« ルコックのスニーカー | トップページ | 謎の美女会 »

2003/11/05

フライパン水面に浮かぶ兼六園

この週末、友人5人連れて実家に帰った。出発から帰宅まで笑い続けで小じわが2倍に増える位の楽しい旅行だった。朝6時からのバスケットボール。砂浜でのフリスビー。何の旅行かと聞かれると非常につらい。 みんなで車の中では80’のディスコナンバーを歌い、山手線ゲームに必死になる。どう考えても30歳を超えた遊びには程遠い。 日々仕事に忙しく、スケジュールを無理やりでも合わせない限り、全員なかなか会うことはできないそんな友人たちとだらだらと過ごす3連休。つまらないことで笑い、だけどそれがとてつもなく楽しかった。 偶然通りかかった、兼六園は夜間ライトアップ。公園の中でジャズライブなど粋なイベントをしていてみんなで感激。しかしそれ以上に水面に浮かぶ、茶室やもみじ。鏡に映りどちらが本物なのか分からないそんな神秘的な景色に、思わずみんな無口になってしみじみ浸ってしまう。 旅は一人もいいけど、感動をみんなで分かち合うほうが私は好き。気の知れた仲間にはうれしさや感動も伝播する。自分の感動と人の感動でさらに深みも加わる。 また、行きたい。

12:51 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 水面に浮かぶ兼六園:

コメント

コメントを書く