« かつおのたたき、サラダ風 | トップページ | Piccolo Grande(ピッコログランデ) 麻布十番 »

2006/04/06

フライパン桜のお弁当

桜のお弁当

都内では桜の花びらが舞うようになってきました。私の住む湘南はまだ少し楽しめるところはあるようで、毎朝電車の中から桜並木をみるのが本当に楽しくなってきました。

都内では、特にお花見という感じでもなくぶらぶら散歩しながら桜を楽しみました。目黒川沿いの桜は、夜のライトアップが美しかったです。ちょうど仕事で愛宕ヒルズにいったときに寄り道したのは、愛宕神社。愛宕神社にある田崎真也さんのお店「Tてぃ」で桜を見ながら花見ランチ。ここでは、愛宕ヒルズがバックに桜が咲き誇る様子は本当に美しかったです。代々木公園は、職場が目の前ということもあり仕事中ちょっと抜け出して散歩しました。ほんとこの時期は歩いているだけで楽しいですね。
湘南では、先日ご紹介した鎌倉以外に大庭城址公園の大きな山桜の下でうとうと居眠り花見。ここの桜は本当に美しかったです。

そして、お弁当も春らしくしてみました。ご飯は桜の塩漬けをちらしてみたのですが、かなり可愛くなりました(自画自賛)
他のおかずはアスパラのベーコン巻き。実は写真では分からないのですが、使っているアスパラガスは「紫アスパラガス」なんと紫色のアスパラガスです。紫色なので、ご存知アントシアニンやポリフェノールが豊富。
これは彩りもいいなぁと思いながら、茹でました。すると!!!なんと色が抜けて緑色になってしまいました。これはポリフェノールも抜けてしまったのでしょうか。新鮮なものだったので、薄切りして生でいただけばよかったと反省しても後の祭り。
ただ、お味はしっかりと味わいがあって美味しかったです。

(おまけ)
ぶらぶら桜の写真

桜

01:18 午後 [お弁当] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/9457430

この記事へのトラックバック一覧です: 桜のお弁当:

コメント

季節感をとりいれたお弁当は蓋を開いた瞬間、嬉しくなりますよね。この手があったか! という感じです→夫は桜の塩漬け・はっぱが苦手なので使えませんが・・・
紫カリフラワーも茹でると濃い緑色になります。いただく時、これはブロッコリーじゃないよぉ~と思わず言いつづけました。普通のカリフラワーより緻密で味も濃かったです。

投稿者: jun (2006/04/11 19:18:10)

>junさん
春は彩りがよいので、季節感を入れやすいですよね。
ただ旦那様が苦手だとのこと、残念。junさんの面白いアイデア教えてくださいね♪
紫カリフラワーもゆでると変わっちゃうのですね。なんだか想像つかないなああ。食べてみたいです。

投稿者: takako (2006/04/12 1:27:54)

コメントを書く