« シェ・イグチ 白金台 | トップページ | マホガニーのダイニングテーブル »

2008/06/27

フライパン照葉 東山散策

東山散策

金沢に帰ったときに、asakoちゃんとお昼ごはんを。

私は短い間ですが、金沢大学医学部のある研究室で事務をしていたのですが彼女はその同僚でした。同僚といっても、随分私より若いですが。
そして定時きっちりに仕事が終わると、一緒に陶芸教室にいったり、押し花を習ったり、ちょこちょこ遊んでいました。いい時間でした。

その後、もう随分たつのですが私はこんな仕事をして、彼女は書道家として活躍しています。なんだか不思議なものです。

そんな彼女に新しい家の表札をお願いすることもあり、ランチでもしましょうと東茶屋街へ。

そこで彼女のお友達も合流して3人で「照葉」へ。
こちら、前から行ってみたいなぁと思っていたところでした。
いつも愛読している「金澤」でもよくとりあげられていました。

なかなか実家に帰ったときに、夜でかけることが少ないので行く機会はないだろうなぁと思っていたのですが、ランチも営業していたのですね、嬉しい。

暖簾の奥の格子戸ではなく、右下にある小さなくぐり戸に、かがみこんでそこから入ります。当然私は頭をゴツリ!!

東山散策

ランチは、小さな小鉢がたくさんならぶ定食。特に(わかりやすい)金沢のお料理が並ぶわけではないところが、とても嬉しかった。
時々、このあたりのお店に入ると、えぇぇというような加賀料理が並ぶのです。季節はずれだったりするので、違和感を感じるのです。

ぷりぷりのお刺身はじめ、とても美味しかったです。

東山散策

その後、東山散策。
糀と味噌の老舗、高木糀商店。
創業当時のままの趣のある店構えがなんともいいかんじ。黒板にかかれた「甘酒」思わず笑ってしまいました。
そして、米沢茶店やさんに寄って炒り茶を購入。あまりに大きなカメラを持っているので、ご主人からカメラ話をちょろちょろ。こてこての金沢弁がきけてちょっと嬉しい。

しかし、どうやら観光客だとおもったようで、こちらの話をするまえに、あそこにいけばいいとか、七つ橋渡りの話など、いろいろ観光案内をしてくれました(笑)ふふふ。

東山散策

そして、ぶらぶら歩きながら「あうん堂」さんへ。
古本とカフェときいていたので、かなりクラシックなものをイメージしていましたが、いやいや随分お洒落なお店でした。

お客様はやさしい雰囲気のご夫婦の人柄によせられたのか女性が多かったです。

私は、前からいただいてみたかった「中川ワニ」さんの珈琲。今HPをみたら、ワニさんの珈琲は終了したみたいです・・・残念。ほか、先日ご紹介した二三味さん、金沢の人なら知っているチャペックさんの珈琲がいただけます。

金沢にいて強く思ったのですが、何かものを生み出すという「作り手」の香りが東京より強いように感じました。
それは、きっと金沢特有の時間のゆったりさ、自然の豊かさから生まれるものなのだと。

東京にいて、ずっと世の中に残るものをつくるのは相当なエネルギーの強い人ではないとむずかしいのでしょう(実際東京でものづくりをしているひとのエネルギーは強い)。

今海が近い、湘南に住み、いま。東京に住んでいたらいまはきっと違っていたのだろうな。

珈琲をのみ、ものづくりに没頭するasakoちゃんの話しをききながらそんなことをぼんやり考えていました。


照葉
石川県金沢市東山1-24-7
TEL:076-253-3791

米沢茶店
金沢市東山3-2-20
tel:076-252-1876

あうん堂本舗
石川県金沢市東山3-11-8
tel:076-251-7335

12:07 午前 [金沢] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/41615158

この記事へのトラックバック一覧です: 照葉 東山散策:

コメント

コメントを書く