« ただいま! | トップページ | Bacalhau Com Natas in シントラ »

2005/10/06

フライパンパスティス・デ・ナタ in リスボン

パスティス・デ・ナタ

1日目。
夜遅くにリスボン到着。なんだかボケボケしているなかホテルに到着しそのまま就寝。
2日目。
翌日はすっかり時差ぼけもなく(!)早起きして、リスボン郊外を散歩。
目に見るものひとつひとつが新鮮で、きょろきょろしながら街中を歩き回りました。ポルトガルはヨーロッパで一番治安がよいと言われているようですが、ほんとそんな感じでぽやーんとしているというのが最初の印象。旅の始まりには、こういう国がぴったりなのかもしれません。

リスボン郊外にあるベレン地区へ。世界遺産に登録されている「発見のモニュメント」はじめたくさんの見所がありたくさんの観光客でにぎわっていました。

写真は「パスティス・デ・ナタ」、タルトのなかにカスタードクリームがはいったいわゆる「エッグタルト」です。
パリパリさくさく。甘さも控えめだけど何だか深い甘み。2個くらいはぺろりといけそう。
あとで知ったのですが、私が伺った「Pasteis de Belem」はポルトガル一有名なナタ(エッグタルト)のお店だったようです。

実は、その後ポルトガルでたくさんのスイーツをいただきましたが美味しかったのはこれが最初でこれが最後。どうもめちゃくちゃ甘すぎるスイーツがポルトガルのお菓子みたい。

文章をかきながら、あぁぁもう一度ナタ。。。そんな気持ちになってしまいました。

☆リュックの行方☆
まだ私のリュックは旅立ったまま行方不明。考えないようにしようと思えば思うほど気になってしまうという小心者気質がでてきていたりします。。。。

01:13 午前 [spain/portugal] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/6272989

この記事へのトラックバック一覧です: パスティス・デ・ナタ in リスボン:

» 【5-a】 リスボン → ナザレ from Blog - いつもこころに EUROPA
[あらすじ] … ベレン地区の、発見のモニュメント、ジェロニモス修道院、ベレンの塔を観光。特に発見のモニュメントには、心を揺さぶられました。また、リスボンでいちばん美味しいと言われるパステイス・デ・ナタ(エッグタルト)を堪能。そして、国立古美術館へ向かうバスの中で、ポルトガル人の優しさ、温かさに触れることができました。... 続きを読む

受信: 2005/11/19 17:21:45

コメント

おかえりぃ~。
だーからわらしにバッグを預ければよかーたのにぃ~、、ナンテネ。 お祈りしましょう。

エッグタルト、、日本にも上陸するといいのにねぇ。

投稿者: Taroken (2005/10/06 9:33:59)

takakoさんが戻られるのを待ってました~♪
エッグタルト、”深い甘み”なんて気になります!
私も先日シンガポールで食べてきましたが、卵の味が強いものでした。

バッグ、無事に戻ってきますように。
(Tarokenさーん、お祈りしましたよー!)

投稿者: genmai (2005/10/06 19:56:01)

>tarokenさん
エッグタルト、こっちでも美味しい店がないのか調査しようと思います。でも、このお店本当に美味しかったです。
荷物発見されました。ありがとうございます。

投稿者: takako (2005/10/08 12:29:13)

>genmaiさん
ただいまです☆
エッグタルト、シンガポールでもいただけるのですね。
このお店は濃厚なカスタードでほんとうまくいえないのですがかなり美味しい、、、

投稿者: takako (2005/10/08 12:30:17)

素敵なたびのお話 楽しみに読ませてもらっています。
先日私の友達もポルトガルに行ったのですが
やっぱりお菓子は甘いものが多かったみたい・・・
お土産には 胡桃餅に似たお菓子をいただきました。

takakoさん 美味しいもの見つけるの上手いですね。

投稿者: チェルシー (2005/10/09 14:59:11)

>チェルシーさん 
ほんとお菓子だけは、つらかったです。
それにもかかわらず、何度も挑戦をして全部食べきれないというもったいないことをしてしまいました。

投稿者: takako (2005/10/09 23:11:34)

コメントを書く