡の前で、大きなお腹を抱えて「乳腺を活性化
> する運動~!」とかしちゃって、刺激的な毎日です。

たしかに刺激的。どんな運動なんだろう。だれか教えて。

11:04 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/05

フライパンヒルトン小田原は楽しい

どうしても行きたかった「ヒルトン小田原」へ。テニスもできて、ゴルフもできて、ボーリングもできて、スパもある。これは行くしかない!

images/20040505

とはいうもののあいにくの雨でした。オーシャンビューの最上階とはいえ悲しい景色です。なので1日目は、のんびり小田原でご飯をたべて夜にホテル着。
夜な夜なぶらぶら、広いお風呂につかってサウナでのんびり。翌日は朝から全身エステでとろけてしまい昼寝。夕方のんびりとスパで泳いでサウナに日焼け。雨でも全然たのしすぎる。その日の夜は、車で湯河原にお寿司を食べに。

今日は、みかんに干物とかまぼこを買っておうちに帰ってきました。

近場のリゾート。絶対おすすめ。でもあまりにすっきりしたってことは、私相当お疲れだったのかしら。。。

07:36 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/01

フライパンザ・東京湾スペシャルでもシーバスは釣れなかった

GW1日目。今日は鶴見から船をだし、シーバス釣りと気合いを入れてました。そして天気は快晴、半袖でも気持ちよい。ちょっと風の強さが気になるなぁと思いつつ・・・


で結局、日頃の行いのせいか風はやまず、船は厳しいと船頭さんに言われてしまいました。
しかし、この日のために竿を買ったやらリールを買ったやら、やたら気合いはいったそして往生際の悪い男性陣。その気合いに負けて、私を含め女性陣もさまざまな釣り場をさまようことになったのは言うまでもなく。。。。

釣り場をいくつも転々としながら、最後はやはり、いつもの秘密東京湾柵超えコース。柵をこえ、足場の悪いあやしい道を通りシーバスを狙う。寒いわ、藻ばかり釣れるわで、結局全員駄目でした。(23時近くまでがんばっておりました)

寂しい気持ちで東京湾をでて、夜食に恵比寿の「デキシダイナー」へ。周りはおしゃれな人でいっぱいのなか(笑)、寒さに震えた4人は、熱いスープで体を暖めました。

ま、私は東京湾でお台場の美しい夜景を楽しんだしいいかと思っていたけど、男性陣やはり悔しいらしく、あさって朝4時からリベンジに出航するらしいです。そしてまた道具を買いにでかけました。

あー頑張ってください。

06:03 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/04/23

フライパンヴィンテージワインな女性たち。

昨日仕事の帰り道、品川アトレにある「DEAN & DELICA」に酔って、いや寄ってみました。23時までしているそうです。週末、どっさり買い物をしなくてもいいかと思うとちょっとうれしい発見。少しながらお野菜も売っていて(もちろん少々お高い感じですけど)、ときどきおいしい野菜が食べたい時には使えます。

そこで、「青い麦」のイングリッシュブレッドを買い、最近かなーりなんちゃってマイブームなワインを探す。意外にも、手頃なワインもそろっていて私は昨日はすてきなソムリエチョイスの軽めの赤のカルフォルニアワインを購入。(1500円)

ちなみに、早速お風呂上がりに飲んだところ「イケメンソムリエチョイスデイリーワイン」はおいしかった。

「女はワインと同じで寝かせるほど味が出る」

そう私は信じていたのだけど、最近ワインうんちく本を読んだり、あれこれ買って飲んでみたりしていて、どうもその発言は撤回しなければいけないかもしれないと思うようになった。それは、私は寝かせたワインより軽めなワインが好きなようだから。(まだ経験値が低いのもあるけど)
年代物のワインはとっても深い味わいがゆえに、ぴったり合うお料理も結構限られてくる。もちろん中途半端なお料理ではちぐはぐになってくる。もちろんグラスもそれにあったものが必要で温度管理もとっても重要。飲み頃を間違えると、えらいことになってしまうようだ。

私のまわりを見回してみる。みんな美しく仕事もできる「いい女」。しかしワインと重ねてみると・・・重なる部分が多すぎかも。

今日ここで、私は「DEAN & DELICA」におかれるデイリーワインになろうと心にきめた。


●参考
「DEAN & DELICA」

07:15 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/04/22

フライパンうちのWEBサイトはどうですか?

