« やさい料理 GOKAKU  外苑前 | トップページ | 金柑ピール »

2008/03/08

フライパン極上の時間 メゾン アンリ・シャルパンティエ 芦屋

アンリ

芦屋にでかけていたのは、こちらをいただくため。

大袈裟なようで、本当のはなし。
今お仕事をご一緒させていただいている、アンリ・シャルパンティエの芦屋にあるメゾンにていただきました。こういう楽しいお仕事は楽しいですね。
後日控えている撮影の下見と打ち合わせにお邪魔した私ですが、そのあとに念願のメゾンでこちらをいただきました。

いただいたのは、どうしてもいただきたかったクレープ・シュゼット。銀座本店、芦屋本店、日本橋高島屋、そしてこちらのメゾンでだけいただけます。

創業者である蟻田さんがこのデザートに出会い、お菓子を通じて幸せを届けようと決意した、アンリシャルパンティエの原点だというそんなスイーツです。

アンリは1969年に芦屋にオープン。もっと昔からあるお店だと思っていましたが、実はそれほど歴史は長くないことに驚きです。その短い間にこの上品なイメージをつくりあげたってとても素晴らしいです。私も大学時代に何度もこちらのお店のお菓子をいただきました。当時はフィナンシェが大好きでした。のの字ロールも大好き。

一口食べると、ひろがるおいしさ。

これは本当に心からの笑顔があふれでてきます。

アンリ

クレープ・シュゼットをオーダーしてしばらくすると登場し、目の前で何かが始まります。ドキドキ・・。

オレンジ果汁であたためたクレープを、グランマルニエでフランペします。目の前に広がる青い光に驚き!周りの方もみんな注目です。なんだかちょっと誇らしげな私(意味不明ですが)

そしてテーブルにおかれて、ゆっくりと一口いただきます。

広がる甘くとろける食感。香りも最高です。お姫様気分です(そんな年齢ではありませんが)。

すべてをいただき、なんとなくこちらのブランドの思いが少しずつですがわかってきたような気がしました。そして一気にこのお店の大ファンになりました。

メゾンは、パリの写真を中心に針穴写真家として活躍している田所美恵子さんの美しい写真が飾られ、ほんとうにここにいると日本にいないような気持ちになってきます。

東京にはないそのメゾンの雰囲気、これはぜひ神戸にいかれる方は味わってほしいです。

そして、アンリ・シャルパンティエ、先日銀座にもお邪魔したので、それはまた後日に。

メゾン アンリ・シャルパンティエ
芦屋市楠町10-17
TEL:0797-23-8181

12:13 午前 [大阪、神戸、京都] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/40348051

この記事へのトラックバック一覧です: 極上の時間 メゾン アンリ・シャルパンティエ 芦屋:

コメント

う、うらやまし~~~~!!!

すっごくおいしそうですね、さすが東京。。田舎もの丸出しです。

今日はクックパッドのレシピで親子丼です。

おなかすいた~~。

投稿者: CHIPPmama (2008/03/11 19:36:25)

コメントを書く