« たべちゃだめ | トップページ | 勝負レストラン »

2003/08/23

フライパンチャップリンと渥美清

食べ物の好き嫌いはあまりない私だけど、変な不得意分野がある。
チャップリンと渥美清。これは、子供の頃から現在にまで至っている。なので大学生時代、バスツアコンのバイトをしている時にビデオで流れる「寅さん」がと心地悪く、車酔いしているとお客さんに心配された覚えがある。もちろん未だに、あのシリーズをノンストップで見たこともない。チャップリンも同様。子供の頃は、テレビで流れると部屋の隅に隠れてしまうというのは、両親が未だに笑い話にするが、私としては、真剣しゃれにならない。。。。

にこやかな優しい表情。なんとなくお気楽な雰囲気。この笑顔やおどけた動作がとても胸がつらくなってくる。寅さんのふらりと出かけてしまうその癖の裏には何かあるんじゃないかなぁとか、なんでそこまで気を使わなければいけないんだろう。

私は、知らない人がたくさんいると、異様に饒舌になる。とりあえず何かしないといけないという使命感に襲われる(大概、それが逆効果になる場合が多いのだけど)そして、家で一人反省会になるパターン・・・
小学校の頃、そんな事を繰り返して「八方美人」と友人から無視された時があった。多分、あまりにわざとらしかったんだと思う。子供の感性は敏感だから、そんな小手先のわざは通用しなかったのだと思う。

人の顔色をみて話してしまう癖、結局自分が大事だからこういう態度をとってしまってるんだといつも思う。まだまだ成長が足りないよなぁぁ。

余談だけど、親友は寅さんの妹にちなんだ「さくら」がいる。私がつい彼女になんでも相談するのは、意味があるのかなぁなんて時々思ったり(笑)

07:25 午前 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: チャップリンと渥美清:

コメント

コメントを書く