昨日でかけた飲み会で聞かれた言葉。
というか、飲み会で名刺交換をするとよくこの質問がされることが多い。
私自身、飲み過ぎて思考回路が回らなくなっているときは、「私、ふつーのOLやってるんで良くわかんないんですよー」とかごまかすことが多いのだが、そんな発言をすると酔った勢いで蹴飛ばされるのがオチだったりする。

ということで、最近その答えとして私はこういう事を言っている。
「そのWEBサイトは楽しく作っていますか?」

ひょっとすると、ユーザビリティとかアクセシビリティなどのアドバイスを求めているのかもしれない。でもお酒の席の話だから堅苦しい話をしてもしょうがないないじゃない。まず楽しく作っているかが私にとって「どう?」に対する答えだったりする。
WEBサイトひとつひとつには、それが作られた経緯はそれぞれでそれにあった良い悪いというものがあるので一概に答えることはとっても難しく、それを話し始めるとすっかり夜も更けて語っても足りなくなる。

そうそうWEBサイトもなんでも「楽しい?」が最高の作品を生み出す。
探求心も、向上心もすべて「楽しい」が根底にあると思っている。

と、話は飛んだけど、昨日「うちのWEBサイトはどうですか?」と問いかけた彼は翌朝私にWEBサイトのアドレスが記載されたメールと仕事への思いを書いたメールをくれた。もちろんその返事を書くために、昼休みはおにぎりかじりながらそのWEBサイトをじっくりみることにしようと思う。

「楽しい、楽しい」は伝播する。

from カケフくん

09:55 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/04/21

フライパン「寄り道ラッキー理論」に基づいて

ゆっくり話をしたことがないのだけど、飲み会で度々お会いする方で「中武さん」という方がいる。早稲田のラグビー部の元主将で彼についてはすてきな書籍も発売されているので詳しい事は割愛。

●参考
オールアウト―1996年度早稲田大学ラグビー蹴球部中竹組


酔った中での話なので、詳しい事はおぼえていないけれど彼の言葉に「寄り道ラッキー理論」がある。意味はその言葉通り。私は仕事でも何でも、うっかり遠回りをしてしまったときなどの自分の理由付けにその言葉を使わせてもらっている。(意味が少し違ったらごめんなさい)

ということで、5月からちょっとゆっくり寄り道をしようと決めた。「何するの?」っていろいろな人に聞かれるけど、正直何も決めていない。「寄り道」をするのに予定も何もない。しかし今回の寄り道を実行するためには、いろいろ準備が大変。

今週末は、新調したマウンテンバイクに乗ってどこかに行こう。

10:28 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/03/27

フライパン私はこうだから。

私はこう思う。だからあなたはどう思いますか?
これが最近当たり前になっていた。以心伝心というものは、やはり存在しないとおもっていたし、それが「つもり」という事から起こるトラブルの原因になると思っていた。

それって、でもエゴかもしれないと思っている。
自分の考えを必ずしも伝えなくてもいいときはあり、それは、思いが相手を傷つける、もしくはそれを言う必要がないそんなときがあるかもしれない。つい人の意見を求めたがる。自分がこうだからということを言いたいだけなのかもしれない。

愛のある問いかけって何なんだろうな。

02:41 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/03/22

フライパン子供の頃の背景

写真展をみにいった。ベトナム、朝鮮半島、インド日本。さまざまな光景を彼の視点で写したすてきな写真だった。一目でファンになってしまった。

おそらく彼の写真はそういう冷めたアジアの風景を見ているまなざしがおそらく私に近かったからなのだろうと思っている。

アジアの写真には、いくつかパターンがあり「世相を批判したレンズ」「素朴な人々や景色を掘り出しているレンズ」など。彼はあくまで自分の旅の中で自分にそれをおきかえその景色が結局自分の背景に落ちていた。言ってみれば「やっぱり自分」だった。(うまくいえないけど)

また、写真をゆっくりとした時間でとらえていた。その時間の流れはきっと心のゆとりから生まれているに違いなく、たぶんとてもすてきな大きな心をもっているカメラマンなんだろうなぁって思っている。

