« アジア食堂 RASCAL(ラスカル) | トップページ | 里芋のねっとりごまあえ »

2008/02/06

フライパン老四川 飄香(ラオシセン ピャオシャン) 代々木上原

ピャオシャン

最近、少々ダイエット中といういうこともありイタリアンやフレンチにはすっかりいかなくなってしまいました。

かわりに日本料理、中華料理、アジア料理にいく機会が激増しています。そして美味しいお店に出会うことが多く、いろいろご紹介したいなぁと思ってます。レストラン紹介ばかり続いたらごめんなさい。

お店に入った瞬間、スパイシーな香り。
前々から行きたい行きたいと願っていた老四川 飄香(ラオシセン ピャオシャン)に週末ランチにお邪魔しました。

ご一緒したのは、来月から1年ほどロンドンにいってしまうlunitaさんと今年ハワイで結婚予定のN君カップルと彼と私。lunitaさん、N君はご実家やおうちが近くということもあり、実現しました。

予約がとれない四川料理としていろいろ聞いていたのですが、その理由は食べて納得。結論からいうと、とても奥深い中華をいただきました。

四川料理というと激辛!というイメージがあり、辛すぎるものが苦手な私は今まではちょっと敬遠していたジャンルでしたが、グルメぴあに掲載されているシェフ井桁良樹さんのお話によると

「本場の四川料理では、辛い料理は実は2割くらいしかないんですよ。古くから"天府の国(広大で肥沃な四川盆地を評した言葉)"と呼ばれ、さまざまな穀物や野菜が栽培されている四川省は、野菜中心のシンプルな塩味の料理とかが、しみじみおいしかったりします。野菜そのものの味がいいだけでなく、塩ひとつでも料理によって種類を使い分けたりと、豊富な調味料をうまく使っているからでもあるんです」


おっしゃるように、こちらのお店のお料理は辛いというよりスパイシー。なので胃がホカホカ、顔もホカホカ。紹興酒もいただき、ほろ酔い♪

ピャオシャン

めったにこれないお店ということで、3800円のランチコースでちょっと贅沢。

ピリッとしたお料理もあり、ほんわかとした味わいの蟹爪の炒めものは卵白のふわふわな食感が好き。上海料理のようなそんな味わい、だけどピリリッとするのはやはり四川。

そして期待の麻婆豆腐。私のなかで麻婆豆腐は、セルリアンタワーにある陳さんのもの、文琳のものがベスト2でしたが、うーんこのお店はそのお店に負けないです。

デザート、私はくらげのゼリー(だったかな)。さっぱりだけどコリッコリ、美味しかったです。

お腹いっぱいになりながら、ぶらぶら上原散歩。
ハリッツでドーナツを購入したり、久々の上原を楽しみました。そしてそのまま八幡~渋谷へ散歩。
楽しい様子はlunitaさんのブログでもぜひ~。

ディナーはまたすごそうですね。いろいろなブログでも紹介されている「山城口水鶏」(四川名物よだれ鶏)食べてみたいです。


老四川 飄香(ピャオシャン)
東京都渋谷区上原1の29の5 BIT代々木上原001
tel:03-3468-3486

12:04 午前 [東京素敵なお店(全), 東京素敵なお店(渋谷区)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/17947053

この記事へのトラックバック一覧です: 老四川 飄香(ラオシセン ピャオシャン) 代々木上原:

コメント

コメントを書く