« パチパチ音がするイギリス食パン | トップページ | キノコのスパイスボックス »

2005/04/21

フライパンチャヤ・マクロビ・カフェ&デリ 日比谷

20050415
銀座にでかけると行きたくなるお店です。(前のレポートはこちら

私のお料理は、お肉もお魚も卵も使いますが、お野菜にはマクロビの考え方をかなり影響をうけていると思います。
「その土地のもの」を食べる、「その季節のもの」普通のことですが、今は意識しなければ実行できないものです。

もっちりと炊かれた玄米ご飯。野菜の甘みをいかしたお豆の煮物、クスクスなどなど、ランチプレートはさまざまな優しい味が一皿にギュギュっと詰め込まれています。丁寧につくられたご飯をみると、「丁寧に味わおう」って気持ちになって、ゆっくりゆっくり噛みながらいただけました。

チャヤ マクロビ カフェ&デリ 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-2-2
東宝日比谷ビル(日比谷シャンテ)B2
TEL.03-3500-5514

12:44 午前 [東京素敵なお店(全), 東京素敵なお店(千代田区)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/3715420

この記事へのトラックバック一覧です: チャヤ・マクロビ・カフェ&デリ 日比谷:

コメント

はじめまして。
おいしそうなランチプレートですね!あたしもマクロビにはとっても共感しております。もともとベジタリアンで、・・・ベジタリアンの心意気で食生活していたのですが、昔インターネットで色々しらべていたらマクロビに出会い、料理本をかってはがんばってとりいれてきたのです・・・チャヤのマクロビオティックカフェは自由ヶ丘のにしかいったことがないのですが、まだまだ頂いてないものたくさんあるので、通いたい・・・・・
マクロビって、人として当たり前の食生活だとあたしはおもいます。けど、そのあたりまえのことをするのが難しい世の中で、お金がかかったり、なんだかたまに悲しくなるときがあります。
食べ物があるということはとても幸せなことだし、ありがたいことなのに・・もっとこういう考えの人が増えたらどんなに優しい世の中になるだろうと・・おもいます。
・・ごめんなさい。ながながと。このランチプレートをみてたらしみじみ考えてしまいました。
あ、あたしはその自由ヶ丘のお店にある、いちごのタルトがだいすきです!

投稿者: あくび (2005/04/21 20:07:21)

チャヤに行くと玄米の美味しさや雑穀の美味しさを
再認識することが多いです。
豆を煮る、といってもいつも和風になってしまうのですが
茹でた豆でサラダもお菓子も作れるんだと
感心したりします。
食生活のすべてをマクロビにしていくことは難しいけれど
地物の野菜を旬の時期にいただくっていうことや
出来るだけ自然に作られた調味料を使っていきたいなと思います。
皮付きニンジンや豆がほっこり煮えたのが美味しそうですね。

投稿者: チェルシー (2005/04/23 8:33:47)

>あくびさん
はじめまして。書き込みどうもありがとうございます。
私はマクロビの考え方「身土不二」は私の料理にかなりの影響をあたえています。ふつうのようでふつうでなくなっている事にみんなが気付くのはまだまだ時間がかかりそうな気もしますが、あくびさんのように優しい考えをもっている方でありましたら、それが少しずつ少しずつ人に伝わっていき、いつかは食がかわるのではないかと私は思います。

投稿者: takako (2005/04/23 13:04:33)

>チェルシーさん
私もチェルシーさん同様、マクロビによって野菜や豆の可能性に気が付きました。
チェルシーさんの日記でもいつも季節を感じさせてもらっています。いつも楽しいです。

投稿者: takako (2005/04/23 13:07:21)

コメントを書く