« Vinho do Port in ポルト | トップページ | Liga Espanola »

2005/10/09

フライパンChurros y chocolate in マドリッド

チュロス
6日目 早くからぐっすり寝たから朝はすっきり。ポルトの町並みをゆっくり。 のんびりとしたポルトガルはこの日が最後。

7日目
マドリッドへ移動。スペインはヨーロッパ一治安が悪いという話を聞いていたので、お財布パスポートなどは厳重管理に切り替え(ほんとうにスリなどは多いようですよ)

プラド美術館、ソフィア王妃芸術センターといった美術鑑賞。はじめてピカソのゲルニカをみました。今までテレビなどではよく目にしていましたが、やはり実際に見るとなんともいえない寂しい気持ちになりました。戦争はほんとうにイヤですね。ちょうどこの絵をみたあとにニュースでバリ島のテロを知り、なんだかこの絵が浮かんでしまいました。(少し違うところもありますが)

一息つこうと、ガイドブックにのっていたチュロスのお店へ。最近では少なくなってきているようですが、スペインでは朝ごはんに、チュロスとチョコラーテ(チョコレートドリンク)をいだたく人がいらっしゃるようです。
注文したところ、かなり濃い目のチョコラーテとチュロス(これで1人前)。カリカリなチュロスをチョコラーテにつけていただきます。日本のチュロスはまわりに砂糖がついているのですが、こちらのものはついていませんでした。私は砂糖ついていないほうが好きです。日本でもいただけるのかなぁ。

Chocolateria San Gines
Pasadizo de San Gines, Arenal, 11,
Madrid, 28013 Spain
tel: +34 91 3656546

01:15 午前 [spain/portugal] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/6293173

この記事へのトラックバック一覧です: Churros y chocolate in マドリッド:

» だて男 from 闇夜に迷って文明比較
  海の幸専門レストラン 夕暮れ時に、イタリアのジェノバ駅を発車した国際列車は、コートダジュールの長い夜の闇を走り抜け、明け方の薄明にしだいに浮かび上がるスペイン・カタロニア地方の赤茶けた岩肌を縫って、午前7時近く、バルセロナ駅に静かに滑り込んだ。 大滝三..... 続きを読む

受信: 2005/10/19 3:13:45

» マドリッドの朝ごはん from るり、フランスにいます☆
昨日の白ワインとモヒートがきいて、ちょっと二日酔い。 こういう時って、なんでお腹すくんでしょうか? 昨日食べ過ぎたから、胃が大きくなってるのかなぁ。 今日はスペイン日の祝日なので、どこもお休み。 月曜はColumbus Day(コロンブスデー)だったしね。 テレビでは、「スペインでスペインの日の式典」と 「NYのコロンブスデー」の様子が流れていた。 アメリカ大陸を発見したのは、コロンブスなの知っていたんだけど、 なんと、コロンブスはイタリア人で、 コロンブス... 続きを読む

受信: 2005/10/19 22:44:33

コメント

こんにちは&お帰りなさい(^^)

ポルトガルは行ってみたい国の一つでした。
今はもう行けないけど、遠い異国の地に思いを馳せながら、私も行ったつもりで旅行記を読んでいます。
トランク見つかって良かったですね。
栗の渋皮煮の記事にトラックバックさせていただきました。

投稿者: ねも (2005/10/09 10:22:45)

コメントを書く