« iPod miniが。 | トップページ | マカロニサラダとトンカツって。 »

2004/09/24

フライパン自分が寂しい人間だとおもった一瞬

20040925.jpg

今朝、山手線が遅れ品川でしばらく電車を待っていた私。そんなかんだで電車を待っていると後ろで並んでいたおばちゃんが、私の肩を叩き
「すみません、私携帯電話もっていないのですが、急ぎで家族に電話をしたいので携帯電話かしてください」
「探せば公衆電話もあると思ったのに何をいうんだこの人!」って心で思いながら、携帯をおばちゃんに渡しました。おばちゃんは携帯電話を使った事がないのか、あれこれボタンを押しながら、かけたものの結局不在だったみたい。
その後、おばちゃんはありえないくらいのお礼の言葉を私に。人が見ているからとっても恥ずかしかったです。その後、電車の中でもお礼をされました。
でも実際電話をおばちゃんに渡したとき、なにか細工がされるのではないか、なにか情報がとられるのではないか。そんなことばかり頭をよぎってました、正直。電話の使い方が分からずモタモタしているときに、ちょっと使い方をおしえてあげようとしなかったのもそんな気持ちからだったのです。

いつのまにか見知らぬ人との出会いをこんな風に考えてしまった自分に凹んでしまいました。でもそれに気がついた今日はいい日です。

※追記
すっきりしたいなーと思って紅茶のクッキーを焼いてみました。

06:21 午後 [普通の日記] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31512/1511528

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が寂しい人間だとおもった一瞬:

コメント

結果として「自分が寂しい…」を感じてしまったのは、しょうがない状況だったのでは。確かに、不条理な事件が報道されている中で、自分にふりかかるすべての状況を瞬時に判断できる人なんていませんよね。おばちゃんに電話を貸した時点で、不安を感じるのは当然で、その後の仕草や状況を見て悪意がないと断定できて初めて感情が不安から安心に変化したというだけのことです。やはり、問題は何が起こるかわからない世の中があるということにつきるんではないでしょうか。

投稿者: norix (2004/09/25 2:09:03)

norixさんありがとうございます。何がおこるか分からない世の中ってなんとも悲しいものです。
でも悲しいことを理解したうえで人には優しい自分でいたいなときがついたいい日でした。

投稿者: takako (2004/09/25 12:02:45)

コメントを書く