心の余裕、それはどこから生まれるのだろう。きっとおぼっちゃまだった背景かしら。愛情をたっぷりうけて大きくなったひとだろうか。そんな事を思っていた。でも、きっとそう。

さまざまな少年犯罪事件、さまざまな要因はあるけど、子供の頃にどれだけ愛情をうけたか、それは大きな大きな意味があると思う。

なんだか素敵な写真にいろいろ気づきをあたえてもらったようだ。

○藤原新也○メメント・モリ

12:26 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

2004/02/03

フライパンスニーカー買いました

ほぼ6年かぶりにスニーカーなるものを購入した。
6年前に買ったのは酔っ払ってお気に入りのスニーカーで田んぼに落ちてしまい、悔しい勢いで捨ててしまい、そして新調したという思い出のスニーカーだった。基本的に靴中心のため、スニーカーを履かないこともあり気がつくとそんなかんじで6年経っていたという次第。

やはり6年前の雰囲気が漂い、どうもおでかけには履いていけない貫禄がついてきた。スニーカーだったので欲しいなぁと思っていてついに購入してしまった。トリコロールのルコックのモンペリエ。見ているだけで可愛いデザイン。
白のトレーナーに生成りのジーンズ。新しい靴をあわせて朝1時間早く家を出た。少し先の駅まで歩く。イチョウが少しずつ色づいて、あと少しで訪れる美しい並木に心がそわそわする。先走ってしまった落ち葉を踏みながらなんだか爽快!
駅前のスターバックスで一休み。コーヒーを飲みながら、となりに受験勉強をしている大学生らしいカップルが初々しい会話をしている。どうもここで知り合って付き合い始めたばかりらしい。つい会話のぎこちないトーンが面白くて、おばさんチックに聞きまくり(笑)
会社についたら少し足に疲労感が残るけど、それはそれでいい気持ち。ここちよい秋の楽しみをひとつ発見したきがする。

02:55 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/01/09

フライパンお茶目な東京タワー

会社を出ると目の前に大きく東京タワーが広がります。今は2004という可愛い光がちかちかついています。クリスマスの時は少し華やかになり、夏には省エネのため明かりが早めに消えました。
マトリクスが公開されるときに、六本木ヒルズがマトリクスカラーになったおしゃれさとは少し違うけれど、ホームページもとっても素人っぽいけれど、私はとても大好きな景色の一つです。
あまり記憶力のない私だけど、小津安二郎の「秋日和」に登場する生まれてたての東京タワー。これが高度成長時代の象徴(?)なのかと思うのだが当時はすごかったのだろう。

完璧にできた美しさ、そういうものより、ちょっと愛くるしい美しさこそ永遠だと思う。
それは計算式では生まれない。バックグラウンド、心、出会う人。いろいろな組み合わせで生まれてくる。常に遠くを優しい目で見て歩いていこう。

お茶目はお得なはずである。

02:42 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/12/22

フライパン謎の美女会

ほんと謎である。
月に一度、いい女がわいわいそろっておいしいお酒と料理を食べる。そんな会がある。冗談のようだがほんとの話で店員に「きれいな人ばかり何の会ですか?」と聞かれたことがある位。そしてそこで答えたある一人が言ったことから始まった謎の会。

「美女会」

微妙の「微」とか備品の「備」とか散々ないいがかりはあるものの、いや結構いい女が揃っている。仕事そして恋愛かなり現役、しかも馬鹿そろい。
私ってちょっと普通なかんじかもーとしみじみ思う。いやー結構硬い話はするものの、下世話なネタいも即時対応。かなり刺激的な会だとおもう。

