« 会席料理 岸由 | トップページ | 平塚美術館でランチ »

2007/10/19

フライパン鰯のお酢煮

鰯のお酢煮

仕事のなかで、食品メーカーの方や流通関係の方から聞くこと。

「最近の若い人は、お料理をしなくなっているけどこれは大変なことですよね」

まぁ若い部類には入らないかもしれないのですが、何だかそういう話を聞くと自分のことに聞こえて胸が痛くなります。
比較的お料理は好きで、毎日は台所に立ってなんらかお料理をしています私ですが、しっかりお料理をしているかといわれると「いやー・・・」とお茶を濁してしまいますね。
お分かりの通り、外食もかなり多いですから(!)。

いろいろ考えすぎて迷宮入りしそうなので、この話しはここまでにしますが、こういう話の後は、なんだかムクムクとお料理したくなってきます。それはきっと「私は違うんだ~」という自己防衛かしら、ほんと頭が弱い証拠です。。。。大人にならなければ。

この日作ったのは、魚屋さんに安く売られていた鰯を生姜と酢で煮込みました。鰯は大磯でとれたものだそうです。
そういえば今年は大磯で彼が釣った鯖はまだだなぁと思いだしました(今年は釣れていないようですが)。

ストウブにいれて、最初中火→その後弱火でじっくり1時間弱。小さな鰯だったので骨まで食べれる煮物が完成。

とっても簡単にできたのですが、なんだか料理上手に見えるお料理ですね。
この日は、とっても普通な献立で組み合わせ。
実家から送られてきた新米で炊いたご飯、ポテトサラダ、そして大豆屋の冷奴。

外食だったらとってもつまらない献立なのですが、やっぱりお料理って不思議なエネルギーを加えてくれるのか、二人でわいわい話しながら食事をする時間ほんとうに楽しいなぁと思いました。

お料理を楽しくするという会社に勤めているからには、やっぱりもっと私が楽しくならなければですね。

12:57 午前 [毎日のおかず(魚料理)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/16755717

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯のお酢煮:

コメント

鰯を緑茶で煮るとかなり味がちがいますよん。

投稿者: (2007/10/23 20:39:21)

コメントを書く