毎日のおかず(麺、パスタ) バックナンバー

2009/10/15

フライパン秋はパスタな気分??

ごちそうパスタ2006年にクックパッドの人気レシピを集めた「100万人が選んだ大絶賛パスタ」を出版したときのこと。
たくさんのレシピを試作したとき、パスタってお手軽簡単料理にもなるし、一品でごちそうにもなるし、イタリアの食材なのにもうすっかり日本食材みたいに浸透しているなと思いました。
納豆パスタ、明太子パスタ、カレーパスタ(?)、あんかけスパ。。。。。
バリエーションは無限大。
そういえば離乳食の本をみているとパスタメニューもありましたよ、驚きました。

我が家で(というか私と彼)この秋ヒットしたパスタが、写真のパスタ

Cpicon さんまとナスのパスタ☆柚子胡椒風味 by maki_ppe

さんまの新しい食べ方です。
先日パーティでだしたら友人にも大好評。市販されている生パスタでつくったのですが、ちょっとシチリア風???なんてね。

ごちそうパスタ
最近、和食が多くてパスタをつくっていなかったのですが、なぜかここ1ヶ月ほどまたまたパスタを作る機会が増えてきました。毎年この時期はパスタブームがおこります、なんでだろう。

仕事から帰りぱぱっと作れる便利なごちそうパスタ。ただ栄養が偏らないようにサイドディッシュは野菜たっぷりを心がけなければですね。

左のカルボナーラは、彼作。
Cpicon 絶品!カルボナーラ♪ by bvivid

右上は、夏にたくさんつくったトマトソースにほうれん草などお野菜をいれたパスタ(私アレンジ)

右下は、これは和風ペペロンチーノ。長ネギとしらすがたっぷり入っています。

Cpicon ☆長ネギとしらすの和風パスタ☆ by ふたごっち

次はどんなごちそうパスタをつくろうかなぁ。

12:40 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2008/11/04

フライパン初の手打ちパスタ

手打ちパスタ

ここちよい三連休、どのようにお過ごしでしょうか。
いろいろお出かけ日和だなぁと思ったら、初日から鼻ずるずる、のどがイガイガ。。。。
これは、ヤバイ!と思い、初日はまったくお出かけせずに家でゴロゴロして過ごしました。おかげで一晩寝たらすっかりよくなりました(ほっ)。
みなさま急に寒くなってきたので風邪にはお気をつけくださいませ。

と、本題。

2006年の結婚祝いにクックパッドの女性スタッフにいただいた、パスタマシーン。2年間使わずに寝かしていました・・ごめんなさい。
最近、おいしいパスタに出会う機会が多かったこともあり急に創作意欲がモクモク。よし!と心に決めて手打ちパスタに挑戦しました。

使ったレシピはクックパッドから。

Cpicon パスタマシーンで手打ちフェトチーネ by quiyoco

手打ちパスタ

はじめて作るくせに、セモリナ粉をつかうとはわれながらチャレンジャーでした。よくばってたくさんの粉で作ったので、クイジナート(フードプロセッサー)が途中で回転がストップ(涙)。

あわてて手ごねに変更。

いやー大きなお腹でえっちらおっちら、意外に大変でした。パンこねとはまったく力の入れ方が違いますね。汗をたっぷりかきました。

パスタ職人ってすごい~といまさら。

しばし生地を寝かした上で、パスタマシーン登場!
はじめて使うので、最初の生地はパスタマシーンの慣らし用で何度か使いながら練習。

そのあと、よし本番~。
何度も何度ものばしてたたんでを繰り返し、そしてラスト!
「おおおお~~」思わず声がでてしまいました。

たくさん作ったので、保存用に物干し竿に(笑)。ちょっと面白い光景です。

手打ちパスタ

この日のごはんです。

久しぶりに、パスタの夕食で組み立ててみました。

・しめじとポルチーニのクリームスパゲッティ
・ミートボールのトマトソース煮
・グリーンサラダ
・パン

おうちパスタなので、具は贅沢にたっぷり。
手打ちパスタも、思った以上にモチモチになって彼からも合格点をいただきました
(と無理やり言わせたのかもしれませんが)。

とはいえ、まだまだ落第点であることは確か。
もっともっと場数を踏んで練習しなければうまくはならないでしょうね。
しばらく、練習してみようかと思います。

粉ものってなんだか楽しいですね。

こんなことをしているとあっという間に時間がすぎてしまうのですが、それはそれでいいかなぁ。

家にいるとずっとそれで楽しんでしまいそうなので、私がもし専業主婦だとしたら確実運動不足に陥るのは目に見えます・・・。

今ぐらいに仕事しているのが、私の体のことを考えるときっといいのでしょうね。

パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!大森 大和

おすすめ平均
stars評価が高いのも納得
starsおなかが鳴ってきちゃった
starsきっかけを作るにはいい本
stars見て面白し、しかし懲りすぎ
stars感激しました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12:11 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2008/08/09

フライパン最近の麺ブーム

麺づくし

暑い夏にすっかりやられ、食欲減退気味です。

とはいえ毎日暑い外にでたり、涼しいエアコンの中にいたり、まぁエネルギー消費が多いので、なんとか食べれるものを食べています。あぁちゃんと夏に備えてちゃんと運動しておけばよかったと反省。
涼しくなったら、真剣にピラティスやらなきゃなぁ。

ということで、食欲減退気味の私&ちょいダイエット中の彼とでただいま麺ブームです。スルスルっと食べれる&野菜なども組み合わせやすいことも。
そして、夜遅い二人なので、できるだけ胃に負担なくてそしてささっと食べれるものがいいなぁという意味で、結構理にかなったブームかと(もしかしたらかなっていないのかもしれませんが)。

で、ここ最近いただいた麺の写真をみてみました(一部です)。栄養は少々偏っていますね(笑)。これはダイエットにはならないかもですよ・・・。あぁもう少し見直さねば。

稲庭うどん、讃岐うどん、そうめん、盛岡冷麺、韓国冷麺、坦々麺、冷やし中華・・・。最近のブームはタンめん。野菜を軽くいためてのせるものです。
電車ですっかり冷え切った体をほどよくあっためるのにちょうどよい感じです。

しかし、このお料理実は彼が半分以上作っていたりして・・・。
ここ最近、私がどうも帰りが遅く、彼に作ってくれることが多く・・・嫁失格ですね。

今週は、しっかり自分の仕事にメリハリつけて早く帰るぞ!

12:11 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2008/07/26

フライパン揚げ茄子のぶっかけ素麺

素麺

先日、美絵さんにお会いしたときにいただいた水茄子。
まずは塩もみして、重石をしてお漬物でいただきました。みずみずしくて、思わずパクパク食べてしまい、あっという間に完食です。

そして残りはどうしようかと、我が家の夏の定番の揚げ浸しに。今回は先日いただきものでもらった白だしを使いました。
白だしとは白醤油にだしを加えた万能調味料。色がきれいなので、お料理が美しく仕上がるように感じます。

茄子から色がでてくるので、白だしを使うと少し濃くなるのですが、ただ普通のめんつゆよりも色は断然きれいです。

この日は、ゴーヤも一緒に揚げました。そして、ひんやり冷やして半日。

そのままで、大根おろしたっぷりでいただくのもおいしいですが、休日の昼間にぴったりなぶっかけそうめんです。みょうがをたっぷりのせていただくと夏気分がさらに盛り上がります。

そうめんはみなさん、どんなものを使われていますか?
我が家は「揖保乃糸」の特級品。最近どのスーパーにも売っていますよね。

普通のそうめんもおいしいのですが、一度この特級品を食べてから、もう戻れません。食感がぜんぜん違います。

HPによると、上質の小麦粉を使用し12月から2月までの厳寒期にのみつくります。
また、より細く仕上げるため、熟練した製造者しか製造が許されていないようです。これはおいしいはずです。

しかし、みなさんそうめんは一人どれくらい召し上がられますか?
いつもその加減がわからず、たくさん茹で過ぎておなかいっぱいになってしまいます・・・。

ヘルシーなようですが、きっと食べ過ぎると・・・なのでしょうね。

12:59 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2008/07/14

フライパン夏には納豆ひやひやうどん

納豆うどん

子供のころ、朝ごはんに食べていた納豆。

当時の納豆は、においがすごく強くて粘りも強い。
朝ごはんのあとは念入りに歯磨きをするもの、どうしても口の中ににおいがのこり学校についても口臭がとっても気になっていました・・・。

最近の納豆はにおいも少ないし、昔のようなにおいも気になりませんね。なので朝ごはんも昼ごはんにも全く気にせずいただけるようになりました。ある意味寂しい気もしたりしますが(笑)。最近の納豆のおきにいりは、テレビCMでもよく放送されている「とろ豆」あの食感は新しいですよね~。

私はいつも冷蔵庫、もしくは冷凍庫に納豆が常備しています。もちろんご飯にかけるのがおおいですが、お料理にも使うことが多いですね。
お味噌汁にいれたり、オムレツにしてみたり、あとはたれにごま油をいれてみたり、ラー油をいれてみたり、味噌をいれてみたり。何でもあうので楽しいですね。

一時期は納豆パスタにかなりはまっていましたが、最近は和な感じでいただくことが多いです。まぁ最近暑いので、火をできるだけ使いたくないというのもありますが。

ゆでてキンキンに冷やしたうどんの上に、茹でたほうれん草の上に大根おろしを混ぜた納豆、そしてその上からやさしい味付けで作っためんつゆをたっぷり。そしてかつおぶしをのせて完成!