昨日はそれで「女だらけのクリスマスパーティ」いやー楽しかった。内容はここには書けない。とはいえ、思い出の一言。

「いらない男」論

たぶん恋のから騒ぎなんて目じゃない。
そんな精鋭は来年恐ろしい同盟をくみ世の中に出ていく予定、こうお楽しみに

12:46 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/11/05

フライパン水面に浮かぶ兼六園

この週末、友人5人連れて実家に帰った。出発から帰宅まで笑い続けで小じわが2倍に増える位の楽しい旅行だった。朝6時からのバスケットボール。砂浜でのフリスビー。何の旅行かと聞かれると非常につらい。 みんなで車の中では80’のディスコナンバーを歌い、山手線ゲームに必死になる。どう考えても30歳を超えた遊びには程遠い。 日々仕事に忙しく、スケジュールを無理やりでも合わせない限り、全員なかなか会うことはできないそんな友人たちとだらだらと過ごす3連休。つまらないことで笑い、だけどそれがとてつもなく楽しかった。 偶然通りかかった、兼六園は夜間ライトアップ。公園の中でジャズライブなど粋なイベントをしていてみんなで感激。しかしそれ以上に水面に浮かぶ、茶室やもみじ。鏡に映りどちらが本物なのか分からないそんな神秘的な景色に、思わずみんな無口になってしみじみ浸ってしまう。 旅は一人もいいけど、感動をみんなで分かち合うほうが私は好き。気の知れた仲間にはうれしさや感動も伝播する。自分の感動と人の感動でさらに深みも加わる。 また、行きたい。

12:51 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/10/31

フライパンルコックのスニーカー

ほぼ6年かぶりにスニーカーなるものを購入した。6年前に買ったのは酔っ払ってお気に入りのスニーカーで田んぼに落ちてしまい、悔しい勢いで捨ててしまい、そして新調したという思い出のスニーカーだった。基本的に靴中心のため、スニーカーを履かないこともあり気がつくとそんなかんじで6年経っていたという次第。
やはり6年前の雰囲気が漂い、どうもおでかけには履いていけない貫禄がついてきた。スニーカーだったので欲しいなぁと思っていてついに購入してしまった。トリコロールのルコックのモンペリエ。見ているだけで可愛いデザイン。
白のトレーナーに生成りのジーンズ。新しい靴をあわせて朝1時間早く家を出た。少し先の駅まで歩く。イチョウが少しずつ色づいて、あと少しで訪れる美しい並木に心がそわそわする。先走ってしまった落ち葉を踏みながらなんだか爽快!
駅前のスターバックスで一休み。コーヒーを飲みながら、となりに受験勉強をしている大学生らしいカップルが初々しい会話をしている。どうもここで知り合って付き合い始めたばかりらしい。つい会話のぎこちないトーンが面白くて、おばさんチックに聞きまくり(笑)会社についたら少し足に疲労感が残るけど、それはそれでいい気持ち。ここちよい秋の楽しみをひとつ発見したきがする。

10:43 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/10/27

フライパン家族とのカメラやりとり

カメラ携帯をもって1年になる。ドコモユーザの私だけ、発売と勢いで買い換えた記憶がある。あれから気がつくとカメラ付が当たり前になり、今では着信の際にかけてきた人の顔がでるような設定になるのが定番になってきている(私の携帯はそこまでの機能がないけど・・・)
写真付のメールは、パケット代がかかるとはいえ、とても嬉しい。この週末は、天気がいいので近所の公園をぶらぶらと散歩していたときに、プルプルとメール着信音がなった。相手は遠く離れた場所で、温泉に入りそのときの紅葉が美しい写真を送ってくれた。なんだか同じ秋の空気を吸っているようで、まだ紅葉には早い公園の銀杏並木をみながら、もう少ししたらまたこの公園にきたくなる、そんな気持ちにさせてくれた。リアルタイムで同じ空気を感じているようなそんな嬉しい気持ち。
随分前だけど、私より新しい携帯電話を持っている母親は、父親の横顔を送ってきたことがある。そこには少し照れくさい顔をしてタバコを吸っている父親の顔があり思わず笑ってしまう。便りではないけど、なんかその撮影している光景を想像しただけでホッとしてしまうのは不思議。
特に用事がなくてもちょこっとした気軽な気持ちで使える携帯メール。ちょっと一方的だけどそれもちょっとしたサプライズな感じで私はとても嬉しい。どんな気持ちで打っているんだろう、そう考えるとニヤニヤ。そしてカメラ画像があるときには、あの画面表示のちょっとした間に一人ワクワク。
別に人の顔をとらなくてもいい。ちょっとした嬉しい気持ちや空気を伝えるモバイルカメラレター。そんな使い方が30代にはちょうどよいのではないでしょうか。

