« お休み前のお弁当 | トップページ | オーブンが壊れました »

2009/02/21

フライパン茶寮 不室屋 そして金沢ぶらぶら

金沢の旅

同僚のaiちゃんとshigaちゃんが、金沢に遊びに来ました。
前日は、能登の民宿「ふらっと」に宿泊していたそうです。
能登の伝統食を取り入れたイタリア料理を、和室で気楽に味わえる民宿でいつか行きたいなぁと思っていたところ。お土産に併設するベーカリーのバゲットをお土産にいただきました。明日の朝ごはんにいただきます。

ランチタイムに武蔵が辻で待ち合わせ。
久しぶりの笑顔に会いうれしい気持ちになりました。

「おいしい生麩が食べたいな」という二人を案内したのは、金沢にある創業慶応元年の老舗「不室屋」に併設するお茶やさん。不室屋さんは、最近では東京ミッドタウンにあるサントリー美術館の中にもカフェをオープンしていますのでご存知な方も多いのではないでしょうか。

金沢の旅

お昼のメニューは、麩をつかった加賀料理がいただける「麩久膳」のみ。お座敷でのんびりといただきます。毎月少しずつ内容が変わるようです。
美しさに、箸をつける前にうっとりしてしまいます。

お料理の詳細はHPで紹介しています。

もっちもちな生麩、子供のころは得意ではなかったのですけど(笑)。いまではあの食感結構やみつきで大好きな食材の一つです。

金沢の旅

一口サイズの小さなお料理がお皿のなかにたっぷり詰まった「麩久箱」。定番の生麩田楽はやっぱり美味しいなぁ。あとはすだれ麩射込み寿しは、すだれ麩がまるで稲荷寿司のようになっていてました、はじめての味わい。

クリーミーなみねおか豆腐。みねおか豆腐とは、牛乳、生クリームを葛粉で固めたもので私ははじめていただきました。クックパッドにもレシピが出ているようです。

(参考)
Cpicon もっちり☆嶺岡豆腐 by nao-mi

定番の治部煮。家庭でいただく治部煮はこんなにきれいに盛り付けられていません・・・(笑)。品のよいわりとどんこの味がきいた濃いめの甘い治部煮でした。お肉は鴨ではなく鶏肉でした。
蟹の甲羅に入った「蓋裏膳」のなかには、麩の南蛮漬け。これも初めて食べました。麩ってバリエーション自由自在で奥が深いですね。

デザートは、生麩まんじゅう。春限定のさくら餡でした。もっちりとしてくせになりそうな味わいです。aiちゃんはお土産にとご実家のお母さんに送っていました。

金沢の旅

その後、のんびりと今日と明日の金沢周遊プランを一緒に考えます。

金沢は、観光名所がわりとぎゅぎゅっとつまっているので移動距離が短いのがとてもいいところ。
歩くことが苦ではないのであれば、ぶらぶら歩きながら回れちゃうのがいいところです。若い女性に人気があるのは、そういった理由もあるのかもしれません。

まずは金沢にくる女性の多くが持っている「乙女の金沢」にも紹介されている、ちょこっとトレイを買いに「岩本清商店」へ。
お店のおかみさんとお話をして中でひょんなことから工房の見学もさせていただくことになりました。
職人の技に感動するとともに、3人は木のいい香りに癒されました。(うっかり写真を撮り忘れました)。

そして、散歩がてら「あめの俵屋」へ。
俵屋の飴は子供のころから大好きな飴ですが、いつも百貨店などで買っていたので実際のお店に行くのははじめてです(ガイドブックでは何度も見たことがありましたが)。
この日は、大好きなきなこ飴を買いました。

金沢の旅
そして、そのあと東山へまたぶらぶら散歩。
この日はとっても寒い冬景色。ずっと外を歩いていたので冷え切った体をあたためようと「あうん堂」で二三味珈琲をいただきました。
ちょっとお茶のつもりが、つい長話を。
ただこういう時間も金沢時間~(金沢時間についてはこちら)。

そのあとは東山に到着。「米沢茶店」で加賀棒茶を購入し、東山探索。
やっぱりこのエリアはたくさんの観光客で賑わっていました。他の場所は人が少ないのですけどねぇ。

高木麹商店でお味噌を購入したり、お土産やさんをのぞいたり。
二人は山中塗のお店がつぼにはまったようで、せっせとお土産さがし。
なんだかいっぱい買っていたけど何を買ってたのかしら。
私はぶらぶら外で写真撮影。普段風景写真をとらないので、上手く撮れない・・・ほんと難しいですね、写真って。

そんな感じでぶらぶらしていると、あれれもうずいぶんな時間。
またブラブラ一緒にあるきながら武蔵が辻に戻り、二人はホテルへ。私はおうちへ帰りました。

そのあと、夜どこにいったのかな。お寿司を食べにいったのかしら?

明日は早起きして兼六園、21世紀美術館、犀川、妙立寺、西茶屋街などぐるっとまわるようです。天気がよいみたい、きっといい時間を過ごせるでしょうね。

素敵な金沢を楽しんでください。

茶寮 不室屋
石川県金沢市尾張町2-3-1
tel:076-224-2886

岩本清商店
金沢市瓢箪町三番二号
tel:076-231-5421

あめの俵屋
金沢市小橋町2-4
tel:076-252-2079

あうん堂
石川県金沢市東山3-11-8
tel:076-251-7335

米沢茶店
金沢市東山3-2-20
tel:076-252-1876

高木麹商店
石川県金沢市東山1-9-3
tel:076-252-7461

10:40 午後 [金沢] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/44133918

この記事へのトラックバック一覧です: 茶寮 不室屋 そして金沢ぶらぶら:

コメント

同僚の方が金沢にまで会いに来て下さるって嬉しいですね。

私は子供のころからお麩が大好きでした☆
金沢へ行った時に、お麩の老舗 宮田の鈴庵というところで麩づくしのコース料理をいただいた感動が今も忘れられませんっ。
お麩というとお饅頭か、煮物というイメージでしたが、きんぴら風(片栗粉をまぶして焼いて甘辛く味付けしたものに、
しそやみょうがカイワレなどを盛りつけていただきました)やフライだったり初めての味わいがいっぱいで。

ちょこっとトレイ、我が家でも活躍しています。
金沢、また行きたいなぁ。
金沢を田舎に持てるtakakoさんのBabyがうらやましいです~。

投稿者: setsukoro (2009/02/22 12:06:56)

コメントを書く