« 金柑ピール | トップページ | 幸せなホワイトデー »

2008/03/13

フライパンベジ・パラダイス 代々木上原

リビングフード

もういまや誰もが知っているマクロビは、アメリカやヨーロッパからの逆輸入で今では日本で定番化しつつあります。私も少しだけですが、お料理にマクロビのエッセンスをとりいれたりしています。

先日、代々木上原に用事があったので、前から行きたいと思っていた「ベジ・パラダイス」へ。こちらは最近ちょこちょことみかけるようになった「リビングフード」がいただけます。「ローフード」というともしかしたらなじみがあるかもしれません。
ニューヨークセレブがこの方法で美を保っているとか。

「リビングフード」

何かというとそのまま「生きている食べ物」もっと荒っぽくいうと生のまま食べるということなのかと私は解釈しています。
ただ動物性のたんぱく質は人間が消化しにくいということから、植物性のもの、そして素材の力が強いオーガニック食品が前提。

あといろいろ調べてみると、豆腐もNG。それは大豆が製造過程で加熱されているから。調理温度は46度。

(詳しくはリビングフード協会HPでかかれています)

リビングフード

ランチタイムのピークをすぎていたので、お店はお客様はまばら。窓際の席に陣取り、ゆっくりと一人ランチ。

とうんちくが長くなりましたが、この日いただいたランチです。
・人参とレーズンをカシューナッツのマヨネーズであえたもの
・スタッフドマッシュルーム(ドライトマトと松の実でつくった肉をつめたもの)
・アーモンドとひまわりの種でつくったツナもどき
・梅とひじきの胡桃あえ
・大根の餃子(椎茸と松の実でつくった肉もどき)
・大根とわかめの酢の物

小さなおかずは、丁寧に丁寧につくられたもの。
スタッフドマッシュルームがすごく美味しかったです。
ほほーと驚く風味がならび、はじめて味わう食感。なんだろう、不思議な美味しさ。

お料理教室もされているそうで、ちょっと興味ありますね。
ただ冷え性の私がきになったことが一つ。冷え性のひとは体を温める料理をといって火をいれた料理をとるようにいろいろ言われますが、この食べ方は体を冷やさないのかしら。
もう少しちゃんとしらべてみなければです。

カフェグローブにいくつかレシピも掲載されていたので作ってみようかと思います。

うーん、野菜って奥が深いですね。だから面白いのですけどね。

べジ パラダイス
東京都渋谷区代々木上原1-22-14
03-3467-3955

02:05 午前 [東京素敵なお店(全), 東京素敵なお店(渋谷区)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/40470290

この記事へのトラックバック一覧です: ベジ・パラダイス 代々木上原:

コメント

はじめまして。
いつもブログを楽しみに拝見しています。
このお店、うちの近くです!お店の前は何度も通っているのですが、実際に入ったことはありません。お値段が高いので、ちょっと気が引けていました。でも貴子さんの記事を読んで納得。今度行ってみます!

投稿者: akiko (2008/03/15 7:11:07)

コメントを書く