10:46 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/10/23

フライパンモバイルカメラ

カメラ携帯をもって1年になる。ドコモユーザの私だけ、発売と勢いで買い換えた記憶がある。あれから気がつくとカメラ付が当たり前になり、今では着信の際にかけてきた人の顔がでるような設定になるのが定番になってきている(私の携帯はそこまでの機能がないけど・・・) 写真付のメールは、パケット代がかかるとはいえ、とても嬉しい。この週末は、天気がいいので近所の公園をぶらぶらと散歩していたときに、プルプルとメール着信音がなった。相手は遠く離れた場所で、温泉に入りそのときの紅葉が美しい写真を送ってくれた。なんだか同じ秋の空気を吸っているようで、まだ紅葉には早い公園の銀杏並木をみながら、もう少ししたらまたこの公園にきたくなる、そんな気持ちにさせてくれた。リアルタイムで同じ空気を感じているようなそんな嬉しい気持ち。 随分前だけど、私より新しい携帯電話を持っている母親は、父親の横顔を送ってきたことがある。そこには少し照れくさい顔をしてタバコを吸っている父親の顔があり思わず笑ってしまう。便りではないけど、なんかその撮影している光景を想像しただけでホッとしてしまうのは不思議。 特に用事がなくてもちょこっとした気軽な気持ちで使える携帯メール。ちょっと一方的だけどそれもちょっとしたサプライズな感じで私はとても嬉しい。どんな気持ちで打っているんだろう、そう考えるとニヤニヤ。そしてカメラ画像があるときには、あの画面表示のちょっとした間に一人ワクワク。 別に人の顔をとらなくてもいい。ちょっとした嬉しい気持ちや空気を伝えるモバイルカメラレター。そんな使い方が30代にはちょうどよいのではないでしょうか。 愛する人に、そんなメールはいかがですか?

10:21 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/10/21

フライパン急ぎすぎる毎日

カメラ携帯をもって1年になる。ドコモユーザの私だけ、発売と勢いで買い換えた記憶がある。あれから気がつくとカメラ付が当たり前になり、今では着信の際にかけてきた人の顔がでるような設定になるのが定番になってきている(私の携帯はそこまでの機能がないけど・・・)
写真付のメールは、パケット代がかかるとはいえ、とても嬉しい。この週末は、天気がいいので近所の公園をぶらぶらと散歩していたときに、プルプルとメール着信音がなった。相手は遠く離れた場所で、温泉に入りそのときの紅葉が美しい写真を送ってくれた。なんだか同じ秋の空気を吸っているようで、まだ紅葉には早い公園の銀杏並木をみながら、もう少ししたらまたこの公園にきたくなる、そんな気持ちにさせてくれた。リアルタイムで同じ空気を感じているようなそんな嬉しい気持ち。
随分前だけど、私より新しい携帯電話を持っている母親は、父親の横顔を送ってきたことがある。そこには少し照れくさい顔をしてタバコを吸っている父親の顔があり思わず笑ってしまう。便りではないけど、なんかその撮影している光景を想像しただけでホッとしてしまうのは不思議。
特に用事がなくてもちょこっとした気軽な気持ちで使える携帯メール。ちょっと一方的だけどそれもちょっとしたサプライズな感じで私はとても嬉しい。どんな気持ちで打っているんだろう、そう考えるとニヤニヤ。そしてカメラ画像があるときには、あの画面表示のちょっとした間に一人ワクワク。
別に人の顔をとらなくてもいい。ちょっとした嬉しい気持ちや空気を伝えるモバイルカメラレター。そんな使い方が30代にはちょうどよいのではないでしょうか。

10:47 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/10/15

フライパンこうなればいいな

週末、母親が上京してきた。年に一度位定期的に二人で旅行に行くのだけど去年は紅葉を見に京都にでかけ今年は東京にでてきた。今回は友人に頼んで恵比寿にある素敵なシティホテルの大きな部屋を予約。母親がくるにあやかって自分もいい気分を味わおうというのもミエミエなのだけれども。

母が私の年齢の時には、私はもう小学校に入学しており、弟は幼稚園。しかし、今の私はいつまでも親にご迷惑をかけっぱなしの道楽暮らし。ほんと計算外だったに違いないだろうとつくづく思う。あまり無難な道を歩まずそんな私を影ながらいつも応援してくれている。

