« 以ず美 長谷 | トップページ | アルポルトでサイン! 西麻布 »

2006/03/28

フライパン第7ギョーザの店 金沢(お取り寄せ)

第7ギョーザの店

日本中世界中(?)食い倒れながらの旅ライターtakuさんのエントリーで紹介されていた「ホワイト餃子」。ご紹介されていた本場のものはまだ未体験なのですが。私の実家、金沢にはそのホワイト餃子の技術提携店の「第7ギョーザの店」があります。金沢で仕事をしていたとき、よく職場の人でお昼にでかけたなぁと、takuさんの記事を拝見し、懐かしく思い出しました。そういえば冷凍庫に、金沢に帰省した際に買ってきた「ホワイト餃子」があったことを思い出し、おうちで作ってみることにしました。

その作り方は、今まで見たことのない作り方(こちらを参照)。フライパンに餃子をいれお湯をいれて蒸し焼きというところは普通の餃子と同じ。違いはそのあと。フタをはずして、餃子がもぐるくらいまで(!!)油を入れます。サラダ油のボトルの半分がここでなくなってしまいました。。。そしてお湯と油が混じって白くなり、そしてお湯が蒸発したところで、また油(!)。揚げ物をしているような、なんというか。。。これがカリカリの理由なのですね。そして油を戻して出来上がり。
少し焦げてしまいましたが、それっぽく出来上がり。クリスピーな感じは、ちゃんと再現されています。

「第7ギョーザの店」といえば、「ちゅう、ちゅう、とん」。ホワイト餃子中(10個)、ライス中、豚汁。これが定番。この日も豚汁とあわせての食事。おかげで懐かしさは最高潮!ゴールデンウイークには金沢に帰る予定なので、どうにか予定をつけてでもいかなきゃと心に決めました(大げさですね。。。)

12:01 午前 [毎日のおかず(お肉料理)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/9162216

この記事へのトラックバック一覧です: 第7ギョーザの店 金沢(お取り寄せ):

コメント

takakoさん、こんばんは。
最近はあんまり海外食い倒れ仕事がない旅ライターです(笑)。
すごいですね、自宅でホワイト焼き(揚げ?)とは。
サラダ油ボトル半分消費…
それを聞いただけで、テイクアウトは絶対やめようと思いました。
ちょっとキケンすぎます、デブには(笑)。
そうそう、トラバさせていただきましたが、
こちらのホワイト餃子のコメント欄に、新たな情報が入りました。
相模原にあるホワイト技術提携店「萬金餃子」、うまいらしいですよ〜。

投稿者: taku (2006/03/28 22:00:20)

お店の作り方みたい。油飛び散って大変だったでしょう。
でもかなりいい色してますねー。ほんと美味しそう。
この前食べに行ったら、お店のコンロがIHになっており
驚きました。
私も「ちゅう ちゅう とん」ペロリです。(^^)
ちなみに「第6ギョウザ」というお店もあるんですよー。
そこのギョウザもすごく美味しいです。

投稿者: だるま (2006/03/29 12:02:43)

>takuさん
確かにあの油の量は危険すぎます!ほんと超危険!!
そしてすごい情報!!!相模原ですね。これは至急いや超至急いかなきゃーーー。

投稿者: takako (2006/03/30 1:36:24)

>だるまさん
確かに油がとびちって、そのあとの床掃除大変でした。。。よくご存知で。。。
えー第七IHになったの??なんだかイメージ違うなぁ。でもIHだと揚げ物の温度が一定に保たれるし油が痛まないからいいのかもしれないのですけどねぇ。

第六ってまだあるのですか?うちの両親は第一から第七があったといっていたのですが、それはほんとかしら。

投稿者: takako (2006/03/30 1:39:00)

見た瞬間「ホワ餃!ホワ餃!」とウキウキしてしまいました。
大好きです!ホワイト餃子!!
名前が違いますが同じものですよね。
私もうちで作ったときに、あまりの油の量にびっくり!
かなり危険な食べ物ですよね~。
でも安くて美味しいから辞められない!

相鉄線の星川にあった「ホワイト餃子」が閉店してしまって大ショックです。
星川よりもっとうちから近い小田急相模原にある「萬金餃子」に行って見ましたが、味が違う気がしました・・・。
私としては満足行かず、もう行かないと思いました。
でも人それぞれ味覚は違うから、takakoさんも比較しに行ってみてください~。
忙しいお店なので、追加注文ができないシステムになってて驚きました。

投稿者: エリ (2006/03/30 19:18:01)

>エリさん
ほーー「ホワ餃」なんですね。「ほわぎょう」と書くとなんだかよくわからない(笑)
私は「第七(だいなな)」で通用してました。いろいろ土地柄があるのですね。
相模原のもの、賛否両論ですね。これは行ってみなきゃってことかなぁ。

投稿者: takako (2006/03/31 0:17:53)

コメントを書く