« 高台寺にて紅葉を楽しみながら結婚式 | トップページ | 今日のお客様 »

2008/12/16

フライパン室町和久傳 しっとりランチ

和久傳

先日のエントリーでご紹介した結婚式。

のんびりたっぷり食べたので夜ごはんになってもお腹はすかず、この日は京都らしいゆるいカフェ「efish」でお茶。
最近夜お茶なんて久しくご無沙汰だったので、なんだか楽しい。

あ、そうそうこの時期はなかなかホテルがとれず苦労しました。
で、二人で宿泊したのはAPAホテル。ただリーズナブルなわりには綺麗なホテルでしたよ。

そして翌日朝早起きして、京都散策。
京都は、想像以上に風は冷たくたくさん着込んでいたもの寒い寒い。
ブーツをはいてきてよかったです。

朝一番にうかがったのは「一保堂」。
以前、lunitaさんからいただいたことがあったいり番茶が目的。あのスモーキーな香り忘れられませんでした。(当時の日記)そのあと、雑貨やさんなどをぶらぶらしてお目当てのお店へ。

時々いただくれんこんでできたおやつ「西湖」。それを販売しているのが和久傳なのですが、前々から行きたいなぁとひそかにあこがれていたお店でした。こちらも日記で紹介したことあります。

料亭は4つあるのですが、私が選んだのは室町和久傳。京都の町屋で食事したかったのです(笑)。場所はとても便のいい、烏丸御池駅から徒歩5分くらいです。

和久傳

お料理はコースのみです。
紫蘇香煎でまずはおもてなし。

うにとお豆腐を柚子の器にいれて蒸されたお料理、笹につつまれた蒸された一口ごはんもとっても美味しい。

お刺身はまぐろとたちうお。まぐろはびっくりするくらいとろけそうで、もう一口食べたいねと一緒にお邪魔したemianちゃんと。
この日は、カウンターに座ったのですが、目の前で炭火で焼いている白子が気になっていて、どうなって出てくるのだろう~と期待しながら待つことしばし。

みぞれ仕立てで、その白子が登場。口にいれた瞬間、白子のおいしさがじゅわ~っと広がりました。「はぁ~」思わずいただいたあとにでてしまうそんなひとこと。

そして、牛のたたき、堀川ごぼうのたたき胡麻和え、ぶり大根(大根は聖護院大根)と続きます。

丁寧に丁寧につくられたお料理。だしはとてもやさしく、ゴマはいい具合の煎り加減、白子はほどよい焼き加減。これが技だなぁと感激するばかり。

やっぱりお料理は、愛情だなぁ。

和久傳

そして、最後のごはん。

牛すじ肉の卵とじごはん。
小ぶりなお茶碗にはいって、お味噌汁といっしょにでてきます。

料亭でいただく卵とじごはんはさすが!ふわっとしていて、トロトロ加減も最高。
思わずおかわり!なんて言っちゃいそう。

牛すじはびっくりするくらいやわらかいです。ちなみに蟹か牛すじいずれか選ぶことができました。周りをみると牛すじが多かったみたい。

和食がいいよねぇ(はるな愛風)と二人で。
そうなんです、今年おいしかったなぁというお店を思い出してみると、どうも和食ばかりが思い浮かぶのです。これはいろいろな同年代の友人と話していても同じです。

これって年齢なものなのでしょうね。
いやですね、もう老化が進んでいるのでしょうか。困ったものです。

和久傳

最後のデザートは、れんこんのお餅。
黒蜜がたっぷり、ほっとする甘さです。
お腹いっぱいだったはずなのに、どうしてデザートはいただけるのだろう。

京都のいり番茶とともに、いただきます。
ふふふ、お土産に買ってよかった。

お料理を堪能したあと、併設するお店でおみやげを購入(またご紹介しますね)。

残念だったのは、お料理ではなくお酒をいただけなかったこと
(妊婦なのであたりまえですが)。
またお酒が飲めるようになったら、また来たいな。

和久傳

京都、まだまだ楽しみたいのですが・・・
ランチタイムをのんびり過ごしすぎて、あらら時間がない。
ということで、ここから錦市場を軽く歩いてそのまま京都駅へ。

しかし京都はタクシー安いですね。深夜料金もないし、初乗りも安い。
お腹が大きくなかなかバスでがんがん移動とはいかなかったので
今回の旅行ではタクシーが本当に役に立ちました。

なーんて心の残りがある京都。
来週の彼との旅行、急遽京都に変更です(笑)実はまだチケットや宿とってなかったのでいいかな。

ということで、京都待ってろよ!


室町和久傳
京都市中京区堺町通り御池下ル東側
tel:075-223-3200

12:14 午前 [大阪、神戸、京都] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/43414784

この記事へのトラックバック一覧です: 室町和久傳 しっとりランチ:

コメント

コメントを書く