あれこれ東京の町並みを歩きながら、いろいろ日々の私の生活を話をする。仕事のこと、ごはんのこと。多分母親からみれば、「青臭い」事を言っているに違いない私を全く否定せず、優しく聞いてくれる。たまに父親からくる携帯メールに、一生懸命返事を書いている姿は、なんとも見ていて気持ちがいい。

私もいずれ、母になったときに、こんな心穏やかに子供に接する事ができるのだろうか。母親から引き継いだ血は、くせっ毛とペちゃパイだけではなけばいいなぁなんて、思ってしまった、この根性からまず直さなければ。。。

10:48 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/10/14

フライパンど根性

お気楽とか言っているわりには、自分では結構あわてんぼうで気が短いと自分では思っている。すぐ怒るし、一つ思い込むと他の事が見えなくなる。人の言葉に凹みやすいくせに、暴言を吐く。欠点はこんなところだとおもう。こんな性格もうしょうがないとある程度諦めていたのだが。

ここ最近だけど、仕事が遅いとき、ちょっと忙しいとき、私は一気に食欲がなくなってしまう。で、平気で夜ごはんを食べずに過ごしてしまう事がある。ま、それはそれでいいかと思っていたが、先日電車でふらりと貧血になり、しかも2日連続。で、よくよく振り返ってみると食生活があまりによろしくなかった。気分で食事をしていたツケがここにきてしまった。その日の気分で毎日を過ごしてしまうそんな生活は、自由と言ってしまえば簡単だけど、それは実は自分都合のいいような解釈。

自由とかストレスとかいうことを逃げ場にしていて、ちょっと根性なしな事をしていて自分を戒めることってほんとに減ったかもしれない。ま、いっかというのはストレス回避や自由でもなんでもない。でも、私に優しくとか自然な私と解釈すると、なんとも美しい。
「ど根性」ひょっとするとこの後にやってくるのかしら。

この癒しという捉え方に警戒をもつ人は必ず。

10:50 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/09/23

フライパンキャッチフレーズ決定

「干ししいたけ」は私の好物で、福岡におばぁちゃんから「どんこ」が送られてくるとすぐさま「含め煮」を作る。一晩ゆっくり戻して、お砂糖、みりん、醤油でことこと煮る。そのままで食べても美味しいし、刻んで炊き込み御飯の具にしても、卵焼きに入れても美味しい。干ししいたけは干す事でうまみ成分がでてきて、なんとも奥深い味になるようだ。

はっきり言って、干ししいたけは主役にもならないし、地味な存在だと思う。だけど、これがあれば煮物のときは、味付けは薄くて充分。そして深いしいたけの香りがしみつき、ついくせになってしまう味わいが楽しめる。で、知ってる人は知っていると思うけど、美味しいものは値段はべらぼうに高い。でも高いものはほんと美味しい。

ゆっくり時間をかけて、いい味をだし、いろいろな物への影響は高い。そして知る人はその価値を分かっている(値段が高い)。そう!言うまでもなく私の今の憧れ。
つい、31歳になって若い女の子の勢いや若さにうらやんでしまう時もたまにある。でも、別にそんなこと考えても何もいい事はない。時間の無駄無駄なんて思うようになってきた。プラスのエネルギーはいじけ気分からはあまり生まれない気がする。干ししいたけのようにじわじわ濃ゆい女になろうと思うように考えると、今はまだまだ成長過程、戻し期間。

干ししいたけの私、変なキャッチフレーズ。
でも、ワインな女より私らしいといえば私らしい。

07:23 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/08/26

フライパン勝負レストラン

昨日、いわゆる「勝負レストラン」として有名な某レストランで気の合う友人達20人位が集合。ホスピタリティがあふれるそのお店は、オープンから2年位になると思いますが気がつくと予約の取れないレストランとなった。。

そのお店は、ありえない位のサービスと、心遣い、美味しいお酒やお料理の数々に、東京に来てちょっと夜遊びをおぼえたばかりの私には、驚きの連続。

久々にそのレストランに出向いたところ、「あれ?」と思うことが。サービスは大人数だったから少々手薄になったのもあるかもしれないけど、いや店側の問題ではないような、いやそれもあるような。なんだかどう説明したらよいのか分からない胸の中に毛虫がいるような、そんなくすぐったい気持ち。

