« しめ鯖 | トップページ | 念願 ル・ビストロ ノーブル 大磯 »

2008/08/24

フライパン金沢時間

金沢時間

8月なのに涼しいですね。
あわてて片付けてあった長袖を引き出しから取り出して着ています。暑いやら涼しいやら本当に今年はなんだか変な天気が多いですね。

短い夏休みを金沢で過ごしてきました。

先日のブログにも書きましたが、ごろごろ寝てばかりのお休みでしたがそれも実家ならではなのでしょうか。本当によく寝ました(笑)。

朝ゆっくり起きて、朝ごはん食べてまたごろり。昼ごはん食べてまたごろり。犬とあそんだりしながら気がつくと晩御飯。お風呂はいって、おやすみなさい。ゆったりとゆったりとした時間を過ごしました。

「金沢時間」

私ははじめてきいたことばだったのですが、このお土産を買ったときの紙についてあったことばです。金沢の土地こその、独特なリズムの中に流れる時間のことを言うようです。
と、ちょっとまわりくどい感じはありますが、とり方は人それぞれってことでいいってことなのでしょうね。

写真は金沢21世紀美術館のミュージアムショップで売られていた「金沢金魚」とかかれた香のセットです。香はやさしい薔薇の香りがします。

金沢時間

会社の同僚が、急に思い立って金沢へ遊びに来ました。

一日目は、能登にドライブにでかけたそうで、二日目、一緒に金沢ぶらぶら散歩をしました。
21世紀美術館で待ち合わせし、一緒にぶらぶら。「ロン・ミュエック」展、GWにも見たのですが、改めてもう一度。大きなものが小さく表現され、小さなものが大きく表現されるそのインパクトにまたまた驚き。

また見たかった「フードクリエイション」の展示を見学。五感に響くお料理、残念なことにこの日はそのお料理をいただくことはできなかったのですが、その展示やVTRを見るだけでもずいぶん驚きっぱなし。
ブログでそのイベントの様子をみると、あぁぜひ体験してみたい・・・。そんな気持ちに。

21世紀美術館を後にし、いつもの金沢定番コースで漆の実(能作内)で吉はしのお菓子でちょっと休憩。この日のお菓子は「清流」というお菓子。つぶあんがぎっしり詰まったおいしいお菓子でした。

そして香林坊を散歩し、南町へ向かい尾山神社へ。人も少なくて、お庭もゆっくり散策できました。

そのまま近江町市場まで。金沢の台所といわれる近江町市場ですが、実家からは少し距離があるので、あまり私詳しくありません・・・。私も同僚とおなじく観光客気分でお店をぶらぶら。ここにいけば金沢のお野菜、そしてえがら饅頭といったようなお菓子も手に入ります。

そうしているうちに、おなかもすいて「近江町食堂」へ。近江町市場の中に色々なお店があるのですが、こちらのお店はガイドブックにもよくでているお店です。
一品料理に400円プラスで定食にできます。同僚は白えびのかきあげ、私は銀だら(ちょっと旬から外れますが)。とってもおいしかったです。お値段も1000円以下ですし、お勧めです。

そして東山をぶらぶらし、気がつくとあれよあれよで同僚の電車の時間。
たくさん回ることはできなかったのですが、まぁそれも金沢時間ということで(笑)。

04:10 午後 [金沢] | 固定リンク

コメント

コメントを書く