« 色鮮やかなほうれん草のポタージュ | トップページ | ゴーヤチャンプルーと大豆パン »

2005/04/03

フライパンRISTRANTE CIPOLLINO 鎌倉

20050403
写真が撮れないお店だとのこと、忘れないためにと電車にのりながら書いていた絵をアップしてしまいました。ごめんなさい。 鎌倉駅から15分ほど歩いたところにある「RISTRANTE CIPOLLINO」へランチ。とても品のある静かなイタリアンレストランで地元の友人たちでは評判のお店です。

ソルべから始まり、次にでてきたのは驚きのパン。ノリの香りがするあげパンとライ麦パン。外はカリっとして中しっとり。バターが出てこないところは、やはりパンにかなり手をかけている証拠でしょうね。
次に3種のパスタから選んだのはマイブームのニョッキ。想像通りモチップリッ!の食感に感動。どうしてこんなニョッキがつくれるのだろう。
そしてメインのお魚に続き、最後はドルチェ。みんな違うものです。カボチャのタルト、焼きパンナコッタ、抹茶アイス、そして私のテーブルにおかれたのは、フルーツソースをひいたパンナコッタ。甘酸っぱいソースととろりとしたパンナコッタが絶妙でした。

(追記)
2005年7月

沖縄に住む住むmizukiちゃんが、しばらく鎌倉に住むとのこと。ご近所お友達が増えました。嬉しいですね。
久々の会話を楽しむにはぴったりのお店かと思ってディナーへ

お料理はコースのみで、前菜、パスタ、メイン、デザート。メインを1種と2種でお値段が異なります(3990円と5250円)。前菜、パスタは3種からお好みのものを選べます。

まず、こちらのお店のパン。青海苔のフリットですが、パンというかもう十分な一品料理といえるかもしれません。ほんとこのパンは記憶に残ります。

前菜は、海老のフリット、レンズ豆添え。大きなお皿に彩りよく並べてあり、テーブルに置かれた瞬間、なんだか心躍します。海老の上に少し甘いレンズ豆をのせていただきました。

そしてパスタは、ニョッキ。私のニョッキブームはこのお店から始まったのです、実は。モチモチとしたニョッキにゴルゴンゾーラのソースが絶妙。やっぱりこのお店のニョッキは好きですね。あとミントのパッパルデッレのパスタ、とてもおいしそうでした。次はこちらのいただいてみたいです。

メインはお肉をチョイス。骨付き鶏肉のグリルにマッシュしたポテトが添えてあります。
デザートは全員違うデザート。なんだかどのデザートが自分のテーブルに置かれるのかなんて、楽しみがあったりして(別に取り替えてもいいのですけどね)。私のテーブルには焼きパンナコッタとレッドオレンジのソルべ。焼いたパンナコッタ、普通のものとはまた一味ちがって美味しいです。

こちらのお店は、どのお料理みても品がよいです。そのため口コミ口コミで広がり、いつも大人のお客様でいっぱいなのでしょう。

RISTRANTE CIPOLLINO
鎌倉市由比ヶ浜2-11-9
TEL:0467-24-1551

07:56 午前 [湘南素敵なお店] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/3535336

この記事へのトラックバック一覧です: RISTRANTE CIPOLLINO 鎌倉:

» モーション・ブルー・ヨコハマ/バー・チューン 飲み会パーティー プレゼント from レストランのくちコミサイト 食べログ.com
トラックバック機能リリース記念として、食べログ.comで、レビューを書いて、そこから外部にトラックバックを送信した方の中から抽選で話題の「モーション・ブルー・ヨコハマ/バー・チューンの飲み会パーティー」をプレゼント。 毎回、応募者... 続きを読む

受信: 2005/09/30 17:54:53

コメント

可愛いらしい、素敵なイラストですね♪
こんな可愛いイラストを描けるなんて羨ましいです。
癒されます☆

私もニョッキ好きですよ~^0^
久しぶりに食べたくなっちゃいました♪

投稿者: ミミ (2005/04/03 15:44:47)

tadakoさん、こんにちは。
なんか美味しそうなもん食べましたね~。
いいなー、写真撮れないって本当なのね~?そんな噂を小耳に挟んだので写真撮りたい派なのでついつい後回しになってますが、うーまーそーーーーーっ!!

投稿者: こる。 (2005/04/04 16:51:57)

>ミミさん
えええーーーとってもへたくそで、アップした瞬間後悔の念にかられた作品です。「ヘタウマ」を意識しているわけでもありません。ニョッキいいですよねーー。

投稿者: takako (2005/04/06 22:36:42)

>こる。さん
そう、写真をとってはいけないとさまざまなブログで言われていたのですが、それでもブログにのせたいという熱い思いのものとにへたくそな絵を掲載してしまったという経緯です。
ぜひご訪問してみてください、そして感想がききたいです。

投稿者: takako (2005/04/06 22:53:02)

コメントを書く