普通レストランに行くと、サービス、インテリア、料理、空間、薫、音楽、それが会話を演出。そのために高いお金をはたいて素敵な店を選ぶ。「勝負レストラン」は「ドキドキ勝負」の場なのかもしれない。それは、自分の緊張を隠してしまうから。今回は、もう気の合う仲間の集まり。別に気取ってもばれちゃう。そんな時にはあまりにできすぎたレストランは、手持ち無沙汰になってしまい余計ちょっとうるさく感じてしまったのかもしれない。
合コンのお店、パーティのお店、同僚との愚痴の店、気の合う友人の店。私は使い分けってとっても大切なのかもしれない。

ちなみに、本当に心を許した人との食事は、レストランマジックは無効。というより、自宅でのんびりが一番(ただ、後片付け等のめんどくささはある)

とはいえ、女性はどういうシチュエーションにせよ、一般的にお洒落系な店が大好き。私のように、お洒落系ブームが去った私は異色かもしれないので、ご注意してください。

07:29 午前 [日記・コラム・つぶやき, 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/08/23

フライパンチャップリンと渥美清

食べ物の好き嫌いはあまりない私だけど、変な不得意分野がある。
チャップリンと渥美清。これは、子供の頃から現在にまで至っている。なので大学生時代、バスツアコンのバイトをしている時にビデオで流れる「寅さん」がと心地悪く、車酔いしているとお客さんに心配された覚えがある。もちろん未だに、あのシリーズをノンストップで見たこともない。チャップリンも同様。子供の頃は、テレビで流れると部屋の隅に隠れてしまうというのは、両親が未だに笑い話にするが、私としては、真剣しゃれにならない。。。。

にこやかな優しい表情。なんとなくお気楽な雰囲気。この笑顔やおどけた動作がとても胸がつらくなってくる。寅さんのふらりと出かけてしまうその癖の裏には何かあるんじゃないかなぁとか、なんでそこまで気を使わなければいけないんだろう。

私は、知らない人がたくさんいると、異様に饒舌になる。とりあえず何かしないといけないという使命感に襲われる(大概、それが逆効果になる場合が多いのだけど)そして、家で一人反省会になるパターン・・・
小学校の頃、そんな事を繰り返して「八方美人」と友人から無視された時があった。多分、あまりにわざとらしかったんだと思う。子供の感性は敏感だから、そんな小手先のわざは通用しなかったのだと思う。

人の顔色をみて話してしまう癖、結局自分が大事だからこういう態度をとってしまってるんだといつも思う。まだまだ成長が足りないよなぁぁ。

余談だけど、親友は寅さんの妹にちなんだ「さくら」がいる。私がつい彼女になんでも相談するのは、意味があるのかなぁなんて時々思ったり(笑)

07:25 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/08/20

フライパンたべちゃだめ


今日は健康診断。前日の21時から飲み食い禁止(ということで、うっかり昼ご飯から何も食べていなかった)で、おなかがすきすぎで力が入らず(握りこぶしができない)で満員電車に揺られ、会社に向かった。
最終日、健康診断の会場は賑わっていた。
身長は1センチ伸び(!)体重は2キロも減っていた。便秘がちだったから、太ってるかと思いきや、ここ最近仕事が忙しくそれが一気に出た感じ。こういう痩せ方はろくなことがないから、昼ご飯は高カロリーのものを食べようと、頭をめぐらす。お腹がすいていたからなのか「ステーキ」や「ハンバーグ」などが浮かんできた。こういうものが浮かぶ時点で、私ってお子ちゃまだと悲しくなる。そして、その後食べ物の事が頭から離れなくなってしまった。

ダメだといわれたら、やりたくなる。食べちゃだめだといわれたら、食べたくなる。そんな感じなのかもしれない。こんなにお腹がすくなんて久しぶり。下のスーパーで買ったチョコレートをかじりながら会社に戻った。

意識するという行為は、すごい影響力がある。
そうそう、スポーツクラブでも鍛える時には、鍛えたい筋肉を意識するとしないのでは、全く効果が違うという。だから最近私は、ヘッドホンもつけず本も読まずエアロバイクで筋肉に集中するようにしている。

