« 2年越しのケープ | トップページ | 宝生寿し 金沢 »

2008/01/10

フライパンパルマへ半日旅行

パルマ

すっかりイタリア日記のエントリー、途中になっていましたね。

ちょっと思い出しながら、書いてみようと思います。

ミラノではユーロ高の影響もあったせいか、思ったほど心ときめくものに出会うことがなかった私たち。
カフェでぼんやりお茶をのみながら過ごすのもいいのですが、せっかくなので近郊の町にでかけてみようとパルマへ小旅行。1時間半くらいで到着、私の通勤時間くらいの距離です。

駅を降りると居心地がよさそうなのんびりとした風景が広がります。
ミラノやローマにいるときのような、スリがいたらどうしようとかいうそんな緊張感がありません。やはり田舎はいいですね。

広場では、ぽかぽかあたたかい芝生の上でぶらぶら。
元サッカー選手の中田 英寿さんがパルマにいたころは、きっとたくさんの日本人がいたのでしょうが今は見渡してもどこにも日本人は見当たらず。

ちょっと午後のスケジュールもあったのであまりのんびりできなかったのですが、今思えばもう少しゆっくりすればよかったかも。

パルマ

パルマにお邪魔したのは土曜日、とってもラッキーデーでした。

その理由は、駅前で開かれていた土曜市。食料品、食器、家庭用品、衣料品あらゆるものが並びます。言葉はわからないですが、人々の表情、そして空気感は世界共通です。ぶらぶら歩いているだけでもとっても楽しい。

私は、手編みのニットカーディガンを購入しました。可愛いでしょ。
帰国してから随分着込んでいますが、ほかほかであったかいです。

パルマ

パルマにきた本当の目的、それは「パルマの生ハム」。

やっぱり本場のものを食べたいですからね。
しかしガイドブックに掲載されていた生ハムのお店はすべて予約で満席。若干しょんぼりし、テンションが下がってしまうといっきに動きがにぶくなる私。彼があきらめてお店を探してくれて偶然みつけたお店「ENOTECA ANTICA OSTERIA fontANA」

薄暗いワインセラーを通って入ったそのお店は活気にあふれているとっても素敵なお店。一気に機嫌がなおった私(げんきん・・・)はワイン片手にハイテンション♪

昼間からたっぷりの生ハムとワイン、二人で真っ赤なほっぺでお店を後にしました。

このお店、nakata.netでも紹介されていました。なんだかちょっと嬉しい・・・。
しかし、パルマって色々見所あるのですね。

あぁ旅行にいくときは、もう少し下調べをちゃんとしなければいけないですね。反省。

ENOTECA ANTICA OSTERIA fontANA.
VIA FARINI, 24/A PARMA.
TEL:0521-286037.


大きな地図で見る

12:12 午前 [italy] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/17573190

この記事へのトラックバック一覧です: パルマへ半日旅行:

コメント

コメントを書く