« クルック・キッチン (kurkku kitchen) 神宮前 | トップページ | 台湾茶がおいしい 花茶 茅ヶ崎 »

2007/03/06

フライパンにんじんポタージュ

にんじんポタージュ

NHKで放送されたプレミアム10、「おいしさを待ち続けて~料理家辰巳芳子の四季~」 ご覧になった方は多いのではないでしょうか。2月にBSハイビジョンで放送されていたこちらの番組、見たいなぁと前から思っていました。念願かなって地上波で放送されると聞き、無理やり仕事を終わらせて帰宅しました。

彼女のお料理教室は今や500人待ちとか。
番組では四季のうつろいの中でお料理とともに過ごす彼女の姿、そして料理に対する彼女なりの思い、そしてやさしさが短い番組のなかでぎゅぎゅっと詰め込まれていました。

「手間を重ねた料理は、食べる人が“愛されている”ことを確かに感じる“励まし”」

あの有名な「いのちのスープ」についても丁寧に取材されていました。作っていていたのはにんじんポタージュ。こうやって作られるのだなぁとしみじみ眺めていました。一度作ってみたいです。

写真は私のにんじんポタージュです。先日ご紹介したケーキでも使ったにんじんペーストに牛乳をいれただけの本当にシンプルなもの、本当はゆとりをもって玉ねぎを炒めてミキサーにかけたほうが美味しいと思います。そんな感じで辰巳先生のそれとは大きく(かなり)違っているものですが、じっくりゆっくり弱火でことこと。野菜の甘みがじわーっとでてきてとてもやさしい味わい。
お客さんがきたときによくお出しするのですが、とても気に入ってもらえるスープです。

これおいしいねぇ!と言うこと、言われること。お料理ってとてもシンプルでそして伝えやすい愛情表現だなぁと思います。

しかし、この番組を録画をしなかったことが悔やまれます。。。。

(参考レシピ)
レシピ にんじんポタージュ by スタッフたかこ

12:23 午前 [毎日のおかず(野菜料理)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/14154114

この記事へのトラックバック一覧です: にんじんポタージュ:

» 料理家 辰巳芳子 from Cafe de 湘南
本日のNHKで料理家の辰巳芳子の特集があり 久々に元気な姿を拝顔致しました。 辰巳芳子の料理哲学である文語で 「下ごしらえに手を尽くしたらあとは時を待つ、        おいしさと云う喜びは自ずとやっ... 続きを読む

受信: 2007/03/06 12:45:53

コメント

人参ポタージュなんだか見てたら和みました。
この色合いのおかげかな。
それとも写真から優しさが伝わってくるからかな。
人参の自然の甘味がじんわり伝わってくるようです。

投稿者: NAOKO (2007/03/06 9:47:06)

TBさせていただきました。
辰巳先生のスタンスは食に対する
執念すら感じます。
素敵な方ですね!

投稿者: kawai (2007/03/06 12:50:32)

>NAOKOさん
ほんとにんじんってほっとしますね。
オレンジ色がなんとも癒し効果があるのでしょうかね。

投稿者: takako (2007/03/14 1:36:59)

>kawaiさん
こんにちは!TBありがとうございました。
辰巳さん、素敵ですよね。もっといろいろ本を読んでみようかなぁとおもいます。

投稿者: takako (2007/03/14 1:38:05)

コメントを書く