とっても手抜きなレシピになっちゃいますが、こういうお料理がわたし的にはかなり幸せな気持ちになります。

12:05 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008/06/23

フライパン稲庭うどんの超簡単ごはん

稲庭うどんの超簡単ごはん

日曜日は一日雨の蒸し蒸しする日でした。
洗濯物は乾かないし、前日焼いたクッキーも一晩でなんだかしっとりとした仕上がりに(ほんとうはもっとサクサクしてほしかったのに)。

彼はフットサルの合宿で留守。こんな雨だしと、なんだか外出する気分にもなれないので、まだ先ですが引越し前の要らないもの整理。
どうも大学で神戸にいってから、金沢に戻ったり東京にでてきたり、都会に出てみたり、そして藤沢にと引越しが多く、おかげでいらないものはあまりもたないという主義ではいたのですが、ありますねぇ要らないもの。

洋服やさんでもらった、ノベルティグッズ。バックとか時計とかいろいろあるのですが、明らかにセンスが違う。あと、もういらないビデオテープやMD。昔あつめていたレストランのショップカード。バーゲンで買って一度だけ着たニット。合コン用(笑)に買ったちょっと派手目なワンピース(もうあんな短いスカートはけない)。

結局ゴミ袋3つ位でてきたのですが、たかが3つに3時間・・・。何をやっているのでしょうか、私。そしてそのあと掃除機でほこりも吸い取り、完了!

意外に肉体労働だったのか、お腹がぐ~。耐えられない・・・。

ひとりぼっちのご飯なので、ささっとたまごかけご飯でもしようかとおもったのですが冷凍庫にひやご飯はなく、だからといってカップラーメンもなぁ。

ということで、先々週からはじまった美味しいいいじまさんのトマトをつかってぱぱっとできる少し早めの夏ごはん。

湯むきしたトマトを一口サイズに、そしてバジル、ルッコラをざく切り。オリーブオイル、レモン汁(今回はポッカレモン)、塩、胡椒をボールにいれてまぜあわせて、野菜をほうり込み軽くまぜて冷蔵庫へ。

冷やしている間に、お湯をわかし稲庭うどんをゆでます。
稲庭うどんは、そうめんよりすきなのですよね。あのつるっとしてピカピカしているあの感じ。新橋の七蔵ではまってから、我が家には稲庭うどんは常備しています。

茹で時間は3分。ざるにあげて流水でもみ洗い。そして水けをよくきって、冷蔵庫からボールをだしてそのなかに入れます。

ざざっとまぜて、お皿にもって荒びき胡椒をひいて完成。とってもとっても簡単です。
お箸でもいただける簡単料理です。

稲庭うどんの超簡単ごはん

ことしはじめてのひんやり麺。あぁもう1年半分過ぎたんだ~としみじみ。

で、その日の夜ごはん。

・稲庭うどん、豚冷しゃぶ、薬味たっぷりのせて自家製めんつゆで
・ホッカイコガネのポテトサラダ
・冷奴、玉ねぎの山椒ソース
(ごま油、しょうゆ、山椒にたまねぎをつけこみ半日おきました)

彼に何が食べたい?といくつかの選択肢をもとに聞いてみたら、ひんやり麺をリクエスト。
パスタでもそうめんでもいろいろあるのですが、結局稲庭うどんを。
単にもう1度食べたかっただけなのです。

私は、おいしいと思ったものは毎日たべても全く飽きないタイプ。

高校生時代には、あるスーパーに売っていた菓子パンをしつこく食べたり、社会人になってからは、焼き芋(!)にはまって、これもしつこく食べてました。
あとは、昨年は「甘栗むいちゃいました」がブームでした。

あれほどのきちがいさはありませんが、稲庭うどんは昨年に続きかなりのマイブームとなるのは間違いないですね。

本場の稲庭うどん食べにいきたいなぁ。

12:09 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007/10/05

フライパン茄子のミートソーススパゲッティ

なすのミートソース

台湾に行こうとか、韓国に行こうとか、結局わたしの仕事の都合でいけなかった海外旅行。ようやく11月に実現しそうです。

場所は南イタリア。メインはシチリアです。

バリでのんびりとしようかなぁとか、メキシコ建築をみにいこうかなぁとかいろいろな選択肢があるなかで、やはり美味しいお料理が食べたい!という私らしい欲求で彼を押し切ってしまいました。

といっても、彼はサッカーの試合観戦をこの旅行にいれこもうと必死。それはミラノ経由なのかロンドン経由なのか、いろいろ悩んでいるようです。ということでどの街をめぐるかは彼におまかせ。私はあれいきたい、あれ食べたいとわがまま言い放題。

ということで、この1ヵ月近くはイタリア研究でもしようかと思います。先週はまずは料理研究(?)といって職場の後輩と「ドンチッチョ」へ。イタリア料理ではやっぱりシチリアのお料理の味が好きですね、本場のものはどうなんだろうなぁ、ワクワク。来週は昨年シチリアワインの旅にでかけた知恵蔵さんとお食事予定。うーん、なんだか理由つけているだけっていわれそう。。。

もし南イタリア、特にシチリアへ行かれたことがある方、こっそりおすすめ教えてください。

といいながら、ベタなパスタですがミートソーススパゲッティです。
ミートソースとトマトソースは、時間のあるときに沢山作って冷凍庫にストックしてあるソースです。忙しいときには、ぱぱっと使えるので便利。

こういう作りおきのものを食べるとき・・・あのときゆっくりとした時間が流れ、こうやってじっくりお料理したなぁとなんだか変な空想にふけるのが大好き。

ん?そんなこと考えながらパスタ食べている私、変ですねぇ。

12:49 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2007/07/11

フライパントマトとイカのレモンパスタ

冷製パスタ


暑く湿気が多い外を歩いたり、エアコンの効いた寒い建物のなか。そんな場所を行き来するとほんと体力を消耗します。少し早くもばて気味です。あぁ体力がないのですよね、ちゃんと運動しなきゃなぁ。

冷たいパスタの季節になりました。昨年は何度作ったでしょうか、今年初ですね。
昨年のエントリーにもあるようににんにくたっぷりですが、これをいただいてから外出の予定があったのでにんにくは控えめにしてかわりにレモン汁をたっぷり。そしてお刺身用のイカを入れました。このポイントはやっぱり美味しいオリーブオイルとうまみがあるイタリアの塩をつかったこと。そして美味しいトマト、いいじまさんのとれたてのもの。

上には、我が家のバジルをのせて完成。今年は我が家のハーブ園(?)は彼が丁寧に育ててくれているせいか、元気に繁殖しています。どうも我が家のハーブは女性よりも男性が好きなのかしら?(いや、そんな理由ではないけど)

さっぱりとしていて、あっという間に食べてしまいました。
もう少し多めに作ればよかったな。

12:50 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2007/06/13

フライパンルッコラペーストのパスタ

ルッコラペーストのパスタ

金曜日、仕事を終えて帰宅すると玄関先におかれている、いいじまさんのお野菜。これをみるとあぁ~1週間おわったなぁと思います。そして、同時に「よし、ゆっくり料理するぞ~」という気分になる瞬間です。

