« まだまだ挑戦 | トップページ | 久しぶりの湘南パーティ »

2009/07/23

フライパンベビ輪?

ベビーマッサージお友達

出産後里帰り中、お世話になった産婦人科で教えてもらったベビーマッサージ。言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつ。
生まれて1か月くらいのとき、夜中に起きて授乳のあとどうしても寝ないモモに軽くマッサージをしていました。暗闇の中薄暗い明りのなかで二人の静かな時間。ちょっとつらい気持ちになってた時、マッサージをしながら気持ちよさそうなモモの表情に癒されたことが何度もありました。

東京にもどり、ある日ふと近所でベビーマッサージをしているお教室を発見しさっそく予約。一度レッスンを受けたのですが、復習の意味も込めて。

産婦人科で習ったときは10名くらいのレッスンでしたが、こちらのお教室は少人数制なので5組。2回のレッスンを受ける間にすっかり仲良しになりました。
最近は表情も豊かになってきたので、マッサージをしていても気持ちよさそうなところ、反応が薄いところ、嫌がるところなどがよくわかるのがいいですね。ちなみにモモは名前が名前だけに(?)ふとももが大好きなようです。

自宅ではなかなかレッスンのときのように裸にしてゆっくりマッサージという時間はなかなかないので、おむつを替えた時とかに軽くマッサージしてあげることが多いですけどね。

写真はレッスン後一緒に参加したみんなでベビ輪(というらしいです)。もう胸がキュンとなりますよね。

ベビーマッサージお友達

レッスンを一緒にうけたお友達とメアド交換をして、その後も仲良く遊んでもらっています。近所にお友達がいなかっただけに、なんだかとっても嬉しいです。
ほぼ同じくらいの月齢なので、悩むこと楽しいことが似ていていいですね。育児ってつい孤独になりがちなので、たわいもない話なんだけどこういったお話ができる友達はとても大切にしたいです。

先日、我が家に集まった時は急きょ決まった持ちよりランチ。
まだまだ小さい赤ちゃんなのでレストランよりもおうちでランチが気楽でいいですね。ごろんと寝かせれるし、時間関係なくおむつかえや授乳もできるし。
ぐずぐず泣いても、家では平気♪

この日私は夏野菜のマリネとプチトマトの酢漬けを作りました。
最近ほんと私はお酢ブームでお酢のレシピばかりつくっています。夏ですからさっぱりとしておいしいのですよね。
持ってきてくれたおかずは、てまり寿司(こちらも酢レシピ)、そしてジャーマンポテト。みんな授乳中なこともあって、あっという間に平らげてしまいました。

お腹いっぱいになったところで、赤ちゃんとのお遊びタイム(といっても一人寝ちゃった)月齢も近い赤ちゃんなので、喜ぶツボやだめなツボ(笑)も似ていて一つのおもちゃをみせると一斉に注目!カメラを向けるとみんなカメラ目線。そんな様子に笑いっぱなし、ほんと見ていて飽きません。

せっかくのご近所さんなので、またちょこちょこ遊びましょうね。

10:39 午後 [こどもと] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/45722518

この記事へのトラックバック一覧です: ベビ輪?:

コメント

はじめまして。
うちには6ヶ月の女の子がいます。上に3歳のおねえちゃま。
姉妹そろった寝顔は、食べちゃいたいくらいキュートで(親バカでも何でもいいの(^O^))
上の子は夜泣き、とにかく苦労しました。
白々と明ける空を何度ソファで迎えたことか。
顔は疲れでむくみ、くまは染み付き肌は荒れた砂漠と化して。

6ヶ月の下の子は、まあまあ寝るけど、黄昏れ泣きから寝付くまではぐずぐずさんです。

そこで、今回はベビマ講座を受けました。
大好きなアロマに親も癒されて一石二鳥。
これに自分のアレンジを加えて、リンパベビマ的ものを勝手に作り出してみたりしているところです。

まずは親の気持ちよい穏やかさが大切。
楽しく育児したいですね。

投稿者: ちょこまめ (2009/07/25 0:14:05)

コメントを書く