« 気が早い準備 | トップページ | スコーンと珈琲の朝ごはん »

2008/12/02

フライパン文琳 神泉

文琳

今思えば、クックパッドで仕事をするきっかけをくれたのは彼女だったかもしれません。
当時は、彼女の家で(ほとんどすべて)わいわい女友達で集まり、恋愛の話で夜な夜な過ごした記憶があります。
当時のお友達はほとんど結婚し、ママになったり。
もちろん私もそして彼女も遅ればせながらそれに続いているわけなのですが。

その彼女がもうすぐご出産ということで、ごはんでも行きましょうということに。
同じくプレママ中のお友達と3人で。

場所は、勝手に私が行きたいお店「文琳」を予約しました。
渋谷というより神泉になるのですが、毎年一度か二度はお邪魔しているお店。
どうやらお店のシェフが変わり、オーナーである河田さんが腕をふるっているとのことで楽しみでした。

前菜はかわらず5種盛り。
煮こごり(中華ではそういわないかな)が美味しかったです。

文琳

こういった小さなお皿のおかず、我が家の食卓でもよく並ぶのですが何せレパートリーが数少なく、お店にいって美味しかったら、あぁこういう手があったかと発見があります。
ただ今回はちょっと私には難しい?(笑)。

文琳

上海蟹の季節ですねぇ。

上海蟹の味噌もたっぷり詰まった春巻き、これは美味しかったなぁ。かりっとした皮を一口かじると、幸せになる蟹みそがとろり~。
そしてとろーっとしたこの季節だけしかいただけない上海蟹のスープ、体がほっかほかになりました。

文琳

昔は食べ始めると、手が止まるほうだったのですが最近は食べながらお喋りしながらはまったく平気。どんどんお料理がでてくるので、このお店にいくときはお腹をすかして。

そしてこの日おいしかった~の1番メニュー。

パンはつやつやで、はちきれそうです。思わず食べる前につんつんとしてしまいました(笑)。

というか、私こういうパンにはさんだりとかそういうもの大好きなのですよね。
豚肉の炒め物にそえられたパン、たっぷりたっぷりはさんで大口をあけていただきます!
中華が大好きな理由は、強い火力でぱりっとしている炒めものがたまらなく美味しいこと。
これは家でやろうとおもってもなかなか。我が家の高火力IHでもやっぱりかないません(それ以前に腕も・・・ですが)。

しかし最近、どうもフレンチやイタリアンよりも和食や中華に異様に反応してしまうのはなぜでしょうか。ふむ。

文琳

白菜と海老のあんかけです、甘くてとても美味しいです、冬らしい体あったまるお料理です。

そして海老の炒めもの、スイートチリソースの味わいかな?お腹いっぱいだなぁと思ったのに、あれれ、ごはんにかけてもりもり食べてしまいました。
海老は私はばりばりと骨まで一緒に。
そしてこちらでお料理のコースは終了。

文琳

デザートは、定番杏仁豆腐・・・にしようかとおもったのですが、この日はちょっと気分を変えてココナッツ風味の白玉団子に。

口にいれるとカスタードが口いっぱいに広がります。

そういえば、カロリー気にしているんだった・・・
いつも食べてから思い出したりするのは本当によくないですね。
現在7ヶ月にはいって体重はすでに4キロ増。これからクリスマス、お正月と非常に危険な季節に突入するにあたりほんと気をつけないといけないのですけどね。

この日の3人のお話は、終始まもなく生まれてくる赤ちゃんの話。昔ではまったく考えられないことだねと笑っちゃいました。

私は普段仕事をしているし、ゆったりする時間も週末くらいしかなく、かつ育児書などもまったく読んでいない(これはちょっとマズイとは思っていますが)ので、わりとのんびりとしたマタニティライフをしている二人の話は勉強になることばかり。

ゆったり、のんびりとしたお話、きっとお腹の赤ちゃんも「もう少しのんびりしろよー」って言っているのだろうなぁ。

文琳
東京都渋谷区神泉13-13 ヒルズ渋谷B1
TEL・FAX 03-3780-6268

今までの文琳日記
文琳 二子玉川(現在は閉店)
初めての上海蟹 文琳にて(その1)
坦々麺 文琳にて(その2)
土鍋麻婆ごはん ランチ
文琳 上海蟹 神泉

12:03 午前 [東京素敵なお店(中央区), 東京素敵なお店(全)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/43208307

この記事へのトラックバック一覧です: 文琳 神泉:

コメント

コメントを書く