« リストランテ ジロモンド 外苑前 その2 | トップページ | 鮨 志の助 金沢 »

2007/09/09

フライパン龍馬に会いに~桂浜~

高知

四国の旅、最終日。

朝早起きして、日曜朝市へ。
土佐、高知市では月曜日をのぞいて毎日、高知市内のどこかで街路市場がひらかれています。そのなかでも代表的なものにあげられているのが私がお邪魔した日曜市。

私はストリートマーケットというものが本当に大好きで、旅行にいくと国内海外問わず、時間があればその空気を味わいにいきます。昨年ヨーロッパにいったときは楽しかったですね(そのときの日記)。お花などがいっぱいあって心が躍りました。あと葉山の朝市もほんとうに楽しいですよね~(そのときの日記)

そして高知。
どんなかんじなんだろうと思い、わくわくしてでかけました。想像以上に店は多く、そして朝が早いにもかかわらず多くのお客さんで大にぎわいです。それも老若男女いろいろな方がいっぱい。生活に密着してるのでしょうね。

写真は、田舎ずし。
昔、海苔や昆布が無かった頃に、山のものを使っておすしをつくったのが始まりだとか。たけのこ、こんにゃく、みょうが、たくわん。酢がきいていてとても美味しかったです。ただ名前のとおり「田舎」なのでしゃりは大きかったですね(笑)。

これはバスで移動しているときに、車中でれーちゃんと一緒に食べました。
昔の人もこうやって、旅をしながらこれを食べていたのかなぁ。

高知

売っているものは、さまざま。
その日とれた野菜、お茶、ぞうり、おまんじゅう、エコバック、かに(?)などなど。
高知に近郊に住む農家さんなどが持ち寄って出店しているようです。となりのお店のおばちゃんと雑談している人、質問をするといろいろなことを教えてくれる人、いずれにせよ笑顔が満ち溢れているその空気は最高です。

私がもっていた土佐っこのイメージそのものです。

高知

散々あるいて、次に向かったのは「桂浜」。

ここには、あの坂本龍馬の像があります。

実は、この旅のあとになってしまいますが、司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」をかなりの猛スピードで読んでいるのですが、あの本すごい面白いですよね!すごい厚みのある本を寝る間を惜しんでよみふけっています、お恥ずかしい。

そして旅の前に読んどけばよかったーーー!!と思ってしまうくらい、ここ最近竜馬の魅力にとりつかれています(かなり遅いですね)

桂浜にそびえる坂本龍馬の銅像。このときはあの偉業をなしとげた人か~なかんじだったのですが、きっと今みるともっともっと感慨深かったはず・・・(笑)。いやいやまたいつか行きたい。

と、興奮気味の気持ちを抑えます。

桂浜は、ほんとうに美しくて吸い込まれそうでした。海はキラキラしていてすがすがしい風のかおりがします。
湘南の海(もちろん湘南も大好きですが)それとは全く違うものに見えてしまいました。
室戸でみた美しい海より少しおだやかにみえましたが、いずれも宝石のようです。

四国ですごした時間は、とっても忙しかった、そして暑かった夏の原動力になりました。
この旅行がなかったら確実エネルギー切れしていただろうな。

また、必ず高知にいきたいと思います。

05:43 午前 [四国] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/16383130

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬に会いに~桂浜~:

コメント

竜馬が行く!
私も中学生の時にハマリ、最初はトロトロ読んでいましたが、
後半はtakakoさんと同様寝る間を惜しんで一気に読みきった
覚えがあります。
読みながら胸が高鳴なったり、悔しくなったりしていたなぁ。

厚い単行本全8巻は、今も我が家の本棚にあります!私の今の時代小説好きの始まりになった小説かもしれません~。
またこの年になって読み返したくなってきました!

歴史や人物について詳しく学んでからその土地へ行くと、楽しさ倍増ですよね。
私は今真田太平記を読んでいるので、GWに行った上田にまた行きたくてうずうずしています。

投稿者: setsukoro (2007/09/11 9:12:41)

はじめまして!
高知県在住の者ですが、玄米ご飯が食べたくて『高知 玄米ご飯』で検索したら辿り着きました。

センスの良さがうかがえる素敵なブログですね♪

また高知に遊びにきてくださ~い☆

これからもまたちょくちょくお邪魔させてもらいます♪

投稿者: akina (2007/09/17 8:15:13)

はじめまして。

私も料理が大好きなのですが
「田舎ずし」って、知りませんでした。
地方には、知らない料理が
まだまだたくさんあるんですね。

これからもおじゃまさせていただきます。

そして、私も湘南人です。
どうぞ、よろしくおねがいします。m(_ _)m

投稿者: 海風 (2008/01/27 18:11:50)

コメントを書く