« イル・ギオットーネ 丸の内 | トップページ | ころころだんご »

2009/02/07

フライパン蔬菜坊 武蔵小山

蔬菜坊

正月あけて1か月、妊婦だということも忘れ(笑)仕事に遊びにと・・・。

おかげで結構食べ歩いたにも関わらず、懸念していた体重増加もなし。このままでいくと妊娠前より8キロ増くらいで収まるかなと思っています。
ただ予定日までの金沢での生活、気をつけないといけないですね。

彼とふたりででかけた仕事終わりしばらくできないディナーは、武蔵小山にある「蔬菜坊(そさいぼう)」webサイトのエルオンラインで見てとっても気になっていました。お店を開いて20年以上の禅料理をいただける大人のお店です。
芸能人などもひっそり訪れるそうですよ・・・。

幸いなことに(お店にとっては幸いではないのですが)お客さんは私たち夫婦1組だけ。おかげでいっぱいお店のご夫婦からお料理のことを伺ったりなどいろいろお話ができました。

写真は蔬菜和え盛。「辛いの甘いの苦いのしょっぱいの」といった説明とともに30種類以上のお野菜を中心としたおかずが並びます。名前も楽しくて、マヨネーズではなく湯葉でつくったユバネーズだったりとアレンジの話をきいているだけで楽しい。丁寧にひとつひとつお料理を説明してくださり(たぶん5分近くかかったかも・・・)そのにこにことした表情で話す様子に見入ってしまいました。

味付けは、想像よりもしっかりと味付けしてありました。味の変化がたのしいお料理膳です。
ちなみにお酒もいろいろ種類が豊富。何より私の地元の銘酒「菊姫」のラインナップがすごい。これほど揃っているお店は見たことがありません。

蔬菜坊

お邪魔したのが、1月終わりだったこともありお正月の雰囲気が漂うお料理が並びます。
もともとは私たちが住む多摩地区で会社員をされていたそうで、それから禅料理を学んだと伺いました。

いろいろ素材のこだわりはうかがいつつも、感動したのは味噌へのこだわり。手作りで作っているのではなく、おいしいお味噌のブレンド。お味噌はいっぱいあわせたらおいしいとこだけが際立ってくるのだと。

お野菜のコースを予約していましたが、コースのなかにはお刺身も登場。スズキのお刺身に彼は「今まで食べたなかでいちばんうまい!」と感動していました。

ほどよくお腹がいっぱいになったところで、お野菜たっぷりのお鍋が登場。たくさんの種類のお野菜がいっぱい入っていました。そしてこだわりの焼き味噌で味付けします。
「うちの鍋は、多くの野菜がはいっているので複雑な味わいを出します」
たしかに、食べたことのないうまみが一口たべるごとに口に広がりました。

締めのデザートは、西瓜糖がたっぷりかかったいちご。
西瓜糖、熟した西瓜の絞り汁を何時間も煮詰めたものですが、本当においしかったです。
西瓜糖は昔から健康食品として使われていたようで、「妊婦さんはむくみやすいというので、よく西瓜糖を食べるといいですよ」と言われました。確かに西瓜糖とインターネットで検索するとサプリメントなどがでてきますね。
(参考)スイカの成分と効能

お料理のストイックさもありつつ、お店の奥様が少しずつホロ酔いになっていく様子も見れたり、なんだか少しアンバランス感がとても楽しく、少し異空間にいるような時間を過ごせました。

また行きたいな。
あ、ご主人がおっしゃっていましたが春から雑誌「美的」で連載をもたれるそうです。湯葉ネーズのレシピもあるとか(♪)


蔬菜坊(そさいぼう)
東京都目黒区目黒本町4-1-9
tel. 03-3710-4336

06:03 午後 [東京素敵なお店(全), 東京素敵なお店(目黒区)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/43945751

この記事へのトラックバック一覧です: 蔬菜坊 武蔵小山:

コメント

コメントを書く