スーパーのお野菜はいろいろな流通経路をたどってやってきますが、いいじまさんから我が家に届くお野菜はとれたて直送!なので、ピンピンで生きている感じが野菜から伝わってきます。ほんとうにありがたいことです。

今回はルッコラをペーストにしてみました。このペーストどこかのレストランで食べたことがあるんですよねぇ。ということで見よう見まねジェノベーゼの要領で作ったのですが、ちょっとアレンジで松の実のかわりにアーモンドをいれてみました。

ルッコラはバジルよりも酸化しにくいので、ルッコラペーストのほうが色が鮮やかかな?こころもち。

ゆでたてのパスタにささっと和えて完成。ルッコラの胡麻のような香りにさらにすり胡麻。ゴマゴマ~といったいいかおりにつつまれていただくパスタの完成です。

ルッコラ特有の青くささが私はかなり好きな感じに仕上がりましたが、人によっては好き嫌いがわかれるかもしれません。

12:51 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007/03/13

フライパン手作りミートソースの夕飯

ミートソース

わいわい市で大量のトマトを買いました。

気合をいれてトマトソース作りです。私のトマトソースは大量の野菜をいれるので、これをトマトソースといっていいのか疑問なのですが・・・。ただこれを使うとなんだかどれもあったかい味わいになるので私個人的にはとっても気に入っているソースです。まだハウス栽培のもので作っているので、味が濃くなる夏がほんとうに待ち遠しいです(気が早い?)

作りたてのソースを使ってミートソースを作りました。お肉は「みーとはうす・KANEKO」のひき肉です。
ぐつぐつ2時間ほど煮込んだでしょうか、とってもジューシーなソースができあがりました。手間隙はかかってしまいますが、やっぱりここまで手をかけるとおいしくも感じます。

この日のおかずは、プチベールを軽くゆでたものにオリーブオイルをあわせたマリネとキャベツの千切りサラダ。
そしてパンは、ブノワトンのバゲット。ソースを作っている間に作っておいた副菜たちです。

ブノワトン

ブノワトン、月に1度か2度ほど伺うのですがいつも本当にいっぱいですね。クロワッサンは予約をしないと出会うことができなくなりました。そのため最近すっかりご無沙汰です・・・(いつも突然思い立つので)

でも残念と引き下がるわけではなく、大量にパンを買ってしまう私。
この日買ったパンのなかで美味しかったのは、スモークチーズが入ったパン。少しトーストすると、スモークのいい香りがプワ~ン。美味しいチーズを使っているのでしょうね。お惣菜系のパン、あまり買うことがないのですがいろいろ試してみようかしら。何かおすすめあれば教えてください!

そういえば最近気になるお店がひとつ。
ブノワトンでチーフをしていた方が千葉にひらいているというLe Coeur(ルクール)というお店。
なんだか最近ちらちらブログで取り上げられているのを見かけます。うーん、このお店いってみたいなぁ。ツオップと一緒に千葉パンツアーいきたいなぁ。

春の房総ドライブなどとからめていくのもいいかもですね。

12:38 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2007/01/10

フライパン納豆パスタ初体験

納豆パスタ

先日の「発掘あるある大辞典」で特集されていた納豆。

その1 1日2パック食べる。
その2 朝と晩に1パックをたべる。
その3 食べる前によくかき混ぜ、20分置いてから食べる。

という3つの法則を守ると、やせる(!)とのこと。きっと今日のスーパーでの納豆売り場は売り切れ続出だったのかしら。。。kizasiで「納豆」と検索してみると、あるある効果らしい言葉が並びブログエントリーも急増していますね。

その流行にのってではありませんが、(今更ですが)納豆パスタです。実はここ最近まで口にしたことがありませんでした、なのでこちら初!。だって、どう考えても美味しそうではないじゃありませんか・・・。

しかしスタッフで納豆パスタにすっかりはまって朝から作っちゃったとかいう人がいて、さらに確かにわかるーと共感する人もいて・・・これはちゃんと作ってみようかと思い初チャレンジしたのです。

作ったレシピは、レシピ 納豆スパ by monemaruku。フワフワ加減がなんだか美味しそう。そしてつくれぽもいっぱいだし。

入れる材料は冷蔵庫をあけるとでてくるものばかり。あっという間にできあがりました。
そしてドキドキの試食タイム。あれ?フワフワで美味しい。ねばねば加減とふわふわ加減がいい具合です。明太子パスタをはじめて食べたときに感じたような新しさと同じくらいおどろきでした。

そしてパスタが普通の家庭のおうちおかずとして成り立っているというなんだか嬉しい気持ちになりました。(大袈裟なようで本当の気持ち)

しばらくこれ、はまっちゃいそう。

01:02 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (12) | トラックバック

2006/12/02

フライパン揚げ干し茄子のっけ明太子パスタ

めんたいこパスタ

ふと野菜室をみるとちょっと干からびた野菜。そんな野菜にしてしまった自分をちょっと責めてみたり、なんてことがたまにあります。

ということで、できるだけそんな悲しいことにならないように野菜を買ったとき、どの野菜はどう使おうかとなるべく考えてから野菜室にいれるようにするようにしています。

先日「ばーさんがじーさんに作る食卓」の中で紹介されていた「干し茄子」それを揚げたり、煮たり、オイル漬けにしたりとそして冷凍保存までできちゃうというものです。2日ほど輪切りにしたものを干しておくだけのものですので、私も最近はたくさんなすがあるとまず干し茄子をつくっておこうというかんじです。

干し茄子をつかって、いつもの明太子パスタがちょっとお洒落に変身させてみました。これは干し茄子を素揚げしたものをのせただけですが・・・。茄子を水にさらしたりなどといった下準備がいらないので楽チンでした。

茄子に限らず野菜を干すって昔からあることらしいですね。そして日本だけではなく海外でもよくされていることらしい。人気お料理研究家の有元葉子先生も少し前に干し野菜についての本が出版されています。

干し大根

ちなみに干すと味が凝縮しうまみが強く、なんだか野菜が甘くなる気がします。
なんだか新しい野菜の味に出会えるから、ちょっと得した気分。干す時間は1日から2日くらいでばっちり。今の時期は空気も乾燥してますからね、ちょうどいい季節かも。

今は大根を干しています。干したばかりの様子の写真。ベランダで2日位干したあとに煮物にしようかと思ってます。これはどんな味わいになるかはまたご報告しますね。切干大根のような味わいになったらなぁという希望はもっていますが、そこまでいかないかなぁという思いもあったり。まずはチャレンジです。

上記に紹介されたブログは先日本になりました!これは必見ですね。早速注文しちゃいました。

4062136872いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓
岡西 克明 岡西 松子
講談社 2006-11-02

by G-Tools

10:51 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006/11/17

フライパンフィリップ・バカレのボジョレー

自然派ワイン


昨日ボジョレーヌーボー解禁。お祭り大好きなミーハーな私、仕事帰りの新宿小田急百貨店に閉店ぎりぎりにすべりこみセーフでボジョレー買いました。閉店間際だというのに百貨店のワイン売り場はまるでバーゲンのように人がいっぱい。私と同じミーハー仲間がいっぱいです。

たくさんある中で、私がほしかったのは、BIO、オーガニックつまり無農薬でつくられた葡萄をつかったワイン。フランスでは、今BIOブームということで、その流れが日本にもきているようで多くの商品がありました。雑誌などでもBIOはよくみかけますしね。そうしてお店にいらっしゃったソムリエの方に相談し勧められたのは、「フィリップ・バカレ」のボジョレー。たくさん並ぶボジョレーの中ではお値段もちょっと高めでしたが、迷わず購入。

いろいろ調べてみるとこんな記述が。

実は彼は、誰もが知っている世界最高級ワイン「ロマネコンティ」を造っている会社DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)社から、ロマネコンティの最高の名誉である「ロマネコンティの醸造長」就任を依頼されたにも関わらず、あっさりと断ってしまったという逸話を持つ、伝説の男なんです。

なんだかすごい人みたいですね、知らなかった。。。そして肝心なお味ですが、色は少しうすめですが、味わいはとくにうすさは感じられないフレッシュな味わい、とても美味しくいただけました。

フィリップ・バカレ
そうして買い物し1時間半から2時間かかって、家につくと22時近く。ぱぱっとできる料理として作り置きしてあったトマトソースにツナとほうれん草をいれてパスタを。茹で時間で準備ができるソースを週末に作っておいたのがここで大活躍。20分くらいでできあがり!我ながら早い。

会社の近くにある、最近いろいろ雑誌などでも取り上げられることが多い「ブーランジュリー ラ・セゾン」のバゲッドをそえて。こちらのお店のパン、なかなか扱いにくいといわれる、フランス産の小麦を使っています。とってももちっとしていて美味しい。平日の夜からまったりワインなんて贅沢な時間。

みなさんも、ボジョレー楽しみましたか?

