« 吾妻山で菜の花鑑賞 | トップページ | Loasi (ロアジ) 再び 腰越 »

2007/01/30

フライパン里芋のおしゃべり味噌のせ

みやもと山さんのおしゃべり味噌

先日のやさい暮らしの交流会。とてもたのしかったのでいまだに余韻に浸っております。あの話よかったなぁとか、あれおいしかったなぁとか、そんなことを思い出しながら冷蔵庫をあけて夕飯の用意。

そこでみつけたのは「おしゃべり味噌」。
そうだ!前にみやもと山さんからお餅を買ったときに味噌も買っていたのでした!うっかり忘れていました。(よくあります、私)

先日の交流会でいただいた里芋団子、あれは美味しかったなぁ。ということで今週とどいたいいじまさんの里芋をふっくら蒸してそれに味噌をのせて。
里芋はきれいに洗って、STAUBにいれて水を1センチほど。そのあと超弱火で20分ほど、竹串がささるまでふっくら蒸します。前は蒸し器を使っていたのですが、最近はSTAUBが大活躍です。(※私のSTAUBはこちら

とっても美味しい~。甘すぎず塩辛くなく、ほんと最高。大豆のおいしさ、水のおいしさ、そして愛情こもった味噌作りのかけあわせで美味しいお味噌ができたのでしょうね。

みやもと山さんのおしゃべり味噌

どうやって作ってるのかなぁとあれこれ検索してみたら、昨年の味噌仕込みの様子をレポートした記事を発見。とてもほんわかいい雰囲気が伝わってきました。
みやもと山のふみさん、この味噌作りをもっと多くの人に楽しんでもらおうと「味噌作りセット」を考えているようです。これは絶対かわなきゃ!

こちらのお味噌、ふみさんが障害者の自立支援のため作られた大きな蔵を改造した加工場で作られています。

障害者さんが座ったまま作業できたり、車椅子のまま作業できるようになっているそうです。その資金はふみさんが自宅でコンサートを開いたりなどで集めたそうで。

ほんとあたたかなお話いっぱいのみやもと山さん、早く遊びにいきたいなぁ。

みやもと山さんの味噌はこちらで購入できます。

01:26 午後 [毎日のおかず(野菜料理), 食材、キッチン道具] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/13711410

この記事へのトラックバック一覧です: 里芋のおしゃべり味噌のせ:

コメント

ちょこんとのせられた味噌かわいいです。
この里芋のむき方もかわいらしい、、、
きぬかつぎなる料理を思い出します。
少し里芋の表面を焦がしてのせてもおいしいかもですね。

投稿者: NAOKO (2007/01/31 10:03:42)

みやもと山のふみ子です。
美味しかった!!
このブログ見るだけで満腹になりますね
実際はお腹がすきますけど・・・
またお会いできるの楽しみにしています

投稿者: みやもと山のフミちゃんです (2007/02/01 5:36:02)

>NAOKOさん
かわいいですよね、里芋ちゃん♪
上をこんがりやくって高テクニックですね。やってみようー。

投稿者: takako (2007/02/03 1:05:33)

>ふみちゃんさん
ほんと素敵なお味噌ありがとうございます。いまや毎日いただいています。
春には絶対遊びにいきます!宜しくお願いします。

投稿者: takako (2007/02/03 1:06:32)

コメントを書く