« 3日目その1 映画気分 | トップページ | 4日目 シチリア上陸~タオルミーナへ »

2007/11/16

フライパン3日目その2 ヴァチカン感動

ローマ

しつこくローマ観光。

前日、人生最大の大行列に巻き込まれ(その時の様子)途中断念したヴァチカンへ再び。

・サン・ピエトロ広場

半円型の回廊には円柱が284本並び、そして140人の聖人像が並ぶその姿は圧巻。
ヴァチカンすごいよー、ないちゃうよといっていたのはこれなのかしら。(あとでそうではないのに気がつきます)。

毎週日曜日正午には、法王が姿を見せて広場に集まった人に挨拶をするそう。この日は日曜日、その後だったのか沢山のイスが並んでいました。

・サン・ピエトロ大聖堂

1626年に完成した、カソリックの総本山。

入り口に入るとミケランジェロの作品があるなど、素晴らしい宗教画が目の前に広がります。上をみても下をみても右をみても左をみても・・・美しすぎてなんだか感動が湧き上がるというのはこういうことなのだろうでしょうか。

ローマ最終日、ここにきてよかった。
確かに涙がでそうなくらい美しい。

ローマ

ガイドブックには、あまり詳しくそして大きく書かれていないのですよね、これなんでだろう。ここはスペイン広場より絶対いったほうがいいはずなのに・・・

ローマ

・サンタンジェロ城へ

すっかりふぬけのようになりながら、最後の観光としてサンタンジェロ城へ。
こっこがすばらしかったのは、テラスから眺めるサン・ピエトロ大聖堂。

建物の中にあるカフェでカプチーノを飲んでいると、ちょうど夕方だったのでどんどん広がっていく夕焼け空!なんとも美しいではないですか。

二人してこの美しさをカメラにおさめよう!と必死にシャッターを押すものの、カメラテクがない私たちは、ブレブレ~。しかし負けません。そして、景色も生で楽しみたいなんて欲張り気分も湧き上がり。

「うっとり~」→「パシャ(カメラ)」→「うっとり~」→「パシャ(カメラ)」・・・
落ち着きのない私たちです。

ローマ

・日曜のディナーはかなーり要注意

ガイドブックをみてレストランを探すものの、ほとんど日曜はお休み・・・。

私たちの視点だと日曜って商売としては稼ぎどきなのにもったいないなぁと思うのですが。カトリック系の国では日曜日は『安息日』としていて、朝のミサへ行く以外は家でのんびり過ごすと言うのが常なようです。とはいえ日曜は人多かったけどなぁ。
もしかしたら数年後はそう

そして数少ないレストランをまわると予約でいっぱいやら、貸切パーティやら。

若干不機嫌になり始める私たちです。しかしやりばがなく無言(私たちも大人になりかつてのような無駄な言い争いはしなくなりました)。

そしてようやく発見!のトラットリア。ローマ最古のリストランテ「ラ・カンパーナ」
入り口にはずらっと並ぶアンティパスト。しかしお店に入るとカジュアルな服装な私たちってちょっぴり浮いてる???

アマチャトリーナ、ポルチーニのパスタ、トリッパ、牛煮込み(名前忘れた)をオーダー。やはりこの時期のポルチーニは美味しいですねぇ。トロッとしていてとても香りもよく美味しかったです。
しかしローマにきていろいろパスタを食べていて思ったのですが、アルデンテってこだわっているのって日本だけ???ローマではしっかり茹でてあるものが多かったです。もしかしたらローマだけなのかもしれないのですが。

胃袋も時間もいっぱいいっぱい・・・。またまた千鳥足でホテルにもどり、一眠りと思ったら夜中の3時!またまたやらかしちゃったと慌ててシャワーにはいり、明日にむけてとっとと眠りにつきました。

ローマ最終日はのんだくれー。

12:57 午前 [italy] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/17086446

この記事へのトラックバック一覧です: 3日目その2 ヴァチカン感動:

コメント

takakoさん、こんにちは。
すばらしいヴァチカンの写真ですねー。きれい、おいしそう!本当に素敵です。

イタリアへの関心が高まったのは実は最近で、きっかけは須賀敦子さんの本でした。うー、イタリア行きたい。ぜひヨーロッパにいる間に訪れたいです。

投稿者: asakart (2007/11/17 5:11:12)

夕暮れの写真、絵葉書のように美しいですね。
ローマ、ヴァチカンの様子をなつかしく拝見しております。
私が訪れたのは極寒の3月だったせいか行列はあまりありませんでしたが、
学生の貧乏旅行だったので美味しいものを食べた記憶なしです。
パスタがホント美味しそう!

コロッセオ周辺は馬車が多くて、石畳の上へ馬の落し物がいっぱいあったような~。

投稿者: setsukoro (2007/11/17 10:29:17)

楽しくローマ記読ませていただいてます。
私もヴァチカンはローマ滞在中2度行きました。
これを人間が作ったなんて、宗教のパワーってすごい・・・と、圧倒されました。

サンタンジェロ城にも行かれたのですね~。
私は日本で寺めぐりが好きなように、ローマでもひたすら小さな教会めぐりをしていました。

ダ・ヴィンチ・コードの著者ダン・ブラウンの「天使と悪魔」は、ヴァチカンやサンタンジェロ城など、
ローマの多くの観光名所がミステリーの舞台になっていて、とても楽しめますよ~。
ストーリーもダ・ヴィンチ~よりずっとおもしろいです。

投稿者: スジャータ (2007/11/18 10:48:49)

コメントを書く