12:02 午前 [普通の日記, 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006/11/16

フライパンジェノベーゼ

ジェノベーゼ

おうちで作るパスタ、パスタレストランで食べるときに食べるパスタ、イタリアンレストランで食べるときのパスタ、カフェで食べるパスタ。なぜか微妙に違ってます。
別に意識しているわけではないのですが、気がつくと。。。というかんじです。

おうちで作るパスタはやはり「早い」「簡単」。仕事などで帰りが遅くなっているとき、お湯を沸かし、パスタをゆでる時間にすべて準備ができるもの。作りおきしてあるソースなどは大活躍です。ということで、ジェノベーゼはかなりの頻度で我が家の食卓に登場します。ときにはフレッシュトマトをいれたり、ほうれん草をいれたりちょこちょこっとアレンジすることも多々。

美味しいのですが、やはり作りおきのソースって酸化しやすいのか色が黒いのが気になります。味としてはあまり変わらないのだけど。これってなんでしょうね。オイルはたっぷりいれてはいるのですが、茹で上がったパスタとからめる間にまた黒くなってしまいます。

以前つくったジェノベーゼはなぜか酸化はそれほどせず。うーん、なんででしょう。グーグルでいろいろなワードを駆使して検索しても理由はでてこない。味はおいしいけど、やっぱり見た目も大切だし、なんとか解明したいなぁ。

ちなみに、最近よくブログにも登場しているこのお気に入りのお皿はROYAL COPENHAGEN のUrsulaシリーズのもの。色の具合、深さ加減がちょうどよくて、スープ、パスタなんでも使えるのでかなり重宝しています。今我が家に2枚ありますが、お財布をみながらもう少しそろえていきたいなぁと思ってます。

12:37 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック

2006/11/01

フライパンビオファームまつき ごろごろ野菜のペンネ

ごろごろ野菜のペンネ

前回のおとりよせに引き続き(その時の日記)またまたまつきさんからお野菜を。今回もたっぷりのお野菜が届きました。
野菜をみながら何を作ろうか眺めること10分ほど。結局何も決まらないままお野菜を洗いサイコロに刻んでみました。そして作りおきのトマトソースと一緒にぐつぐつ。夏に作ったトマトソースもそろそろ終わりです。先日紹介したパンチェッタも一緒にいれて。ペンネとからめたパスタの完成。
大根も一緒にいれてみたのですが、意外にいけますね。辛味のある大根が一気に甘くなりました。

上には葉にんじんの葉を刻んで。こうすると一気に美味しそう~。ディエーチのパスタにかかっていたパセリを思い出してグリーンをたっぷりかけてみました。にんじんの葉は苦味があるので、かけすぎには注意。

ごろごろ野菜のペンネ

まつきさんの本にでている「大根と葉っぱの梅おかかあえ」をそえて。とてもしゃきしゃきして美味しい。

ビオファームまつきさん

この日とどいたのは・・・
さつまいも、いんげん、葱、大浦ごぼう、むかご、大根、コカブ、ニンニク、葉にんじん、そしてちょっとおまけつき(まつきさんありがとう)の玉ねぎ、マスタード、大和芋。これだけ食べれるかなぁと思ったのですが、ちゃんときれいに食べてしまいました。少しずつまた紹介していきますね。

そしてちょうどご近所のいいじまさんのお野菜もスタートというご連絡。しばらく野菜まみれな嬉しい生活が続きそうです。

■まつきさんのお野菜をはじめ、あたたかい農家の方がつくられたお野菜は、「やさい暮らし」HPで購入することができます。

■ビオファームまつきさんHPはこちら

「ビオファームまつき」の野菜レシピ図鑑
「ビオファームまつき」の野菜レシピ図鑑松木 一浩

学習研究社 2005-12
売り上げランキング : 124947


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12:02 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006/10/03

フライパンファルファーレのラグーソース

ファルファーレのラグーソース

先日築地にでかけたとき(その日の日記)、少し傷もので安売りをしていたトマト。たくさん買ったので贅沢にもフレッシュトマトソースを作りました。
湯むきしたトマト、トマト缶、にんにく、玉ねぎ、セロリ、にんじんをいれてじっくり煮込んでソースを作ります。生のトマトだけでもいいですが、やはり日本のトマトはソースにするには少し味が弱いようでトマト缶も一緒にいれて煮混みました。
たっぷりできたソースは、冷凍パックにいれて冷凍庫へ。大体カップ1を目安に小分けにして冷凍すると料理の際に便利。

この日はそれを利用してラグーソース(ミートソース)を作りました。ソース自体に味わいがあるのでひき肉を炒めて、ソースを入れてプラスたっぷりの赤ワインを入れて煮こみ1時間。簡単に深みがあるミートソースができました。

パスタはファルファーレ。とっても可愛いですね。最近ロングパスタよりもショートパスタのほうが日常的に使うようになりました。なんといってもロングほど茹で時間が気にならないことが大きな理由かも(本来はちゃんと茹で時間も気にしなきゃだめでしょうけど・・・)。ペンネ、ファルファーレ、フジッリこれは我が家には必ずストックしてあります。

おろしたてのたっぷりのパルメザンチーズ、そしてこの日は最近お昼の散歩コースとなっているルヴァンのパンを添えて。やっぱりルヴァンのパンはおいしいな、お食事にあわせると魅力がアップするように感じます。

(参考)
・アルポルト片岡シェフから教わったミートソースのコツ

12:02 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006/09/06

フライパンプリティトマトの冷製パスタ

プリティトマト

少し涼しくなったかと思ったら、なんだかまた暑さが戻ってきているようですね。
まだまだ冷たいおかずは大活躍です。

プリティトマト」名前を聞いただけでも可愛い!そんなトマトをお取り寄せ。プリッとしまっているこのトマト、プチトマトほど甘くなくだけどトマトの味わいがぎゅっと詰まった味です。お取り寄せしたオイシックスのサイトによるとビタミンCは普通の2倍だそうです。

何に使おうかなと考えたあげく、冷製パスタを作りました。パスタは一緒にお取り寄せした生パスタのバミセリ。実は市販の生パスタを使うのは私は始めて。あっという間に茹で上がるのですね(3分)。ただ慣れていない私、少し茹で具合にムラができてしまいました。うーん初めての食材は難しいですね。

前日の夜作りおきしてあった、玉ねぎオイル漬け(薄切りした玉ねぎとオリーブオイル、りんご酢、はちみつ)をベースに、にんにく、湯むきしたプリティトマトをいれてあっという間にできあがりました。

MARFUGA

今回使ったオリーブオイル、オフィスのスタッフから結婚お祝いにもらったウンブリアで生産されたあの「MARFUGA」のエクストラバージンオイル。そう、有元葉子先生が大絶賛しているオイルです(有元先生の公式サイトでも販売されています)。美味しい食材を使うならと、贅沢にパスタに使ってしまいました。

おかげで、おうちパスタにも関わらず大成功!オイルの少しスパイシーな香りとぎゅっとつまったトマトの味わいです。

Pretty3

少しあまったプリティトマトは、シーザーサラダ風野菜サラダ。食べやすくすべて一口大に切りました。残りもの野菜もこれで少しおしゃれに変身かな。

Olive Bar―有元葉子のオリーヴオイルレシピ
Olive Bar―有元葉子のオリーヴオイルレシピ有元 葉子

ソニーマガジンズ 2006-06
売り上げランキング : 41070


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12:02 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006/08/30

フライパン男のお料理その3 ~ハモンイベリコベジョータピザ~

Handmadepizza

カレーしめ鯖に、次は初粉ものにトライです。
粉ものは私の十八番なので、あまりうまくできすぎると嫌だなあと思いつつも、もしはまってくれると一緒にパンなどが作れるかなぁと思っていました。

粉もの名人の男性といえば、おいしい*たのしい湘南生活、LunitaさんのスイートダーリンTOTO。前回の男の料理教室では花巻を作ってきてくれました。そこにいくにはまだまだたくさんのハードルがありますけどねーー。

今回作ったのはピザ。私が最近購入した本に掲載されているレシピを使って生地をコネコネ。そして出来上がったのは「ハモンイベリコ・ベジョータピザ」です。そうです、6月の結婚式のときにでたアレ。残った足を持ち帰り冷凍したハムを贅沢にピザにのせてしまいました。他にパプリカ、たまねぎ、モッツアレラチーズ、パルメザンチーズ、チェダーチーズをのせてあります。
もちろんお味は最高。かなりセレブ気分が味わえるピザです。これ買ったらいくらなんだろうねーと考えるだけでニヤニヤ。変な夫婦です。

Handmadepizza2

そして、こちらは野菜のピザ。赤ピーマン、なす、ズッキーニ、玉ねぎ、黒オリーブ、そしてモッツアレラチーズにパルメザンチーズ。黒オリーブの味わいがとてもおしゃれです。ピザ生地は水分が少ないフランスパンの生地にちかいものなので、カリッとしてだけどふんわり美味しい生地でした。

Handmadepizza3

黙々こねてのばして、のせて焼く。結構見ている感じでは楽しそう。意外に簡単だねーと得意げです。もしかしたら、これは期待どおりはまってくれるかも??

最近、男のお料理はモテワードですよね。彼も会社で「俺、週末ピザつくったんだよねー」って自慢しているのでしょうか(笑)?
いずれにせよ、女性にとってはいい時代です。

粉から作るパスタとイタリアパン―楽しく作っておいしく食べる
粉から作るパスタとイタリアパン―楽しく作っておいしく食べる北村 光世

おすすめ平均
starsレシピたくさん
starsイタリアのパスタとパンがわかる
starsパスタも、パンも、とにかく最高です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

08:01 午前 [お料理教室, 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2006/08/22

フライパントマトのコンポート

トマトのコンポート

本当に暑いですね。
仕事で外にでていることが多い私は、さすがに素足でサンダルでお客さんのところへ行くわけにも行かず暑いなぁと思いながら、泣く泣くストッキングをはいてパンプスを履いています。ただ男性のスーツに比べたらまだまだ救いがありますね。

おかげで平日はすっかり食欲が落ちてしまい、夕飯にもさっぱり料理ばかり作っているような気がします。
この日作ったのは、小さなトマトを使って トマトのコンポート by Bluebirdを作りました。
サラダのようなデザートのような、仕事から帰ってから冷たいお水とこのコンポートをまず一口。ほっとした気分になります。

この時期、トマトは冷蔵庫の常連さんで一日1個は食べているかもしれないというほどトマトが食卓にならびます。本当は体を冷やすものらしいので食べすぎはよくないようですね。

納豆うどん

先日、少し熟れていたトマトを納豆などとあえて 夏にもりもり、とろとろ納豆うどんを作りました。トマトととろとろ系って意外にあうかも!そんな新しい発見がありました。

夏のこの季節、まだまだトマト食べつくします!

12:30 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006/07/24

フライパントマトとバジルの冷たいパスタ

トマトとバジルの冷たいパスタ

ここ最近のことではないでしょうか、トマトのたくさんの種類に驚きます。特に百貨店の野菜売り場にいくと、いろいろな産地のそしていろいろな名前がついたトマトでコーナーができていて見ているだけで飽きません。

フルーツトマトは少し高いですが一番使う機会が多い種類です。朝ごはんなどで、切ったままそのままフルーツ感覚で食卓に並べます。いいじまさんからのお届けトマトは、ぐんと冷やしてバジルをのせてオリーブオイルをたらり。この季節はほぼ毎日食べているかも。

朝、出勤前。湯むきしてざくぎりにしたトマトとバジル、オリーブオイル、にんにく、ビネガー、塩、こしょうをボールにいれて仕事に出かけます。
仕事を終えて、家に帰ってすることはカッペリーニをゆでてキュキュっと冷やして朝準備したソースで和えます。
あとは、パンとピクルスをそえれば完成です。オリーブオイルの味やトマトの味によって違いますが、レシピがありますのでよかったらご参考ください。

この中にツナもいれてもいいし、パンチがほしければガーリックやアンチョビなども入れてもいいかもしれませんね。

12:02 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006/06/21

フライパンツナ缶となめたけを使ったパスタ

ツナ缶となめたけを使ったパスタ

9日に発売した「100万人が選んだ大絶賛パスタ」おかげさまで好調な売り上げだとのこと。クックパッドにもたくさんのメッセージが寄せられて嬉しい限りです。

この本の撮影のときの話しです。カメラマンが撮影したあと、スタッフでそのパスタを食べていたのですが、スタッフが思うお気に入りがそれぞれ違っていて面白かったです。そんなような感じで、あれがいい、これがいいと話していたことが後の編集などに役にたったようです。
ちなみに私が美味しいと思ったのは、比較的シンプルなものが多かったです。先日ご紹介したパスタもそう、そして今回ご紹介するパスタもシンプル。

なめたけとツナ缶を使ったパスタ。ツナとなめたけって意外な組み合わせですが、なぜか相性があうのですね。もしかしたら定番な組み合わせなのかもしれませんが私は新しい発見でした。これってイタリアンレストランでは食べれないですよね。我が家の味!という感じ。

材料を見るとコンビニエンスストアで手に入る材料でできてしまいます。冷蔵庫に何もない!スーパー閉まってる!というときでも近くにコンビニがあればできちゃうパスタですし(最近夜が遅い私にぴったり?)

このパスタの作者さんコメントを拝見すると娘婿さんが大好きなパスタとありました。おばぁちゃんがこうやってパスタを作っている様子、想像しただけであったかい気持ちになります。

(お知らせ)
親友である、みよちゃんがメインパーソナリティをつとめるNACK5「Nack On Town」になんと本日ほーんの少しですが登場させてもらうことになりました。今回の本のことお話ししたいと思います。もしお時間あるあればお聞きくださいませ。

100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD

角川SSコミュニケーションズ 2006-06
売り上げランキング : 9637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12:21 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006/06/08

フライパン100万人が選んだ 大絶賛パスタ

大絶賛パスタ

出版が決まったのは5ヶ月前。それから本のコンセプト作りからレシピ選び、撮影ともろもろ取り組んでいた本がようやく完成し、会社に届きました。
苦手な料理というと「パスタ」だった私が、クックパッドの人気レシピをたくさん試作し、憧れの片岡シェフにお話を伺う機会をもち(そのときの日記はこちら)、社内そして社外の素晴らしいスタッフと最高の仕事をし、感動体験を通じて、一気に「パスタ好き」になりました。

ブログを見てくださっている方はご存知かとおもいますが、ここ数ヶ月のパスタエントリーの多いこと(笑)本当に我ながら笑ってしまいます。

写真は、表紙に掲載されているパスタを自宅で作ったもの。こちらのパスタは、簡単でとても美味しい。裏話なのですが、撮影のときにスタッフが「美味しい!!」と完食してしまった(このときに既に何皿ものパスタを試作していたにも関わらず)レシピです。かなりおすすめ。

大絶賛

そんな魂のこもった本がようやく完成しました。表紙をみてうれしい。裏づけをみると名前もばっちり、恥ずかしけどうれしい。中をペラペラめくってまたうれしい。うれしいづくめです。
発売日は9日です。書店に並んでいる姿をみかけたらぜひ手に取ってみて感想教えてくださいね。
専用ブログも立ち上げました。もしかしたら時々(まれに?)書く日もあるかもです。本をつくるちょっとした裏話や本にまつわる素敵な話しを綴っていこうと思います。

100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD

角川SSコミュニケーションズ 2006-06
売り上げランキング : 9637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12:02 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック

2006/06/06

フライパンジェノベーゼ

ジェノベーゼ

うちのバジルがたくさんとれたのでジェノベーゼソースを作りました!といいたいとこですが、先日うちのハーブが虫にやられてしまい一部枯れてしまい只今ハーブプランターは悲しい状態になっています。ついほったらかしにしていたためでしょうか?本当に悲しいことです。

今回のバジルはスーパーでたくさん安く売られていたもので作ったもの。市販のジェノベーゼソースを使ってもいいのですが、やはりかおりや味わいは手作りにはかないません。フードプロセッサーで回すだけでできちゃうので、常備ソースとして冷蔵庫にいつも入っています。
週末のパーティにむけてそろそろ大詰め。ちょっとした細かいことがたくさんあって最近は仕事から帰ってからこまこま作業をする毎日。おかげで睡眠時間はほんと4時間を切ってしまっています。ドレスの最終フィッティングに行ったときに「痩せる人が多いので気をつけてください」といわれたのはこれなのでしょうね。気をつけなきゃ。

家に帰って、すぐにできるパスタは本当に便利です。ジェノベーゼはゆでたパスタにソースをからませるだけなので、すごーく簡単です。この日はちょうどいつものバリラのパスタを切らしていたので、ディチェコの少し太めのものを使っています。
上にはにんじんの葉をきざんだものをのせています。

お腹いっぱい!よし、今からまだやることがいっぱい。

12:12 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006/05/30

フライパンフレッシュトマトソースのパスタ

フレッシュトマトソースのパスタ

ここ数ヶ月のパスタ修行(?)のおかげで、「パスタ苦手」→「パスタ大好き」に変わりつつあります。実は今回のパスタ修行の影には、仕事でパスタにどっぷり漬からざるを得なかったという現実的な理由があったのでした(笑)。この話についてはまたゆっくりと少しずつお話していこうと思います。

そんなかんだで最近は週に1回くらいはパスタを作っています。今回は週末に届く、いいじまさんのお届け野菜の中にあったトマトを使ったトマトソース。もったいないなーと思いつつ大胆にまるごとざくざく。まず、にんじん、セロリ、にんにく、玉ねぎをみじんぎりしてじっくり炒めます。その後に湯むきしたフレッシュのトマトを入れて、コンソメ、塩コショウ、ローリエ、ローズマリー、白ワインをいれてぐつぐつ2時間位煮込みます。最初は味気ないとおもったソースが煮込めば煮込むほど味わいがでてきます。水気がなくなれば水を少しずつさします。味見をする度に、味が濃くなり違いがよくわかります。市販のトマトソースほど味は濃くないですが、日本のトマトらしいうまみがギュっとつまっていて手作りしたなーって思うやさしい美味しさが楽しめます。

ディチェコのフィットチーネとあわせて、シンプルトマトパスタ。上にはたっぷりのパルメザンチーズをかけていただきます。今回はほんとシンプルですが、この中に魚介類をいれたり、お野菜を入れたりといろいろアレンジができそうです。

写真を撮り忘れたのですが、翌日はレタスとズッキーニ、そしてあったかご飯をまぜたものをいただきました。美味しいソースはご飯でもパスタでも万能に使えますね。

今年の夏はたっぷり、トマトソース作らなきゃ!

12:06 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック

2006/05/22

フライパンお誕生日おめでとう!

苺と生クリームたっぷりのケーキ

お誕生日のケーキ、何がいい?と聞くと「やっぱり苺と生クリームたっぷりのケーキ」という答えが返ってきました。実は私の父親、ケーキというと決まって「ショートケーキ」でしたので、なんだかちょっと似ているなぁと思わず笑ってしまいました。

あまりスポンジケーキは焼かないので、いざ!というと結構緊張してしまいます。レシピを検索して見つけたのは、スポンジケーキカテゴリーでアクセス上位の「絶対膨らむ☆しっとりふわふわスポンジ」。共立てなのにフワフワという言葉、めんどくさがりやな私にぴったりです。そしてレシピ通り、フワフワで綺麗に膨らんだスポンジができました。
苺を間にはさんで、すこしゆるめにホイップした生クリームを上からタラリ。苺をのせてできあがり。クッキーにチョコレートでメッセージを書いて完成です。

「Happy birth day to you ♪~」
本当はろうそくが沢山いるのですけど(笑)5本に省略。ふっと消す瞬間、なんだか幸せな気持ちになりますね。昨年は苺タルト(昨年の日記)を焼いたのですが、なんだかついこの前のような気がします。

ミートソースのペンネ

この日、他のおかずは「ミートソースのペンネ」、そして「たことじゃがいものアンチョビ炒め」です。このレシピは、先日「男の料理教室」で彼が鎌田さんから習ったレシピ。とても美味しかったのでレシピをかりて作りました。フランスパンをそえれば、ちょっとしたディナーです。

仕事帰りが20時、そのあとのドタバタ準備でしたので本当はサラダくらい用意したかったのですが、今回はこれで許してね!

そしてお誕生日おめでとう!

おまけ、翌日のブランチは・・

ミートソースごはん

セロリ、ニンジン、ブロッコリー(芯)を加えてミートソースごはん(変なネーミングですね)。

12:02 午前 [手作りスイーツ(ケーキ), 毎日のおかず(お肉料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック

2006/04/21

フライパンアルポルト片岡シェフから教わったミートソース

ミートソース

先日のエントリーで書きましたが、アルポルトの片岡シェフとお仕事する機会がありました。その時に夢のような話ですが、厨房にお邪魔させていただき目の前で片岡シェフがお料理をするシーンを見ることができました。
パスタを作る姿にはなんらかしらのリズムがあり、それが伝わってきて見ているだけなのにすごく楽しい気分に。さすがカリスマシェフ!

そこで作っていた料理の一つがミートソース。使う材料は、私が普段使うものと一緒。なのに味わいが全く違うのは何だろうとまばたきもせずじーーっと眺めていました。
いろいろな発見があったのですが、一番私の今までの作り方と違っていたのはひき肉を炒めるというプロセス。私はお肉が色が変わるくらいに軽く炒めていたのですが、シェフは弱火でじっくり色が変わり、肉汁がたっぷりでるまでしっかりしっかり炒めていました。これがやはり大きく味を左右するとのことでした。そしてあとはじっくり煮込むこと。シェフは4時間煮込むとのことでした。

そんな教えを受けて、早速おうちでチャレンジ。玉ねぎは10分炒め、もちろんお肉はかなりしっかり炒めます。その後量は少し少なめなので3時間煮込みました。そしてフィットチーネでいただきまーす。

・・・全然味わいが違います。少しプロっぽい(笑)深みのある味わいになりました。ほんのちょっとしたコツでこんなにも変わるって料理ってすごいですね。
手間をかけたミートソースは2日でなくなってしまいました。ストック用にもっとたくさん作ればよかったなぁ。

※追記 クックパッドにレシピをアップしました

12:03 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック

2006/03/30

フライパン菜の花と生ハムのパスタ

菜の花と生ハムのパスタ

※ココログが仕様変更をおこない、コメントの入力方法などが変わりました。いろいろお手数おかけいたしますが。よろしくお願いいたします。あと少し不安定な閲覧環境となっていることお詫びします。

しつこくパスタです。
昨年秋にでかけたスペイン旅行で買ってきた「ハモンイベリコ」。いろいろな方へのお土産にと買ってきたもののロストバゲッジでリュックの中にいれたまま1週間。腐ったりしてたりとか少し心配だなぁとお土産はやめにして、冷蔵庫にいれたままとなっていました。
先日冷蔵庫をみると、まもなく賞味期限。捨てるのはもったいないと、おそるおそるちょこっと食べてみるとあの最高の美味しさとはいえないもののまだ食べれそうなかんじ。贅沢にパスタに使ってみました。

ベースはペペロンチーノ。菜の花はパスタと一緒にゆでて、一緒にあえます。仕上げに生ハムとイタリアンパセリを少々。とても春らしいパスタの完成です。にんにくは鹿児島のものを使っているのでホクホク、そしていいガーリックオイルができました。実はペペロンチーノは、この1ヵ月で何度作ったでしょうか。一番難しいのがにんにくオイルを作るところ、つい焦がしてしまうのです。
今回はいい具合にキツネ色。そのため美味しいソースができたように思えます。

「湘南くいだおれー」で少し前にご紹介されていた「ドライトマトと菜の花のパスタ 」。生ハムではなくドライトマトを使うのも、いいですね。次はこれにチャレンジかしら。

12:36 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006/03/24

フライパンあさりのスパゲッティ

あさりのスパゲッティ

パスタ研究も何週目に突入?少しずつですが、少しずつコツがつかめてきました。

本を見てお菓子を作る時、1グラムも間違えずそして手順もあまりアレンジせず作るのですが、お料理などは割りとざーっと見てそのまま作業に入ってしまう。パスタはなおさらでした。
それをここ数週間はせず、じっくり本を見ながらパスタを作っています。食べた後メモ帳に次はこうしようとかいった、食べた感想、作った感想をメモして次につくるときは、まずそのメモをみる。そんなことを地道にやっていました。これは結構楽しく、パスタ作りが本当に楽しくなってきました。

今回はあさりのスパゲッティです。あさりの香りをぎゅぎゅっと閉じ込めました。あさりは硬くならないように、殻が開いたあとに取り出すことがポイント。こうしたので、いただくときはあさりはプルプル。大成功です。

ここ最近パスタを、落合シェフの本でお勧めしていた「バリラ」に変更。このパスタ、コシがあるので、アルデンテも作りやすいような気がします。こうやって、いろいろこだわりが出てくるのかと思うと、少し怖いような楽しみなような。。。

12:53 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック

2006/03/19

フライパンニョッキのホットサラダ

ニョッキのホットサラダ

イタリアンブーム。まだまだ続きます(すみません)ロングパスタではなく、今回はニョッキです。実はイタリア料理を食べにいき、コースなどでチョイスする場合にはニョッキを選ぶことが多いのです。「めずらしいねぇ」とよくいわれますが、みなさんどうですか?モチモチした感じが好きなんですよね。

今回のニョッキは、いつものニョッキとは少し違ってたくさんのパルメザンチーズをたっぷりいれました。そのため特にソースに凝らなくても、そのままで美味しい。今回はゆでたてのキャベツの上にのせて、摩り下ろしたチーズとあらびきこしょう。シンプルな味付けです。とても美味しいですよ。

ちなみに、ニョッキの成型。いつもは丸くまるめて指でつぶしたあとフォークで筋をつけます。本当は、くるんとなったニョッキがいいのですが中々うまくできません。(例えばこのサイトで紹介されているような形)2、3個はできるのですが、しばらくするとめんどくさくなってくるのですよね、つまり根気がないだけですが。。。

12:06 午後 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (13) | トラックバック

2006/03/09

フライパンパスタ盛り付け大研究!

カルボナーラ
先日エントリーした日記の中で「パスタの盛り付けがうまくいかない」という記事をかいたところ、多くのみなさんのメッセージをいただきました。塩加減、盛り付け方、オリーブオイル。ありがとうございました。

ここまでメッセージをいただいた限りは(?)なんとか上達しなければということで、またまたパスタエントリーです。オリーブオイルはこじままさんからご紹介していただいた「diSANT'ERAMO」のもの。偶然近くのショッピングセンターで見つけました。
レシピは、トマトソースベースのカルボナーラです。とにかくスピード重視。そしてすばやく盛り付け。これほど料理に集中したのは久しぶりというくらい真剣に作りました。
お皿への盛り付け、こちらはののさんのアドバイスから、大き目のフォークを使って巻き巻き。ちゃんとお尻がすぼまってお皿に盛り付けられました。

あわてて写真をとって、いただきまーす。美味しい!珍しく我ながら美味しいと思うパスタです。アドバイスくださったみなさま、本当にありがとうございます。

パスタは集中力!今日の気づきです。そして私のイタリアンブームはまだまだ続きます。

12:19 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006/02/27

フライパン冷たいパスタブーム

梅干しとオリーブオイル

何度かこのブログでも書いているのですが、実は苦手料理のひとつがパスタです。なんだかしっくりくる「うまーい!」と言いたくなるパスタが見つからない。

負けず嫌いな私、そんな理由でここ数ヶ月くらい意識的にパスタを作るようにして試行錯誤中。ようやくここ最近少しずつ塩加減、アルデンテ加減がわかってきたような。。。(まだまだですけど)やっぱりトライアンドエラーなんでしょうか。

その中で最近はまっているのが冷たいパスタ。この寒いときにどうかと思う方もいそうですが。
写真は梅干しとオリーブオイルでつくったソースで絡めた冷たいパスタ。上にのせた大根おろしでさっぱりといただきます。これは久しぶりに大成功のパスタです。和風だけど和風過ぎず爽やかなイタリアンともとれる味です。冷たいパスタは少しゆですぎなところであげて、冷水でキュキュっとひきしめます。細めのパスタがいいですね。


生ハムと青しその冷たいパスタ

こちらは、生ハムと青しその冷たいパスタ。にんにくがきいているので、冷たいパスタなのであっさりしてそうでパンチがある味わいです。ただ生ハムは少し安いものをつかったので塩味が少しゆるい気がしました。やっぱりこういうパスタは美味しい素材を使わねばですね。

しかしパスタの盛り付け下手ですね、私。上のパスタはどうも上はねじねじになってるけど下はだらーとなってます。締りがなくなんだかだらしない。
どうやったら美味しく天盛りにパスタが盛れるのか、ご存知の方教えて下さい。。。トングの使い方かしら。

12:02 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (16) | トラックバック

2006/02/07

フライパン玉ねぎソース

玉ねぎソース

昨日に引き続き、原弘美さんのレシピ本「野菜ひとつでできること」のレシピです。
玉ねぎ、にんにくをアルミホイルで包んでオーブンで焼くこと1時間近く。すっかりこんがり焼きあがったものに、オリーブオイル、塩、こしょうを入れ、そしてワインをいれてガーっとまわします。本ではワインを白を使っているのですが、冷蔵庫にはあいにく白ワインがなく赤ワインで代用。
ポークソテーでも、お魚にかけてもなんでもオッケーのすごい濃厚なソースができあがりました。こういうソースができあがると、一気に料理上手になった気がするのは私だけかしら(笑)どう使いこなそうか、考えるのがとても楽しいですね。

ミートソース

早速作ったのはミートソース。ひき肉に、トマトソース缶、そして玉ねぎソースをいれて煮込みます。驚くほど、味わい深いソースができあがりました。パスタに関しては、いつも課題を抱えてしまう私ですが、今回は大成功!
作った玉ねぎソース、白ワインではなく赤ワインで煮込んだ偶然がよかったみたいですね。。

12:38 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック

2006/01/19

フライパンミモザパスタ

ミモザパスタ
暖かくなったり寒くなったりと変な天気が続きますが、みなさまお風邪などひいていませんか?私はとても元気ですが、いまだ正月ボケを引きずっておりなんだかしゃっきりしません。困りました。

今週は冷蔵庫の大掃除として「禁スーパー」とし、ストックしてあるお肉やお魚、そしてお野菜を使ってお料理をしています。私はつい本能のまま(!)にお買い物をしてしまうので、うっかりすると冷蔵庫が大変なことになってしまうのです。何人家族??というくらい冷蔵庫がいっぱい。

写真のパスタの作り方は。おろした大根に、ほうれん草ペーストをまぜます。その上にしらすをのせて、いり卵。ポン酢をかけていただく和風パスタです。まわりには庭にあるルッコラを飾りました。
ありものを全部いれてしまったので、名前だけは可愛く「ミモザパスタ」としましたがどうでしょう?ほうれん草ペーストをいれた大根おろし、想像以上に美味しかったです。バジルペーストでもいけますね、ぜひお試しください。

気持ちだけは、ちょっとだけ春気分です。

12:22 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (12) | トラックバック

2006/01/09

フライパンにんじんクリームのパスタ

にんじんクリームのパスタ

どうも正月明けからエンジンがかかりません。
朝も早く起きれないし、晩御飯もつい手抜きになってしまいます。いつも見ているブログのエントリーをみると、みなさまもう日常生活に戻られているようですのでボケてるのは私くらいなのね。。。これはちゃんとエンジンかけなきゃ!

昨年何度か紹介したにんじんペースト。我が家の冷蔵庫の常備菜になりました。そして気合も入ったことで今日は、今年の目標である「パスタの苦手克服」第一弾、クリームソースのパスタを作りました。生クリームと卵をつかったカルボナーラベースににんじんペーストを入れてあります。パスタは成城石井オリジナルのほうれん草の生パスタ。


にんじんクリームのパスタ

作ったソースを全部使ったのでクリームまみれになっていますね。お味はというと、少し塩味がたりなかったですが、手軽に作ったにしては上出来かなぁと思います。野菜をもう少しいれてもよかったかな?しかしちょこちょこ味見しながら作ったソースでレシピなどメモしなかったということが大きな失敗、次回また同じ味ができるかは。。。

12:06 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2005/12/03

フライパンルッコラ収穫!

ペペロンチーノ
10月終わりにはじめたミニ家庭菜園。第一弾ルッコラの収穫です。なかなか芽がでてくれないルッコラでしたが、芽がでてからはぐんぐん大きくなっていきました。毎朝仕事前に様子を見にいって様子をうかがうことをしていたので、たまに電車を1本のりすごしてしまったり。。というくらい愛情をこめて(?)育てました。

一緒に植えたイタリアンパセリはまだ芽は小さく、春菊はもう少しという感じです。写真はとれたてのイタリアンパセリをつかったパスタ。ペンネをつかったペペロンチーノの上にルッコラそしてパセリをのせるだけの簡単なものです。粉チーズと黒胡椒をたっぷりかけていただきます。美味しい野菜は何をしても美味しいのですね。私の手抜き料理も豪華な一品に変身しました。


ルッコラ

これが鉢の様子。自分でとれた野菜を食べるって、こんなに幸せにさせてくれるんだ!となんだか気恥ずかしいですが、そんな気持ちになりました。

12:46 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2005/09/15

フライパンCHIPPmamaのボロネーゼ

ボロネーゼ

ブログお友達のCHIPPmama。彼女のブログ内で紹介されていた「ボロネーゼ」があまりにおいしそうで気になっていたところ、もう一人のブログお友達のミミちゃんの日記の中でが紹介していました。

実は、3人ともお料理好きなところは一緒。各々のブログの中で、同じクッキーを作りあって紹介したりなど楽しい関係が続いています。

私もとても気になっていたこのパスタ、なんだか嗜好も似ているのかしら。
ということで、私もまねっこして作ってみました。赤ワインで牛肉を煮込むこと1時間、ことこと煮込む料理は、ゆったりと贅沢な気持ちになりますね。

そして出来上がったソース。なんだか今まで自分で作っていたものとは全く違う深みのあるものでした。パスタは最近使用頻度が高い全粒粉のパスタを使いました。少しナツメグをいれたので、風味も豊かです。

まだまだパスタに関しては、勉強することがいっぱい。でも少しずつ上手になってるような気がするのは私だけかなぁ。。

12:26 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005/07/20

フライパンフレッシュトマトのパスタ

tomatopasta
先日、ランチに伺った「イタリア食堂ディエーチ」。そこでいただいたフレッシュトマトのパスタがとても美味しくて、ふと気がつくと頭の中でぐるぐるパスタがまわる。こういう時が時々あります、それはずっと忘れちゃだめ、そんなサインなのかもしれないと思っています。 これは自分で作ってみるしかない!とチャレンジ。どんなものが入っていたかなと記憶をたどりながら。

お店でいただいたものは、トマトとモッツアレラチーズとシンプルな具です。私は、ちょうど冷蔵庫の中に使いさしの赤玉ねぎと、白まいたけがあったのでちょっとプラスしました。つい欲張ってなんでも入れちゃうので、すごい大盛りに仕上がってしまいました。
私チャーハンでもたくさん具を入れすぎてしまって、よく大盛りになってしまいます。シンプルイズベストとは分かっているのですが、このあたりで生活臭がでてしまうのでしょうか。

そして試食タイム。塩味のバランスも試行錯誤を重ねてようやく分かってきたので、今回はちょっと成功です。ただお店の味にはかないませんね。当たり前ですけど。

02:05 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2005/07/13

フライパン七種のきのこのパスタ

6種のきのこのパスタ
パスタ修行は続いています。そして今回は全粒粉のペンネでのパスタ。「ぶなしめじ」「ぶなぴー(白しめじ)」「まいたけ」「白まいたけ」「ブラウンマッシュルーム」「きのこ」「丹波しめじ」と七種のきのこを使っています。前にどこかのお店でこのようなパスタを食べたのでその味を思い出しながら。 みじん切りしたきのこをバターとオリーブオイルで炒めて、仕上げに生クリームをからめて少し煮込んでソースは完成。そこに茹で上がったペンネをいれて完成。上にはイタリアンパセリをのせて完成。みじん切りに手間がかかるくらいであとは簡単。バターとオリーブオイルの風味と凝縮されたきのこの旨みがなかなかいい感じ。いつも味気ない感じに仕上がるので、味見したときには少ししょっぱいかな?位でソースは仕上げたのが良かったのかしら。お店で食べたときにはたしかゴルゴンゾーラも一緒に煮込んであったような気がしますが、家用では仕上げにパルメザンチーズをパラりとあっさりめ。
マヨ胡麻和え
付け合せは、いんげん、金時草、ゴーヤのマヨ胡麻和え。少しマヨネーズの味が強いのでりんご酢を加えて少しゆるめにしてあります。お野菜は全部ゆでてあったので簡単にできました。

01:13 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2005/07/05

フライパンパスタ試行錯誤中

カルボナーラ
毎回納得がいかない料理の一つ「パスタ」。 茹で加減、塩加減、ソースとパスタの組み合わせ加減。何かやはりイタリアレストランのそれをは違う。もうこれは回数を重ねながら試行錯誤するしかないかしら 写真はカルボナーラ。美味しいハム屋さんで購入したパンチェッタも使い、落合シェフのレシピをしっかり読み込み作り、そこそこなのだけど、どうも違う。なんだろう。。そのなんだろうも判らないというのも辛いとこです。自分の好みのパスタというものもう少し研究もしなければです。
pasta2
そしてこれは、太いパスタをつかったトマトソース。トマトソースの段階では一人で満足していたのですが、パスタをいれると味が弱い。ふむ。

そんな試行錯誤をしている状態での写真をお見せするのもどうかなのですが、「トライアンドエラー」私の料理ってなかなかしっくりくるまで時間がかかるのです。

09:15 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2005/06/13

フライパントマト大好き!

20050613
週末にお野菜をたくさん届けてくれる、飯島さんのブログではトマトの育つ様子が書かれていました。それを見ながら「早く届かないかなぁ」と待つこと4ヶ月。先週からお届け野菜に登場し始めました。 写真をみて一目瞭然ですが、とても美しくとてもピカピカしています。スーパーで買うものとはコクが全く違います。まず丸かじりで1個ぺろり。
2005061302
贅沢だなぁと思いながら、トマトソースを作りました。市販のトマトソースに湯むきしたトマト、一緒に届いたズッキーニ、にんにく、玉ねぎをたっぷり入れて弱火で煮込むこと1時間。フレッシュでそして野菜の甘みがたっぷりのソースが出来上がり。あつあつのパスタにかけて週末のブランチ。幸せ!

03:36 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (7) | トラックバック

2005/03/19

フライパンかぼちゃのニョッキ チーズソース

2005031803
実は、イタリアンから久しく遠ざかっていたのですが、またじわじわと私の中でブームがきたようです。 そして今晩は、かぼちゃでニョッキを作りました。ソースは、パルメザンチーズと生クリームでささっとあわせたシンプルソースに胡椒をふったものです。ハードなパンもあわせるから、クリームはたっぷり。ニョッキって思ったより簡単なのですね、そしてアレンジのバリエーションもたくさんありそうです。
2005031804
イタリアンへ私をひきもどしたきっかけは、この「イル・パドリーノ」のほうれん草の自家製パスタ。なんともいえないモチモチ食感!まだまだここに至るには修行が必要ですけどね。

イル・パドリーノ
東京都品川区西五反田1-18-1 プレマ五反田ビル8F
tel:03-5437-0008


09:08 午前 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004/12/14

フライパンなつかしのお野菜パスタ

20041214
おうちで食べるパスタは、なつかしの味のパスタが最高。 この日電車の大混雑に酔ってしまって、なんだか食欲もないまま仕事から帰宅。そんなときでも、なぜかにおいに誘われて気がつくとつい食べてしまう、不思議な魔法は新鮮野菜、きゅうり、小松菜、にんじん。味付けにはベーコンをいれました。少し雑多なかんじな切り方ですが、ご愛嬌で許してね。 ちなみに、にんじんは土つきのものなのですが、ほんとうに甘くておいしい。フルーツみたいです。

12:12 午後 [毎日のおかず(野菜料理), 毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/11/11

フライパン茹ですぎくらいが最高なパスタ

20041110.jpg
そう、このナポリタンは特別なんです。麺は太め、そして茹ですぎくらいがちょうどいい。お肉ではなくてハムに限ります。 私はパスタは外で食べるものと思っていて、それは中々納得のいくものができないからなのですが、これは私でもおいしくできるんですよね。いろいろな野菜を千切りにして黒酢であえたサラダをそえて「グリルTAKAKO」なんて気分です。

11:57 午前 [毎日のおかず(麺、パスタ)] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック