« 鮨 志の助 金沢 | トップページ | まだまだ努力が必要なゴーヤチャンプル »

2007/09/13

フライパン朝顔のカーテン

朝顔プロジェクト

金沢2日目。
翌日朝一番の飛行機で帰らなければいけないのが少し寂しい気持ち。

そんな気持ちを癒してくれるような、朝顔のカーテン。以前にもご紹介しましたが金沢21世紀美術館がいろいろな種類の朝顔で覆われています。

それは日比野克彦さんが中心となっている「明後日(あさって)朝顔プロジェクト21」。つまり

美術館を舞台に幅広い年齢・職業の人々が、「朝顔」を通じて作家と様々な活動を展開しながら自分を発見し、多様な人々と出会い、それぞれに新しいつながりをつくり出していくことを 目指しています。(HPより抜粋)

5月に種をまき、苗を植え、そしてこの夏きれいな朝顔がひろがっていたようです。9月でもまだ少し咲いていました。


朝顔プロジェクト

建物のなかかからはまた違った景色。
なんだか涼しげに見えますね。ちなみに新聞によると、この朝顔のカーテンがもたらしたのは見た目の涼しさだけではなく、実際の館内温度にも影響を与えたようで、電力量が
昨年同月より、約一万キロワット減ったそうです。今年のあの猛暑にもかかわらずです、なんとも素敵なお話しです。

朝顔と壁面の間を歩いてみたところ、確かに涼しい。ガラスにうつる朝顔と実際の朝顔に囲まれて、まるで朝顔のトンネルを歩いているようですがすがしい気持ちになりました。
新しくおうちができたら、お庭に朝顔のカーテンを引いてみようかしら。

朝顔プロジェクト

気持ちよい散歩をしたあと近くの百貨店でお買い物。狭い金沢、少し離れたところに住むおばあちゃんに偶然会いました。また背がのびたといわれ・・・(涙)

そして帰り道に以前ブログでも紹介しました「漆の実」でちょっと一休み。

一緒にいった母親は白玉のおぜんざい、私はいつもの抹茶と吉はしの和菓子を注文。

そしてテーブルにきたこちらのお菓子、先ほどみた朝顔のカーテンをイメージしたようで何だかちょっと嬉しくなりました。

ちなみに本当のお菓子の名前は失念してしまったのですが・・・。

今回の金沢、あまりゆっくりできなかったので少し涼しくなる紅葉の季節にまた帰ってこようかなぁ。そのときは3泊くらいはしたいなぁ。

12:42 午前 [金沢] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/16394831

この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔のカーテン:

コメント

わぁ。ほんと素敵な朝顔のカーテン!夏らしく涼しげです。
私が伺った春の金沢21世紀美術館の雰囲気とはまたガラリと違う!
その頃からもう朝顔の種が準備されていたんですねぇ。
季節を感じる美術館って意外とないですよね。

我が家の朝顔は9月になっていっきに元気が無くなりました。
9月でもこんなグリーンが綺麗で花も咲かせるために、愛情込めて世話されている方がいらっしゃるんでしょうね。

志の助もいいなぁ。また行きたくなりました。

投稿者: setsukoro (2007/09/15 8:52:48)

朝顔のカーテン、凄いですね。
美術館の中から見た景色がまた素晴らしい。

同じことはできないですが、
自宅も工夫して気持ちいい環境を作りたいなと
思ってます。

投稿者: shion (2007/09/15 15:17:21)

おはようございます。初めて埼玉は熊谷市からお便りします。金沢が好きで毎年2月に連れ合いと旅行に行くんです。21世紀美術館の朝顔カーテンは、テレビ金沢の携帯サイトやテレビで拝見。朝顔だとかなり密に植えないと陽除けにならないんですよね〜で、我が家(近所の実家ですが)ゴーヤ(苦瓜)でしつらえます。エコと胃袋の双方満足(笑)です。近年のお気に入りは苦みの少ない白ゴーヤです。

投稿者: オニ嫁 (2009/04/13 9:57:36)

コメントを書く