07:27 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/08/02

フライパンドラマブーム

早く仕事が終わったときは、ついビデオレンタル屋に足が向く。
とはいえ、早く帰れると行っても家に着くのは21時はまわってる事が多いのでそれからご飯作って食べたりお風呂入ったりで、ゆっくりできるのは11時前になることが多い。それから見るのにちょうどいいのが「TVドラマ」のビデオ。

1本が1時間弱だし、通常は1話、あまり眠くない時は2話といろいろ融通がきく。「sex on the city」これにはやばい位はまったしまった。ニューヨークに住む30代女性4人の恋を交えたストーリー。男性はほんとあのドラマにはまる理由が分かんないらしいけど、私そして数人の女友達はみーんなはまっている。
「アリー・・・」はちょっと不思議ちゃんだし私はあまり共感しなかった。だってありえない出来事ばかりだもん。「ビバヒル」も面白いけど、共感というと。。。

「sex on the city」の主人公キャリーの揺れる女心。だらしない部分、かっこつける部分、あーダメだと分かっているけどという繰り返してしまう失敗。別にドラマから何が得られるのかという事もないんだけど、ちょっとどんくさい私と主人公を重ね合わせたりして、ある意味私の癒しだったりします(笑)
ワイン飲みながらという、感じでみてます。。

夏はもうすぐ。梅雨のじとじとしたこの季節、ドラマを見ながら自分の夏の姿をイメージトレーニングには良いのかもしれないな。


で、昨日は「スイート・シーズン」を見た。。。。ほろ苦くてつらくなった。

07:33 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/01/06

フライパン思いやり

あまり最近耳にすることが少なくなった言葉かもしれない。最近では「WIN、WIN(与え与えられる)」「メリット、デメリット」という言葉が当たり前になっているように何かをする際には「対価」というものが必ず付きまとう。これはビジネスをする場合では当たり前のようになってきている。

仕事がつい日常の大部分を占めてくるようになると、「メリット、デメリット」の考えを毎日の生活にまであてはめてしまうようになってしまう。だから、何も分かっていないのに、先走って「子供」が犠牲になって仕事ができないなぁと思ったりとか、友達のA子ちゃんと飲みに行ったのに、彼女の悩みを聞くだけで終わった、しかも割り勘でむかついたたり、気が向いた時だけ飲みに誘うわがままな事を平気でしてしまう、そんな事が当たり前になるのかもしれない。。
すべてが相手のことを考えているようで、結局自分最優先主義ということに、理由付けとしてそれの対価を相手に与えている、本当のとこは。

思いやりって、理屈ではいえない。ロジックではなにも描くことはできない。だけど毎日の生活の中でとても大切な事だと思う。

母親や父親が自分にかけてくれるのは「思いやり」何かつらいことがあったら必ず手を差しのべてくれる。幸せを心から願ってくれる。これって何も理屈もあったもんじゃない。そういう気持ちになることを、もしかしたら、私は忘れているのかもしれない。もちろん思いやりを受け感謝し幸せになる気持ちも。

明日からの私が少し変わる気がする。

07:37 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/01/02

フライパン絶好調という

ま、いまさらだけど中畑清の話。
まじでうるさいくらい「絶好調」と言っているイメージがある。しかし彼がこういつも言うには意味があるらしい。
巨人軍に入団し4年間はまったく芽が出ず。
彼を発掘したのは、あの長嶋監督。
「調子はどうだ?」と聞く監督にいつも彼は

「絶好調です」

そう答えた。たとえ調子がよくなくても彼はそう答えた。これは人に対してだけではなく、自分自身にもいい聞かせていたに違いないだろう。ある意味有言実行というものに近い。その言葉は彼が自分自身を常に輝かしくみせる演出であり、絶好調と発することでまわりが安心感を抱いてもらうためのちょっとした言葉の小道具。
そういう潔さに当時、長嶋監督はほれたんだろうと思う。やはりいつも好調な人は輝いている。自信に満ち溢れている人も同様。

ツキを呼び込むには待つというのも大切だけども自分から呼び起こすそういう方法も必要かもしれないなぁとなんだか思ったりした。,

07:39 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック