« 照葉 東山散策 | トップページ | 野菜たっぷりかつお揚げびたし »

2008/06/29

フライパンマホガニーのダイニングテーブル

マホガニーの机

そろそろ、中にいれる家具や家電などを選ぶ時期がやってきました。楽しみだと思っていましたが、意外に悩みすぎてきまりません。大きな買い物は緊張します・・・。

そしてまずはダイニングテーブル。

黒崎さんから、今回家具を造作してもらう工務店のところでちょっと傷もののダイニングテーブルが出たのですが、いかがですか?と。

図面をみせてもらうと、その机は、とってもりっぱなマホガニーで作られています。
足の角に小さな傷があるらしく、売れなくなったそうです。
そして気になっていた値段もびっくりするような破格の値段。予算のぜんぜん範囲内。

思わず、「買います!買います!」

そういいかけたところ、聞いてみるとテーブルの長さは3メーター。
我が家にはさすがに大きいのです。
ただ、まずはどうかわからないので一度見てみようと、埼玉にある工場へ行ってきました。

そして、出会ったこのダイニングテーブル。
いやーかっこいい。写真でみるより、どっしりしていてそして美しい。
傷もそれほど、目立ちません。ぜんぜんOKな範囲です。

実際イスをかりて座ってみたら、ほんのすこし低いもののまぁいいかんじでした。

ただ、長さが・・・。

もともと2.4メートルのダイニングテーブルを想定していたので、やはり60センチの長さはきつい。
うーん・・・。

マホガニーの机

こちらは有名な企業などのはめ込み式の家具などを作っていたりするらしく、ついでに工場の見学をさせてもらいました。
木の説明をしてもらったり、設計してから形作るまでの流れを説明していただいたり。普段全く足を踏み入れることのないところなので、とてもたのしい。

テレビのビフォーアフターとかドリームハウスとかでしか見たことがありませんでしたし。

結局、その後家を見に行ったのですが、やはり図面と照らし合わせてもやっぱり苦しい。ということで泣く泣くあきらめることにしました。

ただあのテーブルをみて、もしかして造作もいいのだは?と思い、黒崎さんに相談。すると、もしかしたらあのテーブルをなおすことができるかも!という返事。

まだ調整中ですが、出来たら嬉しいなぁ。でも難しかったことも考えて、ほかも探しておこう。

JEAN-LOUIS

そんなかんじで、そろそろ家具も決めなくてはいけないのです。机がきまれば、イスも決めなければいけない。イスもまたまた悩みそうです。

家作り雑誌などをみると、みなさんいいイス使ってますねぇ。
やっぱりそんな頻繁に買い換えるものじゃないから・・・。いやいや、そんな無駄遣いは・・・。
なんて、そんな気持ちでいったりきたりな毎日です。

ソファーは前から考えているタイムアンドスタイルのもの。これは前からずっと決めていました。いくつか悩んでいますが、おそらくJEAN-LOUISになるかと思います。

そして先日ミッドタウンのタイムアンドスタイルで生地見本をいくつかもらいました。今の家においてるリーンロゼのソファーは黒なので、それにあわせるのもいいですが埃が目立つので、違うほうがいいかもなぁ。

いまのところ、黒と茶が混じったものが有力候補。ファブリックが選べるのですが、聞いてみると一番下のランクでも充分いいかんじでした。

納期は1ヶ月くらいかかるようなので、そろそろ決めなきゃ。

12:12 午前 [おうちづくり] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/41612187

この記事へのトラックバック一覧です: マホガニーのダイニングテーブル:

コメント

コメントを書く