« ぐつぐつハンバーグ | トップページ | いまさらながらバナナ酢? »

2006/09/02

フライパンロテル・デ・ベルジュ 最高の時間 イルハーゼン

ロテル・デ・ベルジュ

フランスから帰国して2ヶ月経とうとしています。まだまだフランスの余韻に浸っている私です。それほどほんとうにこの旅行はいろいろなものが思い出に残っています。

今回の旅行で一番お世話になったのが、フィガロジャポン2006年1月号。この雑誌を手に取った瞬間「フランス田舎町に行きたい」そんな気持ちになりました。そしてこの雑誌をバイブルにしてアルザス旅行をしました。

その中で書かれていた

「何もいらない。ただこの村に来て、ロテル・デ・ベルジュに泊まれればいい。そこではフランスでも1,2を争うおいしい料理と最高のサービス、そして穏やかな時間が待っている」

これをみたら行かなきゃ!!もう一生いけないかもしれないその場所へ。イルハーゼンにつき、リル川を渡るとそのホテル。四代続くオーベルジュ。祖父兄弟がホテルの中核をつくり息子が三ツ星レストランのシェフとなり、娘婿がホテルを継ぐという家族経営だそうです(フィガロジャポンより)。

夕方にホテルにつき、少し散歩をした後、その噂の三ツ星レストラン「ローベルジュ・ドゥ・リル」へ。いつものTシャツ短パンから少しおめかし。外でもいただけますよ、ということで早速なので美しい景色をみながら、三ツ星レストランのお料理をいただくことに。なんて贅沢。

ロテル・デ・ベルジュ

たどたどしい英語そして、わからないままメニューをみながらシャンパンを。川辺をみると小船のうえにテーブルセット。ちょっとしたセンスのよさにうっとり。
ぼんやりしながら景色を眺めていると、突然の大きな雨。青空ディナーからレストランの中へ移動。いきなり緊張する私たち、だってまわりはとても素敵な大人達がいっぱいなんですもの!

さすがにレストランの中ではカメラをだすわけにもいかず、この日はすっかりお料理と楽しいお話とで時間をすごしました。お料理を待つ間はさすがに緊張していましたが、お料理がでてきた瞬間心から嬉しい気持ちになり、食べてまた嬉しい気持ち。美味しいというきもち以上に嬉しい!そんな気持ち。幸せだなー(写真がなくてごめんなさい)。いつかおじいさん、おばあさんになってまたこのディナーが食べたいな、心から思いました。

ロテル・デ・ベルジュ

こんな素敵なレストランですからホテルのお部屋もまた素敵です。ベランダにでると、美しい川が見え時間を忘れそう。
クリーム色と茶色で統一されたお部屋はとても温かみのあふれたインテリア。アメニティもとてももちろん素敵でした。

贅沢な時間、一日で書ききれないのでまた続きは。。。。

L'Auberge de l'Ill (ローベルジュ・ドゥ・リル)
2, rue de Collonges au Mont d'Or - 68970 Illhaeusern
Tél: 03 89 71 89 00
aubergedelillaubergedelill.com

07:18 午前 [France] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/11705190

この記事へのトラックバック一覧です: ロテル・デ・ベルジュ 最高の時間 イルハーゼン:

コメント

初めまして、こんにちは。名古屋在住のcatです。
名古屋にオーベルジュドリルの支店が出来て
先日お食事を楽しんできました。
すっかりこのレストランのFanになり、
こちらのBlogの素敵な写真を拝見して
是非とも本店のあるイローゼルンに行きたくなりました。
もし予約が取れたら、この夏、
アルザス旅行に出かけようかなぁと思っています。
その際は、こちらの旅行記を参考に
ストラスブールやコルマールでの散策も
楽しんで来ようかな・・・と思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: cat (2007/03/23 22:55:56)

>catさん
こんにちは!名古屋にお店ができたのですね、いいなぁ。出張に名古屋にいったときにはぜひお邪魔しようとおもいます。

夏のアルザスは緑が美しくていいとおもいます。そしてぜひゆっくり宿泊して感動を味わってください。

ブログ拝見しました。すごいおいしそうなエントリーにはまってしまいました。こちらこそ今後ともよろしくおねがいします。

投稿者: takako (2007/03/25 0:48:53)

コメントを書く