« 和食ブームのきっかけ | トップページ | 春を感じて ~潤菜 どうしん 新富町 »

2008/04/11

フライパンジャスミン豚

お弁当

先日、アートディレクターとして非常に有名な某氏にお会いする機会がありました。
オフィスで作品をみせていただくと、それぞれがとても新鮮でかっこいい。すごいなーと普通に感動してしまい、緊張しつつも思わず質問。

「デザインのアイデアはどうやって浮かぶのですか?」

あちゃちゃ、思わず口からでてしまいました。少し反省しているとにこって笑ってこういってくれました。

「小竹さんがお料理をするときに冷蔵庫をあけて材料を見ていると「あ、これ作ろう」って思い浮かびますよね。それと一緒です。僕はたくさんの作品を手がけてきていて、その成功や失敗の経験という引き出しがいっぱいあります。その引き出しがあるから、ふっとひらめきで仕事をしています。」

引き出しと才能。

妙に感動してしまって、オフィスをでてからすぐにメモをしました。引き出しだけでもだめ、才能だけでもだめ。二つの掛け算なのだろうな。

料理にせよ、仕事にせよ、私の引き出しはまだまだで、才能もあるのかは未知数。この言葉ずっと忘れないでおこう。

久しぶりにつくったお弁当です。

豚肩ロース肉をつかった「ジャスミン茹で豚」ジャスミンティをつかって茹でました。いつものゆで型で、沸騰したところ(火を消して)その後鍋に豚をいれて20分。それを3回です。お肉がやわらかくちょうどいい具合に茹で上がります。

花豆の煮物、干しぜんまいと小松菜と油揚げの炊いたんが入っています。

茹で豚の上には、ふきのとう味噌をのせました。春の香りいっぱいです。

お弁当

こちらの茹で豚、前日ランチの残りものでした・・・。
(少し暗いところでとったので色がイマイチですが同じです)

この日は桜海老とごぼうの炊き込みご飯の上にのせて。
つけあわせはベビーリーフとプチトマト。たれはにんにく醤油だれをかけました。

ゆであがりの豚はやわらかくて美味しい。ただ個人的には1日おいた食感のほうが好きだったりします。

ちゃんとお弁当が作れた日は、なんだか朝会社に行く気分もすがすがしくそしてウキウキします。実はこの日は、せっかくなのでお弁当もって外苑の銀杏並木のところでベンチにすわって一人ご飯しようと決めていたのに、あいにく電話がじゃんじゃか鳴る始末。

結局、自席でお電話対応しながらお弁当を食べるといったなんだかいつもと変わらない光景になりました。でも、まぁいっか。

いま二段重ねの曲げわっぱが欲しくてたまらないのですが・・・。

12:12 午前 [お弁当, 毎日のおかず(お肉料理)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/40793583

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスミン豚:

コメント

私も小判型を使ってましたが、二段のが欲しくなって
(量が足りなくて(爆))エッグ型を買いました。
エッグ型は、深さが4センチと3センチなのですが、
4センチの方にごはんを入れ、3センチの方におかずを入れてます。
小判型より浅いので、慣れるまで詰めにくいけど
たくさん入るのでエッグ型ばかり使ってますよー。

投稿者: だるま (2008/04/11 12:36:28)

コメントを書く