« ハッピーウエディング in southern-beach cafe | トップページ | 芦屋のゆる~い時間 TAMAS »

2007/11/26

フライパン7日目 トラーパニでシチリア料理教室

トラパーニ

今回の旅行、お互い「仕事がいそがしい」を理由にぎりぎりに何もかも手をつける始末。シチリアに関しては、随分前からあの場所にいきたいなぁとかあれこれ話していたにも関わらず、オフシーズンについての読みが非常に甘かった・・・。

オフシーズンといったら本当にお店はしまっちゃうのですね。

ということで、出発5日ほど前までタオルミーナ以外は全く行き先が決まらず、途方にくれかけていました。どうしよう~と思っているときにふと見つけたブログがありました。
ブログからみえるその街の様子はとてものどかで、ゆるやか。

そしてぎりぎりでだめもとでそのブログをかかれていて、現地コーディネートをしているレイコさんにお願いしたところ、こころよいお返事をいただきトラーパニへ急遽いくことに決定。

トラーパニは、シチリアの北西にある小さな街。
オリーブオイルがとれ、塩田もあり、そして港町。海も近く、山も近く、期待以上の素敵な街でした。

散歩しながら、海を眺めたり、そんなゆるやかな時間が流れます。

トラパーニ

朝早起きして魚市場へ。
威勢のよいおじさんがいるのは日本と同じですね。

みたことがないお魚がいっぱい、何の魚だろうと思いつつも全く英語は通じないし(といっても英語も話せませんが)、結局わからずじまい。

この日記念写真をとったおじさん、私たちのことを覚えてくれていたみたいでこの日の夕方偶然あって挨拶してくれたのですが、なんだか嬉しかったなぁ。

魚市場をでたあと、青空マーケットでもろもろ食材購入。ユーロ高い・・・。

トラパーニ

夕方になって、お料理教室に参加。

ここではじめてレイコさんにお会いしました。
とても美人で素敵な方、かっこいいですね。そして車で10分くらいにのところにある先生のお宅へ。先生であるカロリーナさんは小学校の先生です。
とってもおしゃべりが大好きな陽気な先生、ニコニコしていて本当に可愛いです。

この日のメニューは、アーティチョークの煮込み、鯖のトマト煮、そして手打ちパスタ。彼と二人で申し込みしたのですが、彼はすっかりカメラマンとなり結局私と先生とのマンツーマンレッスンになりました。うーん贅沢。

アーティチョークははじめて扱う野菜です。結構あくが強いので下処理を丁寧にします。大きなお野菜、皮をむいたりしているとあれれ、食べるところが少ない。

トラパーニ

そして、メインの手打ちパスタ。トラーパニの伝統手打ちパスタ”ブジアーテ”という名のねじりパスタです。

カロリーナさんによると、手打ちパスタは日曜にのんびりと作るものだそう。家族で一緒に作ったりするのかな、なんだかそれって素敵。

パスタの生地や硬さは家庭でそれぞれ異なるようで、カロリーナさんは水も少なめでこねるそうです。そんな難易度の高い生地なので素人の私はとっても大変(笑)パン作りでこねかたには慣れているつもりですが、全くだめだめでした。がんばってこねていましたが、いつまでたってもまとまらないので途中でカロリーナさんと交代。

あれれ、あっという間に生地の完成(笑)
そしてそのあとは黙々とねじねじ作業・・・これ時間かかりました。

トラパーニ


とってもしあがりが可愛いですよね。

食感はもっちもち。
やっぱり手打ちパスタは美味しいですねぇ、一応作り方はおぼえたつもりなので、近々おうちでやってみようと思います。セモリナ粉もかっておかなきゃ。

ソースは、フレッシュトマトとバジル、にんにく、オリーブオイルをすり鉢で混ぜたもの。トマトソースというと煮込まなければいけないと思っていたのですが、こういう食べ方あるんですねぇ、すごく美味しかったです。完熟のトマトは最近一年中日本でも手に入るので、忘れないうちに復習必須。

上にのせたアーモンドたっぷりなカリカリのパン粉も最高!

鯖のトマト煮などもあれよあれよで完成。

ワインを飲み飲み、レイコさんにいろいろと通訳してもらいながら、イタリアのお料理についてなどいろいろお話を伺いました。

楽しいお話をききつつも、失業率の高さや教育のこと、食文化のこと。いいことばかりではなく変わっていかなければいけないそんなこともいろいろとお話しを伺うことができました。

この日は、その足でパレルモ宿泊の予定でしたが、もう1泊トラーパニに宿泊。

そうしてシチリアとサヨナラです。

12:09 午前 [italy] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/17175181

この記事へのトラックバック一覧です: 7日目 トラーパニでシチリア料理教室:

コメント

わぁ~!素敵。
旅先や異国の地で、その土地のお料理を習うって理想です!
それもそこで暮らすママンに教わりたい~。

私も来年から1年アメリカ暮らしをするので、新しい食材&お料理に出会える&教えてもらえるのが楽しみです。

シチリアというとシモーネさんの世界のイメージはあったかしら?

投稿者: setsukoro (2007/11/26 17:57:53)

takakoさん、お久しぶりです。シチリアのレイコさん、2年くらい前のイタリア料理留学の時代のブログからずっと見ていました。「葉山にレイコさんのイタリア菓子の店をつくろう会」の会長でもあります(会員約1名! 笑)。留学からお菓子修行、コーディネイターと、バイタリティありますよね。と、レイコさんつながりで、久しぶりにコメントさせて頂きました。バクテーズ、新規店の品切れでお休みしていますが、またいずれ!

投稿者: じゃらん堂 (2007/11/29 6:37:33)

コメントを書く